ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(前編)

2021.05.16 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者である池沢早人師が、最高出力300PSの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300」に試乗。伝統あるブリティッシュブランドが誇るオープンモデルの印象を語った。

サイコーに絵になるクルマ

高速コーナーが連続するアネスト岩田ターンパイク箱根(通称:箱根ターンパイク)での試乗を終え、何やら納得した表情とともにジャガーFタイプ コンバーチブルから降りてきた池沢早人師先生。ここであえて紹介するまでもなく、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある。

「このクルマには以前、芦ノ湖スカイラインでも試乗したんですよ。あそこ(芦ノ湖スカイライン)はタイトコーナーが連続するコースじゃないですか。その時はかなり好印象でした。で、今回のような中高速コーナーが続くワインディングロードだとどうかな……と思っていたのですが、結論から言うとやはりなかなかいい足まわりですね。速いスピードでわだちを越える際も車体の揺れが一回で収まるので、安心感が強い。十分なフラット感があるクルマですね」

以前ステアリングを握られたのもこの個体、つまり最高出力300PSの2リッター直4ターボを積んだR-DYNAMICコンバーチブルP300だったのですか?
「はい、まったく同じ車両でした。2リッターのダウンサイジングターボだけど、下りでは十分速い。まぁ上りは“そこそこ”って感じですが(笑)」

お言葉ですがそれは経験値の差で(笑)、一般的にはこれでも「速い!」と言えるんじゃないですか?
「まぁジャガーFタイプ コンバーチブルはそもそも目を三角にして飛ばすようなクルマではないですからね。男性目線で言えば、大人のジェントルマンがご婦人や恋人を乗せて優雅に走るイメージです。景観と空気のいいところではルーフも開けてね。もちろん、女性ひとりで乗っているのもサイコーに絵になるクルマです」

どんな風景にもマッチしそうなスタイリングが印象的ですね。
「ジャガーらしい存在感やコンバーチブルという特別感を覚えます。そのいっぽうで、自分ひとりで乗るときはけっこうなペースで走ることもできるクルマですね。小回りも利くので、走りやすさが実感できます」

マイナーチェンジによってフロントマスクが大きく変更された「ジャガーFタイプ」。今回、池沢早人師先生が試乗したのは2リッター直4ターボエンジン搭載の「R-DYNAMICコンバーチブル」で、シリーズ内ではエントリーオープンモデルという位置づけである。
マイナーチェンジによってフロントマスクが大きく変更された「ジャガーFタイプ」。今回、池沢早人師先生が試乗したのは2リッター直4ターボエンジン搭載の「R-DYNAMICコンバーチブル」で、シリーズ内ではエントリーオープンモデルという位置づけである。拡大
フロントに縦置きされる2リッター直4ターボエンジンは、最高出力300PS、最大トルク400N・mを発生。8段ATを組み合わせる。前方ヒンジのボンネットも「Fタイプ」の特徴。「クーペ」も含め、2リッターモデルは全車後輪駆動となる。
フロントに縦置きされる2リッター直4ターボエンジンは、最高出力300PS、最大トルク400N・mを発生。8段ATを組み合わせる。前方ヒンジのボンネットも「Fタイプ」の特徴。「クーペ」も含め、2リッターモデルは全車後輪駆動となる。拡大
【ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1925×1310mm/ホイールベース:2620mm/車重:1670kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:300PS(221kW)/5500rpm/最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/1500-2000rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20 97Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7km/リッター(WLTCモード)/価格:1101万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:336.1km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費: 9.0km/リッター(車載燃費計計測値)
【ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1925×1310mm/ホイールベース:2620mm/車重:1670kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:300PS(221kW)/5500rpm/最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/1500-2000rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20 97Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7km/リッター(WLTCモード)/価格:1101万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:336.1km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費: 9.0km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「ジャガーFタイプ プロジェクト7」 2014.7.1 画像・写真 50年代のルマン・カーを思わせる「ジャガーFタイプ プロジェクト7」を紹介。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.18 試乗記 「プジョー3008」のマイナーチェンジに合わせて登場したPHEV「GTハイブリッド4」に試乗。プジョー初のPHEVにして現行ラインナップで唯一の四駆となるその走りを、日常使いを想定したドライブルートで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
ホームへ戻る