アウディRS 5クーペ(前編)

2021.06.13 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディスポーツが手がけたスタイリッシュなハイパフォーマンスクーペは、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーの目に、どのように映ったのだろうか。

ドライブセレクトがポイント

最高出力450PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載するアウディRS 5クーペから、何やら複雑な面持ちで降りてきた池沢早人師先生。これまでの愛車はフェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツから、ポルシェやマセラティ、ロータス、ランチア、AMG、アルピナまで優に70台を超えるベテランだ。池沢先生は、このスタイリッシュなジャーマンクーペに何を感じたのか。

まずはファーストインプレッションをお聞かせください。
「とてもいいクルマであることは間違いないですよね。最初は、『アウディドライブセレクト』と連動するDRC付きスポーツサスペンションプラスを『Comfort』にして走っていましたが、その際の乗り味はなかなかしなやか。快適で上質なGTという印象でした。そして『Dynamic』にしてみると、しっかりと“スポーツカー”に変わります。足がガチッと締まった感じで、ステアフィールもいい」

走りへの評価は上々ですね。
「はい、アウディドライブセレクトの切り替えによって、走り味が明確に変化するのはこのクルマの魅力のひとつといえます。例えばDynamicにして、先の先ぐらいまでイメージしながらコーナーに入っていくと、すんなりと狙ったラインに乗ってくれますね。アクセルのタッチやフィーリングもいいし、その際のエキゾーストノートもけっこうグッときます。さすがレーシング部門(アウディスポーツ)が手がけたモデルといった感じです」

今回の試乗車には、オプションの「RSスポーツエキゾーストシステム」が装着されています。グッときたというサウンドは、そのアイテムによる効果も大きいと思われます。しかしそうした高評価な割に、どことなく池沢先生のテンションが若干低めだと感じるのですが。
「いや、いいクルマではあるんですよ。まとまっていますし。でも……どうにも食指が動かないんです」

漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生が今回試乗した「アウディRS 5クーペ」は、2020年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデル。ベースとなる「A4」や「A5」に準じた変更を中心に、アップデートが施されている。車両本体価格は1340万円。
漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生が今回試乗した「アウディRS 5クーペ」は、2020年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデル。ベースとなる「A4」や「A5」に準じた変更を中心に、アップデートが施されている。車両本体価格は1340万円。拡大
フロントに縦置き搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力450PS/5700-6700rpm、最大トルク600N・m/1900-5000rpmを発生。
フロントに縦置き搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力450PS/5700-6700rpm、最大トルク600N・m/1900-5000rpmを発生。拡大
【アウディRS 5クーペ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【アウディRS 5クーペ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • 【ニューモデル情報・Movie】アウディR8 GT V10 RWD 2022.10.28 アウトビルトジャパン ついにV10に別れを告げるときがきた。アウディは「R8 GT V10 RWD」で5.2リッターV10ユニットを引退させる。333台の限定生産モデル、R8 GTがV10エンジンを搭載する最後のアウディとなる。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る