フェラーリSF90ストラダーレ(後編)

2022.06.19 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がフェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」に試乗。これまで何台もの跳ね馬を自身のガレージに収めてきた漫画界のレジェンドは、ハイブリッドフェラーリの走りにどんな感想を抱いたのか?

ステアリングフィールに重厚感がほしい

「アクセルワークはかなり慎重に行う必要があり、ラフに踏むと必ずや怖い思いをするでしょう」と、フェラーリSF90ストラダーレの走りについて感想を述べた、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーの池沢早人師先生。ドライブフィールに関して、もう少し詳しく話を聞いてみることにしたい。

PHEVということでどこか勝手に安心・安全なイメージを抱いていましたが、アクセルコントロールは慎重に行う必要があるのですね?
「まぁ慎重にというよりも、ラフな操作をしなければ問題ありません。怖いといっても、ハーフスロットルぐらいまでだったら大丈夫だと思いますよ。それ以上開けると、それはもう(笑)。で、半開でも十分な速さを堪能できますし、エキゾーストサウンドもかなりいいです」

そうですか! では乗り心地やシートのつくりなどはどうですか?
「今回、都内の自宅から環八と東名高速を通るルートで箱根まで来ましたが、一般道と高速道路ではさすがにちょっと(乗り心地が)硬いと感じました。ずっと同じ姿勢でいるとややツラくなるというか。でも箱根のワインディングロードでは“いい感じ”と言えるバランスに変化しますね」

ステアリングフィールはどうでしょう?
「うーん、これは個人的な好みの話になってしまうのかもしれませんが、シャープすぎるというかクイックすぎるというか──。まぁそれが最近のトレンドで、前に試乗した『フェラーリ・ローマ』もそんな感じでしたが、僕個人はもうちょっと重みが感じられる、重厚なタッチのほうが好きですね」

箱根のワインディングロードを行く「フェラーリSF90ストラダーレ」。池沢早人師先生は「パワーの出方が強烈なので、アクセルワークはかなり慎重に行う必要があります」と言う。
箱根のワインディングロードを行く「フェラーリSF90ストラダーレ」。池沢早人師先生は「パワーの出方が強烈なので、アクセルワークはかなり慎重に行う必要があります」と言う。拡大
「一般道や高速道路では少し硬めですが、ワインディングロードでは“いい感じ”と言えるバランスに変化しますね」と、池沢先生はシートや乗り心地への感想を述べた。
「一般道や高速道路では少し硬めですが、ワインディングロードでは“いい感じ”と言えるバランスに変化しますね」と、池沢先生はシートや乗り心地への感想を述べた。拡大
【フェラーリSF90ストラダーレ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1972×1186mm/ホイールベース:2650mm/車重:1570kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:780PS(574kW)/7500rpm/エンジン最大トルク:800N・m(81.6kgf・m)/6000rpm/フロントモーター最高出力:135PS(99kW)(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:85N・m(8.7kgf・m)(1基当たり)/リアモーター最高出力:204PS(150kW)/リアモーター最大トルク:266N・m(27.1kgf・m)/システム最高出力:1000PS(735kW)/タイヤ:(前)255/35ZR19 91Y/(後)315/30ZR20 104Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:6.0リッター/100km(約16.7km/リッター、WLTCモード)/価格:5340万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:315.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:46.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.7km/リッター(満タン法)
【フェラーリSF90ストラダーレ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1972×1186mm/ホイールベース:2650mm/車重:1570kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:780PS(574kW)/7500rpm/エンジン最大トルク:800N・m(81.6kgf・m)/6000rpm/フロントモーター最高出力:135PS(99kW)(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:85N・m(8.7kgf・m)(1基当たり)/リアモーター最高出力:204PS(150kW)/リアモーター最大トルク:266N・m(27.1kgf・m)/システム最高出力:1000PS(735kW)/タイヤ:(前)255/35ZR19 91Y/(後)315/30ZR20 104Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:6.0リッター/100km(約16.7km/リッター、WLTCモード)/価格:5340万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:315.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:46.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.7km/リッター(満タン法)拡大
関連記事
  • フェラーリ458スペチアーレ(MR/7AT)【試乗記】 2014.8.20 試乗記 単なる「458イタリア」の軽量ハイパワー仕様だろう、などと高をくくってはいけない。パワーウェイトレシオを2.13kg/psまでそぎ落とし、0-100km/hを3秒でこなす「458スペチアーレ」の走りはもはや別物。V8フェラーリの頂点と呼ぶにふさわしい、どう猛さと洗練を併せ持つスペシャルに仕上がっていた。箱根のワインディングロードで試乗した。
  • フェラーリF12ベルリネッタ(FR/7AT)【試乗記】 2013.5.22 試乗記 フェラーリの新たな旗艦「F12ベルリネッタ」に試乗。740psのパワーを発する“跳ね馬”は、どんな走りを見せるのか? ワインディングロードへと連れ出した。
  • いまあらためて考える 「それでもMT車を選びたいか?」 2022.5.30 デイリーコラム 乗用車の新車にMTの設定はほとんどなく、運転免許の取得比率を見ればAT限定が過半数。こんな時代になっても、やはりMT車はあるべきなのか? トランスミッションに対する思いを、清水草一が熱く語る。
  • フェラーリがオープンPHEV「296GTS」の国内導入を鈴鹿サーキットで発表 2022.6.24 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2022年6月24日、三重・鈴鹿サーキットで開催中の「フェラーリ・レーシング・デイズ」において、V6ミドシッププラグインハイブリッドのオープントップモデル「296GTS」の実車を国内初披露した。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(後編) 2022.6.19 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がフェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」に試乗。これまで何台もの跳ね馬を自身のガレージに収めてきた漫画界のレジェンドは、ハイブリッドフェラーリの走りにどんな感想を抱いたのか?
ホームへ戻る