アウディRS 5クーペ(前編)

2021.06.13 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディスポーツが手がけたスタイリッシュなハイパフォーマンスクーペは、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーの目に、どのように映ったのだろうか。

ドライブセレクトがポイント

最高出力450PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載するアウディRS 5クーペから、何やら複雑な面持ちで降りてきた池沢早人師先生。これまでの愛車はフェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツから、ポルシェやマセラティ、ロータス、ランチア、AMG、アルピナまで優に70台を超えるベテランだ。池沢先生は、このスタイリッシュなジャーマンクーペに何を感じたのか。

まずはファーストインプレッションをお聞かせください。
「とてもいいクルマであることは間違いないですよね。最初は、『アウディドライブセレクト』と連動するDRC付きスポーツサスペンションプラスを『Comfort』にして走っていましたが、その際の乗り味はなかなかしなやか。快適で上質なGTという印象でした。そして『Dynamic』にしてみると、しっかりと“スポーツカー”に変わります。足がガチッと締まった感じで、ステアフィールもいい」

走りへの評価は上々ですね。
「はい、アウディドライブセレクトの切り替えによって、走り味が明確に変化するのはこのクルマの魅力のひとつといえます。例えばDynamicにして、先の先ぐらいまでイメージしながらコーナーに入っていくと、すんなりと狙ったラインに乗ってくれますね。アクセルのタッチやフィーリングもいいし、その際のエキゾーストノートもけっこうグッときます。さすがレーシング部門(アウディスポーツ)が手がけたモデルといった感じです」

今回の試乗車には、オプションの「RSスポーツエキゾーストシステム」が装着されています。グッときたというサウンドは、そのアイテムによる効果も大きいと思われます。しかしそうした高評価な割に、どことなく池沢先生のテンションが若干低めだと感じるのですが。
「いや、いいクルマではあるんですよ。まとまっていますし。でも……どうにも食指が動かないんです」

漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生が今回試乗した「アウディRS 5クーペ」は、2020年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデル。ベースとなる「A4」や「A5」に準じた変更を中心に、アップデートが施されている。車両本体価格は1340万円。
漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生が今回試乗した「アウディRS 5クーペ」は、2020年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデル。ベースとなる「A4」や「A5」に準じた変更を中心に、アップデートが施されている。車両本体価格は1340万円。拡大
フロントに縦置き搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力450PS/5700-6700rpm、最大トルク600N・m/1900-5000rpmを発生。
フロントに縦置き搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力450PS/5700-6700rpm、最大トルク600N・m/1900-5000rpmを発生。拡大
【アウディRS 5クーペ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【アウディRS 5クーペ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表 スポーティーな走りが自慢の高性能SUV 2021.7.14 自動車ニュース アウディが高い動力性能を特徴とする「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表。クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」の高性能モデルにあたり、最高出力354PSの3リッターV6ターボエンジンや、機械式デフ付きのフルタイム4WDを採用している。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る