第46回:GMをつくった2人の男
デュラントが種をまきスローンが育てた巨木

2019.04.04 自動車ヒストリー 長年にわたり、自動車産業のトップに君臨していたアメリカの雄、ゼネラルモーターズ。“豊かなアメリカ”を象徴する巨大メーカーはいかにして誕生し、その地位を得たのか? デュラントとスローン、2人の人物の功績を通し、その歴史を振り返る。

拡大路線を推し進めたデュラント

ゼネラルモーターズ(GM)は2000年代に入った頃から次第に収益が悪化し、ついには債務超過に陥った。2008年のリーマンショックが追い打ちをかけ、2009年には連邦倒産法チャプター11の適用を申請する事態に至る。事実上の国有化と言っていいだろう。盤石だったはずのアメリカビッグ3のトップメーカーが経営破綻したことは、世界に衝撃を与えた。しかし、これは初めてのことではない。歴史を振り返ると、GMには草創期にも崖っぷちの状況に陥った経験がある。

1920年代、社長のウィリアム・デュラントは拡大路線を進め、3年間で2億1500万ドルを投資した。1918年の総資産は1億3500万ドルで、その1.5倍もの資金が投じられたことになる。第1次大戦後の好景気を受け、確かに自動車販売は拡大していた。デュラントは好機を逃さぬよう規模拡張を図ったのだ。関連会社を買収し、新工場を建設した。順風満帆のように見えたが、1920年の半ばから急に景気が減速する。売り上げは低迷を極め、多くの工場が閉鎖された。在庫が積み上がって運転資金は底をついてしまう。

デュラントは株価を維持するために、自己資金でGMの株を信用買いした。しかし、状況はますます悪化する。GMを救ったのは、以前から深い関係にあったデュポン社だった。資金と追加担保を提供し、絶体絶命の危機から脱出させたのである。デュラントは社長の座を追われ、GMはピエール・S・デュポンをトップに据えて立て直しを図ることになった。

デュラントの積極策は不首尾に終わったが、彼が自動車史に残る傑出した経営者であったことは事実である。友人と共に馬車製造業を始めたデュラントは、それを15年のうちに全米最大規模のメーカーに成長させる。次に目をつけたのが自動車だった。まだ生まれたての産業だったが、いずれ馬車に代わって輸送手段の主役になると考えたのだ。彼は1904年に小さな自動車会社のビュイックを手に入れると、急激に業績を改善させた。ビュイックはわずか4年後にアメリカのトップメーカーに躍り出た。

1908年、デュラントは持ち株会社としてGMを設立する。ビュイックに加え、オールズモビル、キャデラック、オークランドなどの自動車会社を買収し、さらにトラック会社や部品会社も次々に傘下に収めた。製品ラインナップを増やし、大規模な販売体制を作り上げようとしたのだ。同じ年、フォードは大量生産の先駆けとなる「T型」の製造を開始している。GMとフォードは、正反対の道を歩み始めていた。

ウィリアム・クレイポ・デュラント(1861-1947) 
ゼネラルモーターズの創設者。GM退社の後もさまざまな自動車メーカーを興し、また他業種にも手を伸ばすなど、事業家として精力的な活動を続けた。
ウィリアム・クレイポ・デュラント(1861-1947) 
	ゼネラルモーターズの創設者。GM退社の後もさまざまな自動車メーカーを興し、また他業種にも手を伸ばすなど、事業家として精力的な活動を続けた。拡大
デュラントはミシガン州フリントにおいて馬車メーカー、フリント・ロードカートカンパニーを興し、企業家としてのキャリアをスタートさせた。現在、同社の跡地はゼネラルモーターズやフリントの歴史を紹介する施設となっている。
デュラントはミシガン州フリントにおいて馬車メーカー、フリント・ロードカートカンパニーを興し、企業家としてのキャリアをスタートさせた。現在、同社の跡地はゼネラルモーターズやフリントの歴史を紹介する施設となっている。拡大
1904年に誕生した、ビュイック初の量産モデル「B型」。デュラントは馬車製造業で培ったビジネスのノウハウを生かし、技術偏重の零細メーカーだったビュイックを瞬く間に米国屈指の自動車メーカーに押し上げた。
1904年に誕生した、ビュイック初の量産モデル「B型」。デュラントは馬車製造業で培ったビジネスのノウハウを生かし、技術偏重の零細メーカーだったビュイックを瞬く間に米国屈指の自動車メーカーに押し上げた。拡大
デュラントは世界初の量産車メーカーであるオールズモビルも買収した。写真は1901年に誕生した「カーブドダッシュ」。安価で丈夫なことから人気を博した。
デュラントは世界初の量産車メーカーであるオールズモビルも買収した。写真は1901年に誕生した「カーブドダッシュ」。安価で丈夫なことから人気を博した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事