ポルシェ911カレラ4 GTS(後編)

2022.04.24 池沢早人師の恋するニューモデル 次期愛車候補の一台として期待した「ポルシェ911カレラ4 GTS」の走りに、当初は好意的な意見を述べなかった漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。しかし「スポーツ」モードを試すや、その表情はがぜん明るくなった。注目の最終評価は?

スポーツモードですべてが変わる

前回、「個人的にも大いに期待していたポルシェ911カレラ4 GTSは、足が締め上げられすぎていて、素の『911カレラ』で感じられた軽やかさとしなやかさが失われているように思える」と評した、漫画界のレジェンドにして元JTCCレーサーでもある池沢早人師先生。

だが試乗の際、「スポーツ」および「スポーツプラス」モードを試していなかったことに気づき、あわてて再びターンパイクを駆け上っていった。

そして戻ってきた池沢先生の、開口一番のコメントは「ノーマル」モードでの評価を180度変えるものだった。
「前言撤回! 911カレラ4 GTSは、ノーマルではなくスポーツモードにすると、すべてのバランスが素晴らしく良好になりますね! かなりいいペースで走りを楽しめます」

走行モードを変えてやれば、足の硬さというか「しなやかさの欠如」は気になりませんでしたか?
「そうですね。もちろん本来はもっともっと高い速度域、サーキットやドイツのアウトバーンなどでこそ最適なバランスになるのでしょうが、少なくとも、ノーマルモードで走っていた際に感じた『クルマに乗せられている感じ』はなくなります」

そうですか!
「端的に言って申し分なく速いですし、足もそれに見合っていると感じられます」

池沢早人師先生のドライブで、箱根のワインディングロードを駆け抜ける「ポルシェ911カレラ4 GTS」。今回の試乗車は「クレヨン」と呼ばれる45万2000円のオプションカラーをまとっていた。
池沢早人師先生のドライブで、箱根のワインディングロードを駆け抜ける「ポルシェ911カレラ4 GTS」。今回の試乗車は「クレヨン」と呼ばれる45万2000円のオプションカラーをまとっていた。拡大
「スポーツモードにすると、エンジンとシャシー、そしてサウンドと、すべてのバランスが素晴らしく良好になります」と「911カレラ4 GTS」の走りを評価した池沢先生。
「スポーツモードにすると、エンジンとシャシー、そしてサウンドと、すべてのバランスが素晴らしく良好になります」と「911カレラ4 GTS」の走りを評価した池沢先生。拡大
【ポルシェ911カレラ4 GTS】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1850×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1500kg(DIN)/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:480PS(353kW)/6500rpm/最大トルク:570N・m(58.1kgf・m)/2300-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 91Y/(後)305/30ZR21 100Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.3リッター/100km(約9.7km/リッター、欧州複合モード)/価格:1974万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:297.7km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:47.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)
【ポルシェ911カレラ4 GTS】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1850×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1500kg(DIN)/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:480PS(353kW)/6500rpm/最大トルク:570N・m(58.1kgf・m)/2300-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 91Y/(後)305/30ZR21 100Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.3リッター/100km(約9.7km/リッター、欧州複合モード)/価格:1974万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:297.7km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:47.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/8AT)【試乗記】 2022.4.15 試乗記 締め上げられた専用チューンのシャシーに、パワフルな3リッター水平対向6気筒ツインターボを搭載する「ポルシェ911カレラ4 GTS」に試乗。GTSは各世代の節目を前にして登場する集大成的な存在ともいわれるが、果たしてその仕上がりやいかに。
  • BMW M240i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2022.5.14 試乗記 さまざまな臆測が飛び交っていたものの、新型「BMW 2シリーズ クーペ」ではFRレイアウトが守られた。しかも、守られただけではなく、先代モデルよりも乗り味がグッと洗練されている。直6エンジン搭載の最上級グレード「M240i xDrive」の印象を報告する。
  • アルファ・ロメオ・トナーレ(FF/7AT)【海外試乗記】 2022.5.12 試乗記 アルファ・ロメオからSUV第2弾となる「トナーレ」がデビュー。ブランド初の電動化モデルというだけでなく、乗用車としては世界初採用となる技術も織り込んだ意欲作だ。本国イタリアで開催された試乗会での印象をリポートする。
  • トヨタが「スープラ」の一部仕様を変更 6段MT車も新たに設定 2022.4.28 自動車ニュース TOYOTA GAZOO Racingは2022年4月28日、スポーツカー「スープラ」の一部仕様変更を発表した。最新型の商談受け付けは同年夏ごろに始められ、同年秋ごろからデリバリーが開始される見込み。
  • プジョー308 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.3 試乗記 プジョーのCセグメントハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。もちろん新しくなったのは見た目だけでなく、9年ぶりの新型にふさわしく中身も長足の進歩を遂げている。1.5リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る