第235回:父の教え“チャージャーは永遠”を信じる兄弟が激突!
『ワイルド・スピード ジェットブレイク』

2021.08.05 読んでますカー、観てますカー

ついにクルマで宇宙へ

コロナ禍で延期になっていたシリーズ最新作『ワイルド・スピード ジェットブレイク』が、1年遅れでようやく公開される。前作の『ICE BREAK』が2017年だったから、すいぶんお久しぶりだ。第1作から数えると20年。ローコストのマニアックな作品から、アクション超大作へと成長した。全世界累計興行収入は5500億円超え。登場したクルマは1万2000台、うち2500台が破壊されたという。SDGsなんて言葉が生まれる前に誕生し、今もその世界観を貫いている。

キャッチコピーは、“空をブチ抜け”。どういう意味かと思ったら、そのままだった。ロケットエンジンを搭載した1984年型の「ポンティアック・フィエロ」が空をブチ抜く、つまり宇宙に行くのだ。リアリティーはハナから放棄しているということだろう。お気楽スパイ映画の『007 ムーンレイカー』ですら、ボンドが「アストンマーティンDB5」で宇宙に向かったりはしなかった。

何でもありというのがこのシリーズの原理であり、矛盾を恐れない展開が持ち味である。だから、第6作の『EURO MISSION』で凄絶(せいぜつ)な死を遂げたハン(サン・カン)が今作で再登場しても驚いてはいけない。主人公ドム(ヴィン・ディーゼル)の妻レティ(ミシェル・ロドリゲス)だって、第4作の『MAX』で一度死んでいた。

第1作ではパナソニックのDVDプレーヤーを積んだトラックを襲う強盗だったドムだが、今では国際的な犯罪に立ち向かうチームを率いている。サイバーテロリストとの戦いに勝利してからは妻と息子との穏やかな田舎暮らし。しかし、かつての仲間から新たなミッションが持ち込まれる。前回の敵だったサイファー(シャーリーズ・セロン)を護送していた飛行機が墜落し、同時に運ばれていたデジタルデバイスのアリエスを回収するのだ。もちろん、そのデバイスは、世界を征服する力を持っている。

© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.拡大
 
第235回:父の教え“チャージャーは永遠”を信じる兄弟が激突!『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の画像拡大
 
第235回:父の教え“チャージャーは永遠”を信じる兄弟が激突!『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の画像拡大
「ポンティアック・フィエロ」
1983年にデビューしたミドシップの2人乗りスポーツカー。リトラクタブルヘッドライトのウェッジシェイプフォルムで、似た構成を持つ「トヨタMR2」に先駆けて登場した。1代限りで1988年に生産を終えている。
「ポンティアック・フィエロ」
	1983年にデビューしたミドシップの2人乗りスポーツカー。リトラクタブルヘッドライトのウェッジシェイプフォルムで、似た構成を持つ「トヨタMR2」に先駆けて登場した。1代限りで1988年に生産を終えている。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事