第200回:国産ショーファードリブンカー50年史(後編)

2013.09.17 エディターから一言
 

ニッポンのショーファードリブンカーをめぐる長編エッセイ。前編に続き、トヨタ、日産、三菱の3社が紡いできたその歴史を振り返る。

1990年、四半世紀ぶりにフルモデルチェンジした2代目「日産プレジデント」。ボディーは「インフィニティQ45」のホイールベースを150mmストレッチしていたが、92年にはQ45と同サイズのボディーを持つJSシリーズも加えられた。価格は860万円と、先代の最終型「ソブリンVIP」より300万円以上も高くなった。
1990年、四半世紀ぶりにフルモデルチェンジした2代目「日産プレジデント」。ボディーは「インフィニティQ45」のホイールベースを150mmストレッチしていたが、92年にはQ45と同サイズのボディーを持つJSシリーズも加えられた。価格は860万円と、先代の最終型「ソブリンVIP」より300万円以上も高くなった。 拡大
2代目「プレジデント」のインテリア。シート地はこのシルクウールが標準で、オプションで本革(日本製と英国コノリー社製の2種)が用意された。リアセンターコンソールには、6インチのテレビも標準で備わる。
2代目「プレジデント」のインテリア。シート地はこのシルクウールが標準で、オプションで本革(日本製と英国コノリー社製の2種)が用意された。リアセンターコンソールには、6インチのテレビも標準で備わる。 拡大

ふたたび優位に立つも

前編からの続き
販売台数で引き離され、「トヨタ・センチュリー」の背中が遠ざかりつつあった1990年、「日産プレジデント」は25年ぶりに世代交代を果たす。2代目は専用設計ではなく、前年にデビューした、まったく新しい高級車である「インフィニティQ45」をベースとしていた。そのホイールベースを150mm延ばし、グリルレスが特徴だったQ45に対して、フロントグリルを与えることによって落ち着いた雰囲気にアレンジ。4.5リッターのV8エンジンや、量産車としては世界初となる油圧アクティブサスペンションといったメカニズムはQ45と同じだったが、装備は一段と豪華になっていた。

ベースとなったインフィニティQ45が高級車としては冒険したモデルだっただけに、2代目プレジデントも「ショーファードリブンカーしての威厳に欠ける」という声もあった。それでも最新の設計であることは強みで、対センチュリーのセールスは再び逆転する。

93年には全長を約50cmストレッチしたオーテックジャパン製のリムジンも追加されるが、97年にセンチュリーが世代交代すると、たちまち形勢は不利に。後継車がないまま、2002年には生産終了してしまった。

日産 プレジデント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.25 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    長年受け継いできた「ブルーバード」の名を捨て、新たな出発を切った新型「シルフィ」。「60代の男性」をターゲットに掲げ、オーソドックスなセダンの本懐を磨いたというその仕上がりを試した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ティアナ350JM(CVT)【ブリーフテスト】 2004.8.10 試乗記 ……362万5650円
    総合評価……★★★

    「モダン・リビング」を標榜し、低迷久しいセダン市場で健闘中の「日産ティアナ」。トップモデル「350JM」に、別冊CG編集部の道田宣和が乗った。


ホームへ戻る