クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第200回:国産ショーファードリブンカー50年史(後編)

2013.09.17 エディターから一言
 

ニッポンのショーファードリブンカーをめぐる長編エッセイ。前編に続き、トヨタ、日産、三菱の3社が紡いできたその歴史を振り返る。

1990年、四半世紀ぶりにフルモデルチェンジした2代目「日産プレジデント」。ボディーは「インフィニティQ45」のホイールベースを150mmストレッチしていたが、92年にはQ45と同サイズのボディーを持つJSシリーズも加えられた。価格は860万円と、先代の最終型「ソブリンVIP」より300万円以上も高くなった。
1990年、四半世紀ぶりにフルモデルチェンジした2代目「日産プレジデント」。ボディーは「インフィニティQ45」のホイールベースを150mmストレッチしていたが、92年にはQ45と同サイズのボディーを持つJSシリーズも加えられた。価格は860万円と、先代の最終型「ソブリンVIP」より300万円以上も高くなった。 拡大
2代目「プレジデント」のインテリア。シート地はこのシルクウールが標準で、オプションで本革(日本製と英国コノリー社製の2種)が用意された。リアセンターコンソールには、6インチのテレビも標準で備わる。
2代目「プレジデント」のインテリア。シート地はこのシルクウールが標準で、オプションで本革(日本製と英国コノリー社製の2種)が用意された。リアセンターコンソールには、6インチのテレビも標準で備わる。 拡大

ふたたび優位に立つも

前編からの続き
販売台数で引き離され、「トヨタ・センチュリー」の背中が遠ざかりつつあった1990年、「日産プレジデント」は25年ぶりに世代交代を果たす。2代目は専用設計ではなく、前年にデビューした、まったく新しい高級車である「インフィニティQ45」をベースとしていた。そのホイールベースを150mm延ばし、グリルレスが特徴だったQ45に対して、フロントグリルを与えることによって落ち着いた雰囲気にアレンジ。4.5リッターのV8エンジンや、量産車としては世界初となる油圧アクティブサスペンションといったメカニズムはQ45と同じだったが、装備は一段と豪華になっていた。

ベースとなったインフィニティQ45が高級車としては冒険したモデルだっただけに、2代目プレジデントも「ショーファードリブンカーしての威厳に欠ける」という声もあった。それでも最新の設計であることは強みで、対センチュリーのセールスは再び逆転する。

93年には全長を約50cmストレッチしたオーテックジャパン製のリムジンも追加されるが、97年にセンチュリーが世代交代すると、たちまち形勢は不利に。後継車がないまま、2002年には生産終了してしまった。

ライバル対決に決着

それから1年余の空白を経た2003年、北米では3代目「インフィニティQ45」として売られていた4代目「シーマ」をベースとする3代目「プレジデント」が登場する。

カルロス・ゴーンの下で経営再建中だった状況ではホイールベースの延長も許されず、ボディーはシーマと共通。フロントグリルの変更などによって、いくぶん押し出しの強いデザインとしていた。ストレッチができないならばと、センターコンソールを車体中央より右側に配置した後席2名乗車の4人乗りを設定。前方格納タイプの助手席とあわせて、後席は左側に限ってはクラストップレベルの座席幅と足元スペースを確保していた。
しかし、2010年にはベース車のシーマとともに生産終了。プレジデントの歴史は誕生から45年で幕を閉じた。

いっぽうセンチュリーは、誕生からちょうど30年となる1997年に満を持してフルモデルチェンジ。スタイリングは伝統を受け継ぐと同時に、社用車などで初代と併用するユーザーが違和感を覚えないよう、一見したところでは新旧の見分けがつかないほどのキープコンセプト。しかし、ホイールベースを165mm延ばして全長を当時国産最長の5270mmとしたボディーの中身は、30年分のアップデートが一気に敢行されていた。国産乗用車初にして、今後も唯一の存在であり続けるだろうV12の5リッターエンジンをはじめ、すべてが専用設計。一般量産車とは次元の異なるクオリティーコントロールの下、改良を加えながら現在も生産継続中である。

