クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第240回:全天候型ふわとろ戦闘機

2022.09.05 カーマニア人間国宝への道

ウエット路面でキモを冷やす

ちょいワル特急こと299万円で買った「プジョー508 GT BlueHDi」(ボディーカラー:シルバー)は、雨が降っても汚れが目立たない全天候型戦闘機。つまりステルス戦闘機だ! 永福町のトム・クルーズの愛機にふさわしいぜ!

が、本音では、乗り味の第一印象はあまりよろしくなかった。

ノーズには激重な2リッター直4ディーゼルエンジンがオーバーハングされ、サスはふんわりソフト、そしてハンドリングの初期ゲインは超ビンカン、タイヤ銘柄はミシュランの旗艦「パイロットスポーツ4」。ステアリングを切るとコンマ2秒遅れてピュッと向きが変わる。路面のジョイントではガツンと突き上げがくる。これじゃドッグファイトはできないぜ!

実はタイヤのスリップサインが出た状態で、それが悪影響を及ぼしていたのです。溝がないのは買う前に確認済みで、むしろ「わーい、買ってすぐ好きなタイヤに履き替えられる~」と喜んだのだが、納車日、走りだすとすぐに雨が降り出し、ドッグファイトどころか帰還すら危ぶまれてキモを冷やした。

思えば、スリップサインが出たタイヤでウエット路面を走ったのは、カーマニア人生初だったかもしれない。営業車じゃあるまいし、そこまでタイヤ使い切りませんから! 前オーナーは大胆不敵というかツウすぎるというか、FFだから断然フロントの減りが早いはずだが、4輪とも均等にスリップサインが出ていやがる! ローテーションで4輪とも骨の髄までしゃぶりつくして売り飛ばしたのか! やるじゃねぇか!

とにかく一刻も早くタイヤを交換せねば。トム・クルーズに残された時間はわずかなのだ。高齢なので。

今回は、雨が降っても汚れが目立たない全天候型戦闘機「プジョー508 GT BlueHDi」が、オールシーズンタイヤの装着でフワッフワのお姫様戦闘機となったというお話。実は愛車にオールシーズンタイヤを装着することが、長年の夢だったのだ。
今回は、雨が降っても汚れが目立たない全天候型戦闘機「プジョー508 GT BlueHDi」が、オールシーズンタイヤの装着でフワッフワのお姫様戦闘機となったというお話。実は愛車にオールシーズンタイヤを装着することが、長年の夢だったのだ。拡大
購入時に装着されていた「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤは、4輪とも均等にスリップサインが出ていた。残り溝はなんと0mm。前オーナーは、ローテーションで4輪とも骨の髄までしゃぶりつくしてから「508 GT BlueHDi」を売り飛ばしたらしい。実にツウすぎる。
購入時に装着されていた「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤは、4輪とも均等にスリップサインが出ていた。残り溝はなんと0mm。前オーナーは、ローテーションで4輪とも骨の髄までしゃぶりつくしてから「508 GT BlueHDi」を売り飛ばしたらしい。実にツウすぎる。拡大
スリップサインが出た「ミシュラン・パイロットスポーツ4」のトレッド面は、こんな感じである。もうツルツルのテカテカでカチカチ。このタイヤで納車日にウエット路面を走り、キモを冷やした。スリップサインが出たタイヤでウエット路面を走ったのは、カーマニア人生初だったかもしれない。
スリップサインが出た「ミシュラン・パイロットスポーツ4」のトレッド面は、こんな感じである。もうツルツルのテカテカでカチカチ。このタイヤで納車日にウエット路面を走り、キモを冷やした。スリップサインが出たタイヤでウエット路面を走ったのは、カーマニア人生初だったかもしれない。拡大
プジョー 508 の中古車

雪もOKの全天候型

私には夢があった。それは、愛車にオールシーズンタイヤを装着することである。

近年、オールシーズンタイヤの進化は目覚ましく、アイスバーンを除けば万能らしい。ちょいワル特急にオールシーズンタイヤを履かせれば、雨だけじゃなく雪もOKの、本物の全天候型戦闘機になれる。トム・クルーズは、どんな天候でも無敵でなくてはならないのだ。

銘柄は、最高級の「ミシュラン・クロスクライメート2」に決定。次の「3」が間もなく出るのか、意外とお安くてラッキーだぜ! さすがトム・クルーズ。地球は俺のために回っている!

お盆が明けるのももどかしく、近所のタイヤ屋さんで交換だ。うーん、すごいトレッドパターンだな。ほとんど溝だらけ。前のタイヤが残り溝0mmだったからなおさら溝だらけ。

走りだしてすぐに涙が出た。スバラシイ……。これだよこれ! これが本来のプジョー508 GT BlueHDiだ!

3年前、プレス試乗会で乗った508に比べると、4万km走行だけにサスはこなれまくり、まるでお姫様ベッドのよう。そこに、ふんわりと当たりのやさしいオールシーズンタイヤを巻きつけたのだから、そりゃもうフワッフワよ! これがお姫様気分なのね~。

純粋に評価すると、パイロットスポーツ4に比べたらグリップもレスポンスも2ランク下という感じですが、このクルマには、これくらいのタイヤのほうが合ってるんじゃないか? 508のガソリンモデルならパイロットスポーツ4でいいけれど、ディーゼルは前がメチャ重い。どうしたって操舵レスポンスの遅れは出る。ならタイヤのレスポンスも穏やかなほうがバランスがいい気がするぜ! 音も静かだしウエットにも強い。ライフも長く、スリップサインが出るまで8万kmくらいイケるらしい。これで老後も安心だ。

