MINIジョンクーパーワークス クラブマン(後編)

2021.10.10 池沢早人師の恋するニューモデル 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のステアリングを握り、前回のリポートで「薄味だ」との感想を漏らした漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。最高出力306PSを誇る高性能モデルを、なぜそのように評価したのか。続きをうかがった。

“何か”を感じない

代車として借りた素の「MINI 5ドア」の印象は非常に良かったという池沢早人師先生だが、箱根のワインディングロードで試乗したMINIの高性能シューティングブレークであるMINI ジョンクーパーワークス(以下JCW) クラブマンについては、「訴えてくるものがない」と言う。このクルマの何がどう足りないのか? さらに詳しく尋ねてみた。

MINI JCWクラブマンの足まわりは、市街地では結構硬く感じられるわけですが、こういったワインディングロードではどうでしたか?
「Cセグメントの高性能モデルとしては、同じように硬めの足まわりである『メガーヌ ルノースポール(以下R.S.)』のホットバージョン『トロフィー』と比べたくなりますよね?」

ルノーが誇るメガーヌR.S.トロフィーはかつての先生の愛車でもでもありますしね。
「トロフィー(の足まわり)はメガーヌのなかでも特に硬いは硬いんですけど、こういうステージ(ワインディングロード)には合うんだ! という“答え”を出してくれるクルマでした。それに対して今回のMINI JCWクラブマンは、正直そういった“何か”を感じないんですよね。心に刺さるような何かを」

特に“答え”を示してくれるわけではなく、ただ硬いだけだと?
「まぁ僕の場合、MINI JCWクラブマンはそこまで極端に硬いとは感じませんでしたけど。最高出力は306PSで、その数値は十分にすごいと思えるのですが、実際の走りでは1600kgの車重にマッチしているとはいえず『かったるい』と感じるのに加え、メガーヌR.S.トロフィーの(足の)ように気持ちよくストロークしてくれないんですよね。そのあたりが、つまりは重いボディーとサスペンションのストローク不足が、MINI JCWクラブマンの具体的な問題点かな、と」

池沢早人師先生が駆る「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。今回の試乗車は、「サンダーグレーメタリック」のボディーカラーに「レッドスポーツストライプ」と「レッドルーフ&ミラーキャップ」を組み合わせていた。
池沢早人師先生が駆る「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。今回の試乗車は、「サンダーグレーメタリック」のボディーカラーに「レッドスポーツストライプ」と「レッドルーフ&ミラーキャップ」を組み合わせていた。拡大
強化クランクシャフトや専用ピストン、改良型ターボチャージャーなどの採用により、最高出力306PS、最大トルク450N・mを誇る「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。
強化クランクシャフトや専用ピストン、改良型ターボチャージャーなどの採用により、最高出力306PS、最大トルク450N・mを誇る「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。拡大
【MINIジョンクーパーワークス クラブマン】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2670mm/車重:1600kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:306PS(225kW)/5000rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1750-4500rpm/タイヤ:(前)225/40ZR18 92Y/(後)225/40ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.7km/リッター(JC08モード)/12.1km/リッター(WLTCモード)/価格:571万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:233.6km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:24.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.4km/リッター(満タン法)/9.3km/リッター(車載燃費計計測値)
【MINIジョンクーパーワークス クラブマン】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2670mm/車重:1600kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:306PS(225kW)/5000rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1750-4500rpm/タイヤ:(前)225/40ZR18 92Y/(後)225/40ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.7km/リッター(JC08モード)/12.1km/リッター(WLTCモード)/価格:571万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:233.6km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:24.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.4km/リッター(満タン法)/9.3km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
  • アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編) 2021.9.2 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジしたアウディの高性能コンパクト「S3スポーツバック」の走りやいかに? 可変サスペンションを装備する「ファーストエディション」に試乗した谷口信輝が、乗り味の特徴について語る。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2021.9.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。
ホームへ戻る