なお、老朽化した日産「プリンス・ロイヤル」の代替として、これをベースとした御料車の「センチュリー・ロイヤル」が製作され、2006年から宮内庁に納入されている。

2003年に登場した3代目「日産プレジデント」。ベースはV8 DOHC 4.5リッターエンジンを積んだ4代目「シーマ」で、フロントバンパーの違いで全長こそ若干延びてはいるが、ボディー自体は共通。価格は「ソブリン5人乗り」が800万円、「同4人乗り」が900万円だった。
2003年に登場した3代目「日産プレジデント」。ベースはV8 DOHC 4.5リッターエンジンを積んだ4代目「シーマ」で、フロントバンパーの違いで全長こそ若干延びてはいるが、ボディー自体は共通。価格は「ソブリン5人乗り」が800万円、「同4人乗り」が900万円だった。 拡大
「ソブリン4人乗り」のインテリア。後席のセンターコンソールを車体中央より右側に配置しており、助手席を前方に格納すれば、左側後席の広さはクラストップレベルとうたっていた。
「ソブリン4人乗り」のインテリア。後席のセンターコンソールを車体中央より右側に配置しており、助手席を前方に格納すれば、左側後席の広さはクラストップレベルとうたっていた。 拡大
国産車史上最長の30年の長命を保った初代の後を受け、1997年に登場した2代目「トヨタ・センチュリー」。5色用意されたボディーカラーには、「神威」(ブラック)をはじめ、「摩周」「瑞雲」「鸞鳳」「精華」という色名が与えられている。価格は標準仕様で925万円と先代のLタイプより100万円以上高いが、内容からすれば割安に思える。
国産車史上最長の30年の長命を保った初代の後を受け、1997年に登場した2代目「トヨタ・センチュリー」。5色用意されたボディーカラーには、「神威」(ブラック)をはじめ、「摩周」「瑞雲」「鸞鳳」「精華」という色名が与えられている。価格は標準仕様で925万円と先代のLタイプより100万円以上高いが、内容からすれば割安に思える。 拡大
「センチュリー」のインテリア。リアシートはヒーターやリフレッシング機能に加えて、座面とシートバックに配した通風口から送風するコンフォータブル・エアシートを採用。標準のウール・ファブリックはボディーカラーによってグレー、オーキッド(写真)、ブルーグレーの3色が用意され、オプションの革張りもグレーとオーキッドの2色。
「センチュリー」のインテリア。リアシートはヒーターやリフレッシング機能に加えて、座面とシートバックに配した通風口から送風するコンフォータブル・エアシートを採用。標準のウール・ファブリックはボディーカラーによってグレー、オーキッド(写真)、ブルーグレーの3色が用意され、オプションの革張りもグレーとオーキッドの2色。 拡大

受難のフラッグシップ

三菱グループ御用達のショーファードリブンカーである「デボネア」は、1986年に22年ぶりにフルモデルチェンジを受け、「デボネアV」を名乗った。ボディーは5ナンバーサイズに収まったままだが、メカニズムは一新されFF化。エアロパーツを装着したAMG仕様も設定されるなど、初代とは異なりオーナーカー市場も狙っていたが、90年にはホイールベースを150mm延長した特装車扱いの「ロイヤル150」が追加設定された。

6年余という初代に比べると大幅に短いインターバルで92年に登場した3代目は、ようやくフラッグシップの座にふさわしい3ナンバーサイズのボディーを獲得。93年には先代と同じくストレッチ版も加えられた。

2000年には、デボネアに代わる新たなフラッグシップの「プラウディア」と、そのストレッチ版の「ディグニティ」が登場する。
ディグニティはホイールベース3080mm、全長5335mm、全幅1870mmという、長さではセンチュリーを上回るボディーに、4.5リッターのV8エンジンを搭載。名実ともにプレジデントやセンチュリーに対抗できるモデルの出現に三菱グループの役員が喜んだのもつかの間、リコール隠し問題に端を発する急激な経営状態の悪化によって、翌2001年にはプラウディアともども生産中止の憂き目に遭う。

ディグニティの生産台数はわずか59台と言われ、残存車両は相当に希少な存在である。

1986年、22年ぶりにフルモデルチェンジされた「三菱デボネアV」。中級サルーンの「ギャランΣ」のプラットフォームを流用したため駆動方式はFFとなり、エンジンはV6 SOHC 2リッターまたは3リッター。先代より大幅にグレードが増え、オーナー需要の拡大を狙っていた。韓国でも「ヒュンダイ・グレンジャー」としてライセンス生産された。
1986年、22年ぶりにフルモデルチェンジされた「三菱デボネアV」。中級サルーンの「ギャランΣ」のプラットフォームを流用したため駆動方式はFFとなり、エンジンはV6 SOHC 2リッターまたは3リッター。先代より大幅にグレードが増え、オーナー需要の拡大を狙っていた。韓国でも「ヒュンダイ・グレンジャー」としてライセンス生産された。 拡大
1992年、名称を「デボネア」に戻して登場した3代目。ベース車両は税制改正を受けて誕生した3ナンバー専用車の「ディアマンテ」で、必然的に3ナンバーサイズとなったボディーに、V6 SOHC 3リッターおよび同DOHC 3.5リッターエンジンを積む。
1992年、名称を「デボネア」に戻して登場した3代目。ベース車両は税制改正を受けて誕生した3ナンバー専用車の「ディアマンテ」で、必然的に3ナンバーサイズとなったボディーに、V6 SOHC 3リッターおよび同DOHC 3.5リッターエンジンを積む。 拡大
「デボネア」の後継モデルとして2000年に登場した、ヒュンダイとの共同開発による「プラウディア」のストレッチ版が「ディグニティ」。4.5リッターのV8 DOHCエンジンで前輪を駆動する国産車史上最大のFF車である。価格は999万円と当時の「センチュリー」のトップグレード(997万円)より高かった。
「デボネア」の後継モデルとして2000年に登場した、ヒュンダイとの共同開発による「プラウディア」のストレッチ版が「ディグニティ」。4.5リッターのV8 DOHCエンジンで前輪を駆動する国産車史上最大のFF車である。価格は999万円と当時の「センチュリー」のトップグレード(997万円)より高かった。 拡大
「ディグニティ」のインテリア。事実上ストレッチリムジンであり、FFのためフロアトンネルがないこともあって、後席スペースの広さは随一。シートは本革張りで、リアリクライニングやオットマン機構も備わっていた。
「ディグニティ」のインテリア。事実上ストレッチリムジンであり、FFのためフロアトンネルがないこともあって、後席スペースの広さは随一。シートは本革張りで、リアリクライニングやオットマン機構も備わっていた。 拡大

