第707回:35年ぶりにやってきた「ジーロ・ディタリア」 でも目立っていたのは「トヨタRAV4」ばかり!?

2021.05.27 マッキナ あらモーダ!

35年ぶりにやってきた

自転車ロードレース「ジーロ・ディタリア(ジロ・デ・イタリア)」のコースに、2021年は筆者が住むイタリア中部シエナが組み込まれた。

全21ステージのなかで第12ステージにあたる5月20日のスタート地点という設定である。

ジーロ・ディタリア(以下ジーロ)は2021年で第104回を迎えた。シエナが舞台となるのは、1986年以来、実に35年ぶりだという。伝説的選手のひとりでフィレンツェ県出身の故アルフレード・マルティーニが生誕100周年を迎えたことから、その流れとして隣接県のシエナも組み込まれたのだ。

35年といえば、いいおじさん/おばさんでも、生まれて初めて“生ジーロ”を見ることになる計算である。シエナ在住25年の筆者にとっても、ジーロは初めてである。

午前10時、旧市街に降り立つと、早くも各所で交通規制が敷かれていた。

前日のゴールであるモンタルチーノから移動してきた選手は、16世紀の城塞(じょうさい)に待機後、街のランドマークであるカンポ広場からスタート。メインストリートをたどってフィレンツェ方面へ抜けるという。

シエナ市内ルートの大半は、毎年春に開催されるヒストリックカーラリー「ミッレミリア」とほぼ同じコースである。

見ると、規制が敷かれる直前に、アマチュアのサイクリストがコースを走り回っている。これも、自分のちょっと古い愛車でコースを走り抜ける“なんちゃって族”が出没するミッレミリアとどこか似ている。

マウンテンバイク風の自転車でやってくる者がいたので、「ダメだよ、そんなのじゃ」とつぶやいたら、なんとスタート地点に向かう本物の出場選手であった。

同じくシエナ県を舞台に繰り広げられるヒストリック自転車レース「エロイカ」のビンテージ車両に慣れた筆者の目には、最新のカーボンフレームはあたかもマウンテンバイクのように映ったのだった。

自転車レース「ジーロ・ディタリア」で先導車を務める「トヨタRAV4ハイブリッド」。2021年5月20日、シエナで撮影。
自転車レース「ジーロ・ディタリア」で先導車を務める「トヨタRAV4ハイブリッド」。2021年5月20日、シエナで撮影。拡大
こちらもジーロとともにやってきた「トヨタC-HRハイブリッド」。
こちらもジーロとともにやってきた「トヨタC-HRハイブリッド」。拡大
沿道の商店も、旗や風船をウィンドウに飾って雰囲気を盛り上げる。これは知人のマルタさんが営む子供服店にて。
沿道の商店も、旗や風船をウィンドウに飾って雰囲気を盛り上げる。これは知人のマルタさんが営む子供服店にて。拡大
トップスポンサーのひとつ、インナーウエアのチェーンであるインティミッシミのウィンドウ。これを履けばオトコの自信倍増?
トップスポンサーのひとつ、インナーウエアのチェーンであるインティミッシミのウィンドウ。これを履けばオトコの自信倍増?拡大
「カローラ ツーリング スポーツ(欧州版カローラ ツーリング)」のニュートラルカー(公平にサポートを行うクルマ)。後輪の沈みぶりに、クルマがタフな仕事を求められていることがうかがえる。
「カローラ ツーリング スポーツ(欧州版カローラ ツーリング)」のニュートラルカー(公平にサポートを行うクルマ)。後輪の沈みぶりに、クルマがタフな仕事を求められていることがうかがえる。拡大
ドイツのチーム「ボーラ-ハンス・グローエ」のフェリックス・グロースシャルトナー選手がスタート地点に向かう。本戦前はマスク着用である。
ドイツのチーム「ボーラ-ハンス・グローエ」のフェリックス・グロースシャルトナー選手がスタート地点に向かう。本戦前はマスク着用である。拡大
カザフスタンのチーム「アスタナ・プレミアテック」で戦うハロルド・チャーダ選手がシエナのチッタ通りを行く。
カザフスタンのチーム「アスタナ・プレミアテック」で戦うハロルド・チャーダ選手がシエナのチッタ通りを行く。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • 第707回:35年ぶりにやってきた「ジーロ・ディタリア」 でも目立っていたのは「トヨタRAV4」ばかり!? 2021.5.27 マッキナ あらモーダ! 大矢アキオの住むシエナにイタリア伝統の自転車レース「ジーロ・ディタリア」がやってきた! コースに組み込まれるのは1986年以来35年ぶりのことだ。沸き立つ街の人々の様子やスタート地点に漂う雰囲気、さらにトヨタとヤマハが提供するサポートカーの姿をリポートする。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売 2021.6.10 自動車ニュース トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開。軽量・高剛性な新設計のフレームや、2種の新型V6ターボエンジンの採用などにより、悪路走破性を高めつつより快適なクルマに進化しているという。2021年夏以降に、世界各国で発売となる予定だ。
ホームへ戻る