クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

新車も中古も高すぎる!! クルマ好きはどうすりゃいいの?

2022.08.08 デイリーコラム

3年で100万円超の値上げって……!?

いま、クルマは完全な売り手市場。新車は半導体不足などにより納期が異常に長くなり、値引きどころか手に入ればめっけもんだ。中古車は一部が暴騰、平均しても2~3割相場が上昇。登録済み未使用車も激減し、クルマを買う側にとっては暗黒時代になってしまった。

新車価格の値上げも続いている。特に目立つのが輸入車だ。原材料高に加えてこの円安なので仕方ないが、ますます暗黒時代だ。

ステランティス ジャパンは、2022年7月27日、プジョー全モデルの車両本体価格を2.0~5.0%値上げすると発表した。例えば「プジョー508 GT BlueHDi」は11万9000円値上げされ、8月22日から608万1000円になる。ヒエ~!

実は私儀、つい先般、中古の508を契約したのでございますよ!

買ったのは、2019年式の508 GT BlueHDi。当時の新車価格を調べてみたら、たったの(?)492万円だった。今より100万円以上安かったのかぁ。いったい、いつの間にこんなに値上がりしたんだろう。

調べてみると、細かく細かく価格改定が繰り返され、約3年で約116万円も高くなっていたのですね。100万円以上の値上がりって、フルモデルチェンジでもそうそうない。いまわれわれは時代の嵐の真っただ中にいるのを実感する。

プジョー508は、2019年の登場当時、「コスパの高い上質なセダン/SW(ステーションワゴン)」といわれた。なにしろガソリンエンジンのスタンダードモデル「アリュール」は417万円だったんだから。現在アリュールは消滅し、最安がガソリン車「GT」の570万4000円。ぼうぜん。ほぼドイツ御三家の価格帯に移行してしまった。3年前を知る者は、ちょっと手が出ない。手が出ないけど、手を出さないと永遠に買えないかもしれない。いったいどうすればいいんでしょう!?

「2022年の夏に発売」ということで大いに盛り上がった新型「日産フェアレディZ」だったが、半導体不足やコロナ禍の影響により、同年7月末でいったん受注が止まってしまった。8月に入り日産は、日産車全般についてカーナビ等のアクセサリーまでも納期が長期化している旨をオフィシャルサイトで告げている。
「2022年の夏に発売」ということで大いに盛り上がった新型「日産フェアレディZ」だったが、半導体不足やコロナ禍の影響により、同年7月末でいったん受注が止まってしまった。8月に入り日産は、日産車全般についてカーナビ等のアクセサリーまでも納期が長期化している旨をオフィシャルサイトで告げている。拡大
2022年8月1日、ジープブランドの車両は一気に100万円ほど値上げされた。写真の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」は、それ以前の2022年6月と2021年12月、2021年4月にも価格を変更。例えば2リッターの「ラングラー アンリミテッド サハラ」の価格は、わずか1年半の間に606万円から830万円へと224万円も(!)上がってしまった。
2022年8月1日、ジープブランドの車両は一気に100万円ほど値上げされた。写真の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」は、それ以前の2022年6月と2021年12月、2021年4月にも価格を変更。例えば2リッターの「ラングラー アンリミテッド サハラ」の価格は、わずか1年半の間に606万円から830万円へと224万円も(!)上がってしまった。拡大
現在、伊・仏・米の計8ブランドを扱うステランティス ジャパンは、各ブランドの価格を軒並み値上げしている。結果、2019年春のデビュー時に492万円だった「508 GT BlueHDi」の価格は608万1000円となった。いやはや。
現在、伊・仏・米の計8ブランドを扱うステランティス ジャパンは、各ブランドの価格を軒並み値上げしている。結果、2019年春のデビュー時に492万円だった「508 GT BlueHDi」の価格は608万1000円となった。いやはや。拡大
プジョー 508 の中古車

