第42回「BMW 523d Mスポーツ」

2014.03.28 水野和敏的視点

クリーンディーゼルの導入に熱心なBMW

今回は「BMW 523d Mスポーツ」に試乗します。車名からも分かる通り、ディーゼルエンジンを搭載するモデルで、排気量は2リッター。トランスミッションは8段ATです。

早いものでこの連載も42回目となりますが、ディーゼル車のテストは、実は今回が初めて。皆さんは意外に思うかもしれませんが、私はヨーロッパにいるときは、いつもディーゼルエンジン車を使っています。レンタカーを利用するときも、ガソリン車が用意されていると、あえてディーゼルに替えてもらっているぐらいなんです。その理由は簡単。給油回数の少なさと、200km/h走行時における快適性と安心感の高さに魅力を感じているのです。

私はヨーロッパではほとんど飛行機を利用しません。オランダから南仏までであってもクルマで移動します。ガソリン車だと給油は1日に1回、特にアウトバーンを多用すれば1日に2回は必要になりますが、ディーゼル車なら2日に1回で済みますし、給油後、ドライブコンピューターはいつも1300km程度走行可能であることを示しています。

また、ディーゼル車なら200km/hで走っていてもエンジン回転は3500rpm以下ですが、ガソリン車だと4000rpm以上になる場合が多く、一日中走っていると、この差は快適性の面でとんでもない差になります。もちろん、高速になればなるほど、燃費にだって差が出ます。

その一方で、少しゆっくりと130km/hでクルーズコントロールをセットして走っていれば、例えばメルセデス・ベンツの「Eクラス」なら20km/リッター程度の燃費が表示され続けます。私は個人的にはディーゼル乗用車のファンなのです。

輸入車の分野だけでなく、わが国の乗用車市場へのディーゼルモデル導入の先鞭(せんべん)を付けたのはメルセデス・ベンツでしたが、後発のBMWも、いまでは負けず劣らず、熱心にディーゼルモデルをラインナップしています。
今回試乗する5シリーズセダンは4気筒ディーゼル(184ps、38.7kgm)ですが、5シリーズのクロスオーバー版たる「X5」には、「X5 xDrive35d」として、3リッターの6気筒ディーゼル(258ps、57.1kgm)が用意されます。4気筒と6気筒、いずれもアルミ合金のクランクケースを用い、精緻な燃料噴射を可能とするコモンレールインジェクションを採用。気になる燃費は、523dが16.6km/リッター、X5 xDrive35dが13.8km/リッターです(いずれもJC08モード値)。


第42回「BMW 523d Mスポーツ」の画像 拡大
写真は同型車のもの。試乗車のものではありません。(写真=BMW)
写真は同型車のもの。試乗車のものではありません。(写真=BMW)
    拡大
BMW 523d Mスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4920×1860×1470mm/ホイールベース:2970mm/車重:1780kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:184ps/4000rpm/最大トルク:38.7kgm/1750-2750rpm/タイヤ:(前)245/45R18 (後)275/40R18/価格:683万円(消費税5%込み)
BMW 523d Mスポーツ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4920×1860×1470mm/ホイールベース:2970mm/車重:1780kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:184ps/4000rpm/最大トルク:38.7kgm/1750-2750rpm/タイヤ:(前)245/45R18 (後)275/40R18/価格:683万円(消費税5%込み)
    拡大
関連記事
  • BMW 3シリーズ 2011.10.17 画像・写真 2012年に発売が予定される、新型「BMW 3シリーズ」の姿を写真で紹介する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • ファンがどよめくFUNな一台 「マツダ・ロードスター990S」は買いなのか? 2022.1.17 デイリーコラム 2021年の年末の発表以来、多くのクルマ好きから注目されている「マツダ・ロードスター990S」。軽量化や足まわりのチューニングにより「さらに軽快な走りを追求した」というのだが……。ロードスター好きの、識者の印象は?
  • マツダCX-5 25Sスポーツアピアランス/CX-5 XDフィールドジャーニー【試乗記】 2022.1.11 試乗記 マツダが「CX-5」を大幅改良! 同時に、スポーティーな「スポーツアピアランス」とアクティブな「フィールドジャーニー」という、2つの新モデルを設定した。マツダとしては珍しいこれらの施策の成否やいかに? 実際に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • マセラティ・ギブリ トロフェオ(FR/8AT)【試乗記】 2022.1.5 試乗記 名門マセラティといえどもクルマの電動化の大波から逃れることはできないのだが、やはり伝統のマルチシリンダーユニットは格別の味わいだ。最高出力580PSのV8ツインターボエンジンを積んだ「ギブリ トロフェオ」のパワーとサウンドに身をゆだねてみた。
ホームへ戻る