『CAR GRAPHIC』2021年10月号発売 ステランティスの注目モデルに試乗

2021.08.31 From Our Staff

『CG』10月号の特集で取り上げるのは、プジョー、シトロエン、DSなどを擁するグループPSAと、フィアット、アルファ・ロメオ、ジープなどを含むFCAの合併から誕生した、巨大自動車グループ「ステランティス」の個性的なクルマたちです。(CG編集部)

日本に上陸したばかりの新型「プジョー308」にサーキットで試乗。どのように進化しているのでしょうか。(photo:荒川正幸)
日本に上陸したばかりの新型「プジョー308」にサーキットで試乗。どのように進化しているのでしょうか。(photo:荒川正幸)拡大
表紙にもなった電動「フィアット500」が、試乗記として初登場。イタリアの小型EVシティーコミューターの実力やいかに?(photo:ジョーダン・バターズ)
表紙にもなった電動「フィアット500」が、試乗記として初登場。イタリアの小型EVシティーコミューターの実力やいかに?(photo:ジョーダン・バターズ)拡大
エントリーモデルの後輪駆動「ポルシェ・タイカン」(写真左)と、ステーションワゴン型の「タイカン クロスツーリスモ」(同右)に試乗しました。(photo:北畠主税)
エントリーモデルの後輪駆動「ポルシェ・タイカン」(写真左)と、ステーションワゴン型の「タイカン クロスツーリスモ」(同右)に試乗しました。(photo:北畠主税)拡大
これまでのサルーンのイメージから脱却したような「EQS」は、独自の手法で未来を指し示しているか?(photo:ダイムラー)
これまでのサルーンのイメージから脱却したような「EQS」は、独自の手法で未来を指し示しているか?(photo:ダイムラー)拡大
ジウジアーロ御大が語る連載。今回のテーマはフェラリーナ(小さなフェラーリ)として生まれた「ASA」です。(photo:ベルトーネ)
ジウジアーロ御大が語る連載。今回のテーマはフェラリーナ(小さなフェラーリ)として生まれた「ASA」です。(photo:ベルトーネ)拡大

新型「308」と電動「500」に初試乗!

グループPSAとFCAの巨大合併は、2019年10月31日に計画が発表され、2020年7月5日に新たなグループ名を公表、2021年1月16日に正式に誕生しました。

個性的なブランドを多く抱えるその巨体で、電動化の大波が押し寄せる自動車界をどう歩んでいくのか注目が集まるステランティス。去る7月8日にはその方針を表明する「Stellantis EV DAY 2021」を開催しています。

これを受けて本特集では、グループ内のブランドから注目モデルを選び試乗しました。トップバッターは日本導入が待たれるプジョーの新型「308」。国内初試乗の印象を編集長・竹下元太郎が伝えます。同じく日本での発表と発売が期待されている電動の新型「フィアット500」も登場。2代目の“ヌオーヴァ500”とともに、英国でギャビン・グリーンが試乗しました。そのほかにも、アルファ・ロメオの「ジュリア クアドリフォリオ」が強力なライバルとなる新型「BMW M3」と比較テストで対峙(たいじ)したり、マセラティの「ギブリ ハイブリッド」やジープの「ラングラー ルビコン」といった注目モデルが登場したりと、見どころ満載の特集です。

巻頭ではポルシェのEV(電気自動車)である「タイカン」のRWDモデルと、4WDモデルの「タイカン クロスツーリスモ」が登場します。クーペ的なフォルムをまとうサルーンのタイカンと、ステーションワゴン的な見た目のCUV(クロス・ユーティリティー・ビークル)のタイカン クロスツーリスモという2台を比較しつつ、これらが“電動化の伝道師”となり得るのか検証しました。

第2特集ではメルセデス・ベンツを取り上げています。EVブランドとして独立したメルセデスEQのラグジュアリー電動サルーン「EQS」や、この秋に日本にも導入される新型「Cクラス」のドイツでの試乗リポートは必見。最新のメルセデス事情がわかるはずです。そのほかの試乗記でも、マイナーチェンジした「MINI」の仕様違い4モデルを一気乗りした比較テストや、「ゴルフヴァリアント」「アルテオン シューティングブレーク」というフォルクスワーゲンのステーションワゴン2種に、2度目の国内試乗となった「フェラーリSF90ストラダーレ」の試乗記など盛り沢山の内容です。

さらに、ジョルジェット・ジウジアーロが寄稿する「GGのオモチャ箱」やジェフ・リースが登場する「クラブ・アームチェア・エンスージアスト」といった連載などもあり、読み応えある一冊となっています。定価は1300円。デジタル版は、Amazon/Kobo/BookLive!/ブックパス/SonyReaderStore/Fujisanで購読できます。お近くの書店や、オンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2021年10月号
発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1300円
A4判変型・196ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

関連キーワード:
500, 308, タイカン クロスツーリスモ, EQS, フィアット, プジョー, ポルシェ, メルセデス・ベンツ

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 第689回:これぞイタリア流EVだ! 大矢アキオが新型「フィアット500」とご対面 2021.1.14 マッキナ あらモーダ! 2020年3月にお披露目された新型「フィアット500」が、いよいよイタリアのディーラーに並び始めた。新型は100%電気自動車となったところがトピックだが、実車を見た大矢アキオは、既存のフィアット車とは決定的に違うところがあるという。それは果たして?
  • スズキの新型車「ワゴンRスマイル」登場 後席にスライドドアを備えた軽ハイトワゴン 2021.8.27 自動車ニュース スズキは2021年8月27日、新型軽乗用車「ワゴンRスマイル」を発表した。全高を抑えたハイトワゴンながら後席にスライドドアを採用し、ハイトワゴンの運転しやすさとスーパーハイトワゴンのユーティリティー性の両立を図っている。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
ホームへ戻る