永福町のトム・クルーズは、どんな天候でも無敵でなくてはならない。ちょいワル特急にオールシーズンタイヤを履かせれば、雨だけじゃなく雪もOKの、本物の全天候型戦闘機になれる。
永福町のトム・クルーズは、どんな天候でも無敵でなくてはならない。ちょいワル特急にオールシーズンタイヤを履かせれば、雨だけじゃなく雪もOKの、本物の全天候型戦闘機になれる。拡大
これがちょいワル特急こと「プジョー508 GT BlueHDi」に装着したオールシーズンタイヤ「ミシュラン・クロスクライメート2」だ。ほとんど溝といってもいい、ものすごく特徴的なトレッドパターンである。
これがちょいワル特急こと「プジョー508 GT BlueHDi」に装着したオールシーズンタイヤ「ミシュラン・クロスクライメート2」だ。ほとんど溝といってもいい、ものすごく特徴的なトレッドパターンである。拡大
お盆が明けるのももどかしく、近所のタイヤ屋さんでミシュランの旗艦「パイロットスポーツ4」から最高級のオールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」に交換してもらった。
お盆が明けるのももどかしく、近所のタイヤ屋さんでミシュランの旗艦「パイロットスポーツ4」から最高級のオールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」に交換してもらった。拡大
タイヤを交換して走りだし、すぐに涙が出た。これだよこれ! これが本来あるべき「プジョー508 GT BlueHDi」の走りだ! ふんわりと当たりのやさしいオールシーズンタイヤの装着によって、乗り心地はそりゃもうフワッフワよ!(写真=茂呂幸正)
タイヤを交換して走りだし、すぐに涙が出た。これだよこれ! これが本来あるべき「プジョー508 GT BlueHDi」の走りだ! ふんわりと当たりのやさしいオールシーズンタイヤの装着によって、乗り心地はそりゃもうフワッフワよ!(写真=茂呂幸正)拡大

腰痛持ちにもウレシイ中高年仕様

そのようにして、お姫様戦闘機となったちょいワル特急は、各所に出撃して大戦果を挙げた。

武器は、お姫様ベッドな乗り心地だけではない。エリート特急に比べて大幅に進化したADASの装備により、ACCのコントロール精度は断然向上。もはや安心してペダル操作を丸投げ(緊急時には足が出動します)できる。レーンキープアシストによって操舵も丸投げ……はできませんが、一部を委託可能! はぁ~ラクチン、ラクチン。

仕事柄、多くのクルマに試乗しております故、世のADASの進歩は知っておりましたが、試乗車と愛車じゃインパクトが違う。やっぱクルマは買ってナンボ。試乗車がラクチンでもうらやましいだけだが、愛車がラクチンなら人生がラクチンになる!

そこに追い打ちをかけたのが、「マルチポイントランバーサポート」だった。

まさか508にそんな装備が付いているとはトンと知りませんでしたが、購入数日後、運転席の端っこに妙なボタンがあるのをハッケンし、押してみるとあら不思議! マッサージが始まったじゃないですか! マジで!? こんなのが付いてたのぉ!? うれしい悲鳴よ~~~~~~~っ!!

今では設定により、エンジンをかけた瞬間にマッサージ始動! 腰をやさしくもんでくれる。戦闘機なのに、乗り込んだ瞬間にふわとろ温泉気分。しかも自動的に間隔を開けて、「そろそろお腰をもみましょうか」と、繰り返してくれるのだ。あ~癒やされる~。このクルマ、買ってよかった……。心底そう思います。でも、今から故障が心配だ。そんなのイヤッ。耐えられない!

ちなみに助手席にも同じ機能が付いているので、同乗者にも大好評。「シートにマッサージが付いてるなんてスゴ~イ!」と、ウルトラ高く評価されておりまする。さすが永福町のトム・クルーズ。無敵だぜ!

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

5年・5万km走ったエリート特急こと先代「BMW 320d」に比べて、大幅に進化したADASが自慢の「プジョー508 GT BlueHDi」。ちょいワル特急として各所に出撃(お披露目)して大戦果を挙げた。
5年・5万km走ったエリート特急こと先代「BMW 320d」に比べて、大幅に進化したADASが自慢の「プジョー508 GT BlueHDi」。ちょいワル特急として各所に出撃(お披露目)して大戦果を挙げた。拡大
「プジョー508 GT BlueHDi」は、中古車記者歴25年の伊達軍曹(写真右)にも「シルバーの508、正体不明の金持ちに見えます!」と好評だった。ただし軍曹は生え抜きのカーマニアのせいか、マッサージ機能への称賛はなかった。(写真=茂呂幸正)
「プジョー508 GT BlueHDi」は、中古車記者歴25年の伊達軍曹(写真右)にも「シルバーの508、正体不明の金持ちに見えます!」と好評だった。ただし軍曹は生え抜きのカーマニアのせいか、マッサージ機能への称賛はなかった。(写真=茂呂幸正)拡大
ちょいワル特急には、エンジンをかけた瞬間にマッサージ機能が働く「マルチポイントランバーサポート」付きシートが装備されており、乗るたびに癒やされる。買ってよかった~。
ちょいワル特急には、エンジンをかけた瞬間にマッサージ機能が働く「マルチポイントランバーサポート」付きシートが装備されており、乗るたびに癒やされる。買ってよかった~。拡大
同乗者にも「シートにマッサージが付いてるなんてスゴ~イ!」と、ちょいワル特急の「マルチポイントランバーサポート」機能は大好評。永福町のトム・クルーズは、やはり無敵だ。(写真=茂呂幸正)
同乗者にも「シートにマッサージが付いてるなんてスゴ~イ!」と、ちょいワル特急の「マルチポイントランバーサポート」機能は大好評。永福町のトム・クルーズは、やはり無敵だ。(写真=茂呂幸正)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー 508 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。