第655回:うたい文句にウソはなし! ミシュランの新オールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」を試す

2021.08.18 エディターから一言
GKNドライブラインジャパンのテストコースに並んだ「ミシュラン・クロスクライメート2」のテスト用車両。
GKNドライブラインジャパンのテストコースに並んだ「ミシュラン・クロスクライメート2」のテスト用車両。拡大

2021年8月18日に発表された、通年用タイヤ「ミシュラン・クロスクライメート2」。ミシュランが自信をもって送り出す新製品の実力はいかほどか? ドライ&ウエット路面に加え、実際の雪道でもチェックした。

ミシュランの新たな「クロスクライメート2」は、2015年に登場した「クロスクライメート」シリーズの最新作。今回は、同スペックの車両に異なるタイヤを装着したうえで比較試乗を行った。
ミシュランの新たな「クロスクライメート2」は、2015年に登場した「クロスクライメート」シリーズの最新作。今回は、同スペックの車両に異なるタイヤを装着したうえで比較試乗を行った。拡大
日本ミシュランタイヤの調べによれば、東京、大阪、名古屋、福岡といった非降雪地域の都市部における積雪日数は過去10年間で逓減。そのためユーザーからは「高水準の夏性能」と「確かな雪性能」の両立がますます求められるようになっているという。
日本ミシュランタイヤの調べによれば、東京、大阪、名古屋、福岡といった非降雪地域の都市部における積雪日数は過去10年間で逓減。そのためユーザーからは「高水準の夏性能」と「確かな雪性能」の両立がますます求められるようになっているという。拡大
「シーズンに合わせて交換する必要がない」のがオールシーズンタイヤ最大のメリット。ドライ&ウエットに加えて、肝心の雪道性能についても冬の北海道でチェックした。
「シーズンに合わせて交換する必要がない」のがオールシーズンタイヤ最大のメリット。ドライ&ウエットに加えて、肝心の雪道性能についても冬の北海道でチェックした。拡大

「スタッドレス並み」とは言いません

万能というイメージを避ける目的もあってか、「雪も走れる夏タイヤ」という独特の言い回しで紹介されるのが、ミシュランのクロスクライメートというニューコンセプトタイヤだ。このタイヤの使用が想定されるメインの舞台は、ドライおよびウエットの舗装路面といった、いわゆる通常の路面上。ただし、そのうえでコンパウンドやトレッドパターンなどに特別な工夫を施すことにより、雪道でも相応のグリップ力を発揮する機能が盛り込まれている点が、最大の特徴とされている。

この新しいコンセプトのクロスクライメートがローンチされたのは、2015年のヨーロッパ。その直後から通常の夏タイヤに引けを取らない走行性能の高さや、冬の通行規制時でも冬用タイヤとしての性能を有することを示す「スノーフレークマーク」が与えられていることで積雪時の通行規制を回避できる場合もある等のメリットから、いわゆるオールシーズンタイヤの一種と解釈されてきた。その一方で、「凍結路面に対する性能はスタッドレスタイヤよりも明確に低い」ということを他社より強くアピールするのもミシュランらしいところではある。

もちろん現実的には、「もはや季節や路面によって交換する必要などはない万能のタイヤ」という情報が広がった場合、スタッドレスタイヤの売れ行きに影響が及ぶ可能性も考えられるから、そのプロモーション活動には慎重にならざるを得ないのも当然のことである。

ちなみに、2021年春の時点で、世界最大の売上高を誇るタイヤ大手のブリヂストンがこの手のオールシーズンタイヤに本格的に手を出さないのも、そんな“誤解”を招かないようにするのが理由のひとつであると伝え聞く。

あなたにおすすめの記事
新着記事