ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(後編)

2021.09.12 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の試乗リポート後編。公道での乗り味と、このクルマは果たして誰にオススメなのかについて、より詳しく語ってもらった。

パワーを存分に引き出せる

「以前所有していたメガーヌ ルノースポール(以下R.S.)トロフィーEDCはサーキットのスポーツ走行でタイヤがバースト寸前になってしまったが、峠道で乗るぶんには非常に気持ちのいい、走る喜びがビンビンに感じられるクルマでした」と、同車を評価した池沢早人師先生。

ワインディングロードをメインステージとするなら、文句ナシといったところでしょうか。
「はい。300PSぐらいのクルマのなかでは極めてポテンシャルが高く、速いクルマだと思います。速いというか、正確には『十分に楽しめるクルマ』でしょうか」

確かに走りは楽しいです。
「BMWの『M4』やポルシェの『911ターボ』あたりの500PS超級になってくると、サーキット以外ではどう考えても(パワーを)使い切れないじゃないですか? でもメガーヌR.S.トロフィーであれば、全パフォーマンスを引き出してワインディングロードを楽しめそうな気になります。なんといいますか、『おいしいものを全部食べ尽くせる!』みたいな感覚ですよね」

500PSオーバーになると……。
「すごくおいしいのでしょうが、そもそも食べられません……。みたいな感じになりますからね」

でも、逆にメガーヌR.S.トロフィーEDCのダメなところ、あるいはイマイチな点などはないのでしょうか?
「うーん、やっぱりタウンスピードでの乗り心地が硬いという点は、リアルスポーツであれば問題ないのかもしれませんが、メガーヌのような実用的なハッチバック車に期待する乗り心地としては、ちょっとどうかなと思いますよね……」

2019年の年末に、外装色が「ジョン シリウス メタリック」の「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」を新車で購入した池沢早人師先生。今回の試乗車は、かつての愛車と同じEDC搭載のマイナーチェンジモデルで、変更ポイントについても評価していただいた。
2019年の年末に、外装色が「ジョン シリウス メタリック」の「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」を新車で購入した池沢早人師先生。今回の試乗車は、かつての愛車と同じEDC搭載のマイナーチェンジモデルで、変更ポイントについても評価していただいた。拡大
「500PS超級のスポーツモデルだと、サーキット以外でパワーを使い切ることは難しいと思いますが、(最高出力が300PSの)『メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC』は、全パフォーマンスを使ってワインディングロードでの走りを楽しめるような気がします」と池沢先生。
「500PS超級のスポーツモデルだと、サーキット以外でパワーを使い切ることは難しいと思いますが、(最高出力が300PSの)『メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC』は、全パフォーマンスを使ってワインディングロードでの走りを楽しめるような気がします」と池沢先生。拡大
【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1465mm/ホイールベース:2670mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y/(後)245/35R19 93Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:11.8km/リッター(WLTCモード)/価格:504万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:--km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:--km/リッター
【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1465mm/ホイールベース:2670mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y/(後)245/35R19 93Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:11.8km/リッター(WLTCモード)/価格:504万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:--km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:--km/リッター拡大
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 「ルノー・メガーヌR.S.」に最終モデル 世界に先駆けて公開【東京オートサロン2023】 2023.1.13 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2023年1月12日、東京オートサロン2023(会期:1月15日まで)の会場で、限定車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)Ultime(ウルティム)」を世界に先駆けて公開した。
  • 「ジムニー5ドア」がついにデビュー 国内導入予定をスズキに聞いた 2023.1.12 自動車ニュース スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアは2023年1月12日(現地時間)、インド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」(一般公開日:1月13日~18日)において新型車「ジムニー5ドア」「フロンクス」の2車種を発表した。
  • トヨタGRスープラRZ(FR/6MT)【試乗記】 2023.1.30 試乗記 3リッター直6ターボを搭載した「トヨタGRスープラRZ」に、ファン待望の6段マニュアルトランスミッション車が登場! 気になるその出来栄えは? ライバルとの操作感の違いは? そもそもなぜ、ボクらのココロはMTを求めるのか!? 試乗を通して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【試乗記】 2023.1.24 試乗記 いよいよ日本に導入された「フォルクスワーゲン・ポロGTI」のマイナーチェンジモデル。小柄なボディーに高出力の2リッター直4ターボエンジンを搭載したパワフルなコンパクトカーは、従来型からいかなる進化を遂げたのか? 実際に乗って確かめた。
ホームへ戻る