第28回「アバルト・プント スーパースポーツ」

2013.12.13 水野和敏的視点

ドライバーをその気にさせる!

「スポーツ」をキーワードに、日本、ドイツ、イタリアのスポーツモデルを見ていく「水野和敏的視点」。今回は、イタリアのホットモデル「アバルト・プント スーパースポーツ」(6MT:309万円)です。

プント スーパースポーツは往年のアバルト同様、イタリアの大衆ハッチに手を入れたモデルで、1.4リッターターボの最高出力は、ノーマルプントの163psから180psへとアップ。最大トルクも、25.5kgmから27.5kgmへと太らされています。
ボディーカラーは、「グリージョ・カンポヴォーロ」と呼ばれる地味派手なグレー。ボンネットからルーフにかけて走るストライプは、WRC(世界ラリー選手権)で活躍した「124スパイダー」にちなんだものだとか。「124スパイダーは、2シータースポーツでは?」などと、やぼなことは言いっこなし。マット塗装のブラックホイールと併せ、なかなか粋じゃありませんか!

ドアを開けると、「うわぁ、おもしれぇ!」と、思わず声がでます。シートやシフトレバーのブーツに、赤と黄色、二重のステッチが施されています。いわずもがな、ですが、アバルトのエンブレムとコーディネートしているんですね。こういう色の使い方って、なかなかできるもんじゃありません。

さらに同じカラーが、メーター内にも反復されます。これなら、乗っていて飽きないでしょう。見た瞬間、座った瞬間、走りだした瞬間から、ドライバーをその気にさせる。楽しませる。それも、スポーツモデルの立派な性能です。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る