ねらうは「掘り出し物」と「人気車種」

そこで私は、取りあえず中古車を検索したのです。結果、コスパ抜群だった頃の508の中古車は、いまでもかなりコスパが高かったわけですね。

私が買ったのは、508 GT BlueHDiのなかでは日本で2番目に安い個体(検索当時)で、車両本体価格299万円。前述のように元値は492万円なので、中古車としては「まあまあかな~」くらいのレベルだけど、いま新車を買ったら608万円すると思えば、「うおおおお、激安だぜ!」となる。

実は、「ホンダ・シビックe:HEV」(新車)が欲しいなぁと思ったりしていたのですが、2022年6月の段階で納車待ち7カ月。今どきこの納期は長いほうじゃないけれど、それでもやっぱりかなり長い。そこで、何の気なしに中古車サイトを検索したら、299万円の508にブチ当たり、ビビビときてしまいました。

プジョー508は超絶スカしたイケてるセダンだけれど、世間のセダン離れもあって、決して人気モデルではない。だからこそこういう“宝物”が残っていたわけですね。カーマニアがいま狙うべき第1候補は、このテの掘り出し物ではないでしょうか。

じゃなかったら、値上がりが確定的な人気モデルの新車にアタックするのが王道だろう。例えば、新型「シビック タイプR」のような。

シビック タイプRの場合、ディーラーによって先着順だったり抽選だったりしたようですが、とにもかくにも買えればもうけもんと考えて、速攻で申し込む! 知り合いのフェラーリオーナーさまは、速攻で申し込んだ結果、抽選で当たったそうです。やるなぁ。迷ってる時間はない、とにかく出足が勝負! タイプRはすでに売り切れ(?)状態らしいけれど、次なる獲物が出たら、必ず速攻をかけよう! ダメだったら次! 数打ちゃ当たるで攻め続けよう!

……と口で言うのは簡単だけど、私にはできないなぁ。高価なスポーツモデルを迷わず申し込めるのは、懐にも車庫にも余裕のある人が多いわけで、結局お金持ちはますますお金持ちになり、貧乏人はますます貧乏になるんですね。涙が出ます。

(文=清水草一/写真=清水草一、日産自動車、本田技研工業、ステランティス ジャパン/編集=関 顕也)

今回筆者が手に入れたのは、299万円の「プジョー508 GT BlueHDi」。絶対的には“いい値段”だが、新車価格が倍以上であることを考えると激安に感じられる。
今回筆者が手に入れたのは、299万円の「プジョー508 GT BlueHDi」。絶対的には“いい値段”だが、新車価格が倍以上であることを考えると激安に感じられる。拡大
ホンダのオフィシャルサイトに示されている、納期に関する注意書き(2022年8月2日時点)。なかには「1カ月程度」というものもあるが、「5カ月程度」「半年以上」というモデルも多く見られる。それでも契約するべきか……。手を打たずに過ごし、半年後に「さらに値上げ」などと告げられても困る。
ホンダのオフィシャルサイトに示されている、納期に関する注意書き(2022年8月2日時点)。なかには「1カ月程度」というものもあるが、「5カ月程度」「半年以上」というモデルも多く見られる。それでも契約するべきか……。手を打たずに過ごし、半年後に「さらに値上げ」などと告げられても困る。拡大
掘り出し物を探すほかに、この先クルマ好きが笑顔になれそうな手段は、「競争率の高い人気車種を、出たと同時に買うこと」だ。新型「シビック タイプR」(写真)はもちろん、受注停止に追い込まれた新型「フェアレディZ」も、当面は買ったところで寝落ちしないクルマになるに違いない。
掘り出し物を探すほかに、この先クルマ好きが笑顔になれそうな手段は、「競争率の高い人気車種を、出たと同時に買うこと」だ。新型「シビック タイプR」(写真)はもちろん、受注停止に追い込まれた新型「フェアレディZ」も、当面は買ったところで寝落ちしないクルマになるに違いない。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー 508 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。