第16回「ポルシェ・ボクスターS」(後編)

2013.09.20 水野和敏的視点

「欠点」が「楽しさ」へ

「ボクスター」と「ケイマン」の成り立ちは非常に似ています。しかし、走りではそれぞれに特徴があります。

オープンボディーのボクスターは、ボディーの後部がねじれに対してやや弱く、そのせいで「リアの遅れ」が見られます。一方、ケイマンはクーペなのでボディーがしっかりしており、リアの遅れがほとんどない。そのためサーキットではケイマンの方がずっと速く、限界付近のスタビリティーも相当なレベルにあります。

でも、箱根のターンパイクのように、それほど大きい限界入力の入らない一般道では、むしろボクスターの方が運転していて楽しいし、バランスがとれています。

フロントの応答ゲインの遅れと、ボディーのよじれによるリアの遅れが、かえってうまい具合に調和し、バランスしています。フロントの反応の遅れや押し出し感が、クルマ全体として薄められているのです。ステアリングを切っていく際のフロントの遅れに、リアの遅れがピッタリと重なって、自然なハンドリングを作り出す……そんな感じです。クルマの「欠点」とも言える部分が、むしろコーディネートされて「楽しさ」に変わっていますね。

こうした絶妙なバランス感覚の楽しさを作りだすためには、会社によって決められた平坦なテストコースで、規定通りの走行実験をして開発したような気になっていてはだめで、あらゆるところを十分に走り込んで開発しないとできません。本気で作ったスポーツカーだから出せる味。結局、会社に対してではなく、お客さまに対するまじめなクルマ作りが、乗っていて楽しいクルマを作りだすのだとつくづく感じさせられます。

ポルシェは、「911」、そしてケイマン、ボクスターと、3種類のスポーツカーのキャラクター作りに成功しています。作り手に、それぞれのクルマを走らせるシーンとお客さま像について、具体的なイメージがあるからでしょう。乗った瞬間、「コレはニュルを攻めるクルマだ」とか「ターンパイクで楽しむクルマだ」とわからせる。作り手に意志がなかったら、クルマに結果は出ません。


第16回「ポルシェ・ボクスターS」(後編)の画像 拡大

第16回「ポルシェ・ボクスターS」(後編)の画像 拡大
ポルシェ・ボスクターS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円
ポルシェ・ボスクターS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る