撤退と復活、そして今後は?

トヨタは2005年から日本国内でもレクサスブランドの展開を始めたが、2007年にはフラッグシップである「LS」に5リッターV8エンジン+モーターのハイブリッドシステムを積んだ「LS600h」を追加。そのLWB版である「LS600hL」のホイールベースはセンチュリーをも凌(しの)ぐ3090mmで、高級車とはいえドライバーズカー主体だったレクサスとしては、初めてショーファードリブンを打ち出したモデルだった。ハイブリッドの環境コンシャスなイメージもあって、内閣総理大臣の公用車として採用されたのをはじめ、評判は上々。センチュリーより高価格であるにもかかわらず、セールスでも上回っている。2008年には同じボディーに4.6リッターV8を積んだ「LS460L」も加えられている。

2010年に3代目「プレジデント」を生産終了して以来、ショーファードリブンにふさわしいモデルがなかった日産。2012年になって、3.5リッターV6ハイブリッドを積んだフラッグシップセダンである「フーガ ハイブリッド」をストレッチし、内外装をより高級に仕立てたモデルを、3代目プレジデントと同時に消滅していた「シーマ」の名で登場させた。ホイールベースはフーガより150mm長い3050mmで、これは日産製乗用車としては過去最長だった2代目プレジデントの3030mmを上回る。
シーマを名乗るとはいえ、先代までの歴代シーマは高級ドライバーズセダンであり、復活した新型は事実上プレジデントの後継モデルと言える。なおこの新型は三菱にOEM供給され、前述した、誕生からたった1年で消え去った「ディグニティ」の名で販売されている(同時に登場したフーガの三菱版は「プラウディア」)。

以上、国産ショーファードリブンカーの歴史を、大まかに振り返ってみた。需要が限られているゆえ種類は少なく、一部の例外を除いてモデルの寿命も長いが、それでも歴史が半世紀を超えるとなれば、これだけの変遷があるというわけだ。近年では大型セダンではなく、大型ミニバンをショーファードリブンカーに使うケースも見受けられるが、果たして今後は市場にどんな展開が見られるのだろうか。

(文=沼田 亨)

2007年に登場した「レクサスLS600hL」。ボディーサイズはセンチュリーより若干小さいものの、2013年9月現在の価格は1550万円とセンチュリーの1219万円より300万円以上も高く、国産最高価格である。
2007年に登場した「レクサスLS600hL」。ボディーサイズはセンチュリーより若干小さいものの、2013年9月現在の価格は1550万円とセンチュリーの1219万円より300万円以上も高く、国産最高価格である。 拡大
「レクサスLS600hL」(5人乗り)のインテリア。シートはセミアニリン本革張りで、木目パネルとのコンビネーションにより6色が用意されている。この5人乗りのほか、後席を大きなセンターコンソールが分断する4人乗り仕様もある。
「レクサスLS600hL」(5人乗り)のインテリア。シートはセミアニリン本革張りで、木目パネルとのコンビネーションにより6色が用意されている。この5人乗りのほか、後席を大きなセンターコンソールが分断する4人乗り仕様もある。 拡大
2012年に登場した現行「日産シーマ」。「フーガ ハイブリッド」のストレッチ版だが、フロントグリルやバンパー、リアガーニッシュなどを独自のデザインとして差別化を図っており、生産工程における塗装や組み立ても一段と入念に行われている。価格は標準モデルで735万円。
2012年に登場した現行「日産シーマ」。「フーガ ハイブリッド」のストレッチ版だが、フロントグリルやバンパー、リアガーニッシュなどを独自のデザインとして差別化を図っており、生産工程における塗装や組み立ても一段と入念に行われている。価格は標準モデルで735万円。 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 プレジデント の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。