第217回:真っ青なRに真っ青

2021.10.11 カーマニア人間国宝への道

これ、ホントにRなの?

担当サクライ君より、メールが届いた。

「SUVに興味はないと思いますが、『ティグアンR』にお乗りになりますか?」

私は決してSUVに興味がないわけではない。確かにこれまで52台買ったクルマのなかにSUVは1台もないが、先日「アウディRS Q8」に乗って感動したし、「ランボルギーニ・ウルス」でも絶頂を味わった。

それに私は、フォルクスワーゲンのスポーツ系ガソリンエンジンが大好きなのである。特に好きなのはサウンドの演出だ。DCTのシフト時の「バルン!」という中吹かし(死語?)が最高に気持ちイイ。フォルクスワーゲンの「R」系は、基本的にすべてランボルギーニだと思っている。

なので、「ティグアンR、乗る乗る~」と返信して、おふとんに入ったのだった。

当日。いつものように午後8時、サクライ君がやってきた。夜なので暗くてクルマがよく見えない。見えないながらに、ノーマルのティグアンとの違いが全然わからない。

オレ:これ、ホントにRなの?
サクライ:Rだと思います。
オレ:実はノーマルでした、ってことはない?
サクライ:ここまで来る間もエンジンが元気だったので、大丈夫だと思います。

雨上がりで路面はチョイぬれ。しかしフォルクスワーゲンのRはたぶん4WDだろうから(アタリ)、きっと怖くないだろう。首都高へ突入だ。

フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」で首都高に出撃。「アウディRS Q8」や「ランボルギーニ・ウルス」の実力を知ってから、速いSUVにも興味を持つようになった。
フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」で首都高に出撃。「アウディRS Q8」や「ランボルギーニ・ウルス」の実力を知ってから、速いSUVにも興味を持つようになった。拡大
「ティグアンR」が誇る320PSの実力を味わう間もなく、辰巳PAに到着。金曜日の夜ということもあってか、駐車スペースはほぼ埋まっていた。
「ティグアンR」が誇る320PSの実力を味わう間もなく、辰巳PAに到着。金曜日の夜ということもあってか、駐車スペースはほぼ埋まっていた。拡大
フロントグリルに組み込まれた「R」のバッジ。周囲へのアピール度はさほど高いものではなく、マニアが気づく程度であろうか。
フロントグリルに組み込まれた「R」のバッジ。周囲へのアピール度はさほど高いものではなく、マニアが気づく程度であろうか。拡大
「ティグアンR」に搭載される最高出力320PS、最大トルク420N・mを発生する2リッター直4ターボエンジン。0-100km/h加速4.9秒というパフォーマンスが自慢だ。
「ティグアンR」に搭載される最高出力320PS、最大トルク420N・mを発生する2リッター直4ターボエンジン。0-100km/h加速4.9秒というパフォーマンスが自慢だ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
  • BMW S1000R(6MT)【レビュー】 2021.10.12 試乗記 BMWの擁するリッタークラスのネイキッドスポーツモデル「S1000R」がモデルチェンジ。同社のスーパースポーツと主要コンポーネンツを共用する“ロードスター”は、新型となっていかなる進化を遂げたのか? その走りをリポートする。
ホームへ戻る