第44回「フェラーリ458スパイダー」

2014.04.11 水野和敏的視点

2シーターミドシップとしては「世界初」

「フェラーリF12ベルリネッタ」の試乗で始まった当連載「水野和敏的視点」も、早いもので今回で44回を数えました。連載開始(第1回は2013年6月7日に公開)から10カ月間で試乗した車両は40台。F12ベルリネッタや「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」(現マクラーレン12Cスパイダー)などのスーパーカーから、その時々で話題になったスポーツカーやセダン、ハイブリッドカー、SUV、ミニバン、そして軽自動車にいたるまで、あらゆるカテゴリーのクルマたちを取り上げてきました。

そこで今回のテーマなのですが、陽気もがぜん春らしくなってきましたし、ここはひとつ連載の原点に返ってみるというのはどうでしょうか。

今回から3回にわたり、ロードカーの頂点に君臨するスーパーカーに試乗します。そのトップバッターは「フェラーリ458スパイダー」。残りの2台は、次回以降のお楽しみ! ご期待ください。

さて、早速458スパイダーを見ていきましょう。このモデルは言うまでもなく、クーペモデル「458イタリア」のオープンバリエーションです。2011年のフランクフルトモーターショーで世界初公開されました。その先代モデルに相当する「F430スパイダー」では電動のソフトトップが採用されていましたが、458スパイダーではいわゆるリトラクタブルハードトップとなりました。2シーターミドシップとしては「世界初!」とうたわれています。アルミのルーフは2分割構造となっており、わずか14秒でキャビンの背後に無駄なく、そしてきれいに収納されます。ほかのスポーツクーペのように、収納のためにデザインシルエットが犠牲になっていないのが素晴らしいところです。

エンジンは4.5リッターのV型8気筒、ゆえに「458」と命名されました。バンク角90度の自然吸気ユニットで、最高出力は570ps/9000rpm、最大トルクは55.1kgm/6000rpmを発生します。なお、このスペックは458イタリアと変わりません。

前置きはこれくらいにして、いざ、ドアを開けて運転席に座ってみましょう。


第44回「フェラーリ458スパイダー」の画像 拡大

第44回「フェラーリ458スパイダー」の画像 拡大

第44回「フェラーリ458スパイダー」の画像 拡大
フェラーリ458スパイダー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4527×1937×1211mm/ホイールベース:2650mm/車重:1430kg(乾燥重量。鍛造ホイールとレーシングシート装着時)/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:570ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)295/35ZR20/価格:3150万円(消費税8%込み)
フェラーリ458スパイダー
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4527×1937×1211mm/ホイールベース:2650mm/車重:1430kg(乾燥重量。鍛造ホイールとレーシングシート装着時)/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:570ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)295/35ZR20/価格:3150万円(消費税8%込み)
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マセラティが新型コンパクトSUV「グレカーレ」の発表を2022年春に延期 2021.10.19 自動車ニュース 伊マセラティは2021年10月18日(現地時間)、同年11月16日にイタリア・ミラノで予定していた新型SUV「グレカーレ」の発表を、2022年春に延期すると発表した。半導体の供給不足などが発表延期の理由とされている。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】 2021.10.15 試乗記 超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る