足並みはそろわずとも向かう先は同じ CO2ゼロへ向けた自動車産業と各メーカーの歩み

2021.09.24 デイリーコラム

30年後の目標達成のために

遠い未来の壮大な目標を掲げ、そこに到達するために、通過点ごとにどれほどの物事を達成していなければならないかを検討する。欧州は、そういった長期的なスコープで戦略を立てるのが得意だ。大目標に対して逆算で考えることは「バックキャスティング」と呼ばれる。それに対して、現実を見つめながらこれまでの実績や経験、近い将来の技術革新などを踏まえて未来を予測し、コツコツと歩を進めていく「フォワードキャスティング」のほうが、日本的な思考にはなじみがいいように思える。

どちらがいいかは置いておいて、長期的な戦略にはバックキャスティングが向いているのは確かだ。少なくとも10年後、20年後を見据える環境保護政策などでは必須であり、SDGsも基本的にそういった思考だ。

2050年にカーボンニュートラルを目指すというのが、欧州委員会(EU)の大目標であり、日本政府もそれに乗っかったかっこうだ。30年後の遠い未来の話であり、今日の政治家が責任をとることなんてこともないので、「取りあえず空気を読んで宣言しとくか。環境保護団体などともめたくもないし」という軽い気持ちにみえなくもないが。なんにせよ、30年の間に何が起こるかはわからない。画期的な技術が生み出されて案外とすんなり目標を達成してしまうかもしれないし、頑張ったけれどどうしても達成が困難で、規制や法規が緩和されるかもしれない。ゴールポストが動く可能性は否定できず、現時点では大目標は必ずしも“必達”として捉えられてはいない。

ただし、近い将来に据えられた通過点の目標は、必達に近い。それが2021年7月14日に欧州委員会が発表した気候変動パッケージ「Fit for 55」だ。

カーボンニュートラルの実現へ向け、厳しい目標を掲げている欧州。自動車産業においても、彼らの目標設定がゼロエミッション車の普及を推し進めているのは事実だ。
カーボンニュートラルの実現へ向け、厳しい目標を掲げている欧州。自動車産業においても、彼らの目標設定がゼロエミッション車の普及を推し進めているのは事実だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事