アウディRS 5クーペ(後編)

2021.06.20 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アウディRS 5クーペ」に試乗。オンロードに4WDを持ち込んだ「アウディ・クワトロ」の再来といわれる高性能クーペに、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーが下した最終評価は?

ライバルと比較すれば

「アウディドライブセレクト」を「Dynamic」にすれば、DRC付きスポーツサスペンションがまさにスポーツカー的な挙動と運転感覚へと大きく変化。最高出力450PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンがもたらす速さも十分以上で、「狙ったラインを完璧にトレースするオンザレール感覚のコーナリングが楽しめる」とアウディRS 5クーペのパフォーマンスを評価した池沢早人師先生。

しかしその気持ちが今ひとつ盛り上がらないのは、このクルマが“セクシー”であるとは思えないから──だという。

ここまでのお話で、走りについては高く評価されていました。
「その通りです。繰り返しになりますが、ドライブセレクトを『Dynamic』にすればかなりスポーティーになることは間違いありません。純粋なスポーツカーとは若干テイストが異なりますが、例えばロングドライブの途中にあった山道を気持ちよく走ることのできるパフォーマンスの持ち主と紹介できます。そして『Comfort』での乗り味は、以前に申し上げた通りとても良好です。でも……」

でも?
「じゃあライバルとして誰もが思い浮かべるAMG以上にいいのか? と問われれば、実はそこまででもないかな、と。僕個人の印象としては、AMGの足のほうが現状ではまだ少しレベルが高いと思いますね」

レベルが高いというのは、具体的にはどういうことでしょう?
「まろやかで、しっかりストロークする──といった意味合いでしょうか。もちろん、伝統的な4WD『クワトロ』を採用するRS 5クーペの足も、路面をしっかりとらえますので不足はありません。つまり、評価する人が求める味つけや方向性に合っているかどうか、という部分が大きいのではと思います」

アウディスポーツ(旧クワトロ社)が手がけた高性能モデル「RS 5クーペ」。アウディ伝統の縦置きエンジンと4WDシステム「クワトロ」の組み合わせが味わえる2ドアクーペであることから、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系とも言われている。
アウディスポーツ(旧クワトロ社)が手がけた高性能モデル「RS 5クーペ」。アウディ伝統の縦置きエンジンと4WDシステム「クワトロ」の組み合わせが味わえる2ドアクーペであることから、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系とも言われている。拡大
走行モードを切り替えられる「アウディドライブセレクト」のスイッチは、センターコンソール左端に設置されている。タッチ式のインフォテインメントシステム「MMI」の画面からも、同じようにドライブモードが選択できる。
走行モードを切り替えられる「アウディドライブセレクト」のスイッチは、センターコンソール左端に設置されている。タッチ式のインフォテインメントシステム「MMI」の画面からも、同じようにドライブモードが選択できる。拡大
【アウディRS 5クーペ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【アウディRS 5クーペ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1860×1365mm/ホイールベース:2765mm/車重:1750kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:450PS(331kW)/5700-6700rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)275/30ZR20 97Y/(後)275/30ZR20 97Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1340万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:316.8km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:44.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表 スポーティーな走りが自慢の高性能SUV 2021.7.14 自動車ニュース アウディが高い動力性能を特徴とする「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表。クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」の高性能モデルにあたり、最高出力354PSの3リッターV6ターボエンジンや、機械式デフ付きのフルタイム4WDを採用している。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る