フォルクスワーゲン・パサートGTE(FF/6AT)【レビュー】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンが「パサートGTE」シリーズの装備を強化 2017.8.29 自動車ニュース フォルクスワーゲンがプラグインハイブリッド車である「パサートGTE」シリーズの装備を強化。カーナビゲーションシステムにナビにジェスチャーコントロール機能を搭載したほか、運転支援システムに前進・後退時衝突被害軽減ブレーキ機能を追加した。
  • フォルクスワーゲン・パサートGTE(FF/6AT)【レビュー】 2016.6.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続き、「パサート/パサートヴァリアント」にプラグインハイブリッド車の「GTE」が登場した。1.4リッターターボエンジンとトルクフルな電動モーターが織り成す、ガソリン車とは一線を画す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」シリーズの価格を改定 2019.2.22 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「パサート」シリーズの価格を改定し、2019年4月より新価格で販売すると発表した。対象となるのは「パサート/パサート ヴァリアント/パサート オールトラック」の全グレードで、平均約1.3%の値上げとなる。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
ホームへ戻る