第89回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)

2015.02.27 水野和敏的視点

3120万円のフラッグシップクーペ

今回はメルセデス・ベンツの豪華な大型クーペ「Sクラスクーペ」を取り上げます。以前はSクラスと切り離して「CLクラス」を呼ばれていましたが、2014年に新型が発売されるにあたり、「Sクラスクーペ」の名前が復活しました。公的なクルマの頂点が「Sクラスセダン」だとしたら、パーソナルユースの極みが「Sクラスクーペ」というわけです。

日本には、4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps、71.3kgm)搭載の四輪駆動モデルである「S550 4MATICクーペ」、5.5リッターV8ツインターボ(585ps、91.8kgm)の「S63 AMG 4MATICクーペ」、6リッターV12ツインターボ(630ps、102.0kgm)を積む「S65 AMGクーペ」がラインナップされます。価格は、順に1690万円、2400万円、そして3120万円。今回のテスト車は、6リッター12気筒のS65 AMGクーペです。

早速、運転席に着いてみます。まず目につくのは、横長なメーターナセルの下に並ぶ大きな液晶ディスプレイ。言うまでもなく、メーター類やナビゲーションシステムの地図、車両情報などが表示されます。

見るからに先進的な装備ではありますが、ちょっと残念なのが、ディスプレイの枠が単なる黒い樹脂であること。汎用(はんよう)品でパーツのコストもまだ高いということは、もちろん理解できます。でもこれは、3000万円を超えるぜいたくなパーソナルカーなのです。例えばインテリアのパネル類に合わせてコーディネートされていたら、どんなに素晴らしいことでしょう。少しもったいない気がします。

 
第89回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像 拡大
 
第89回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円
メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円 拡大
 
第89回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像 拡大
関連記事
  • メルセデス・ベンツS550 4MATIC クーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.3.9 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップクーペ「Sクラス クーペ」に試乗。「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」をコンセプトに掲げる2ドアモデルは、どんな走りを見せるのか? シリーズ中最も廉価な、1690万円(!)の「S550 4MATIC クーペ」で吟味した。
  • 改良型「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が上陸 2022.1.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2022年1月20日、マイナーチェンが施された「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本導入を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。デリバリーの開始時期は、同年2月ごろになる見込み。
  • アウディRS e-tron GT(4WD)【試乗記】 2022.1.19 試乗記 アウディのフラッグシップ電気自動車(BEV)「RS e-tron GT」に公道で試乗。さまざまなシチュエーションを織り交ぜたロングドライブを行い、同じDNAをもつ「ポルシェ・タイカン」とのちがいや電動4WDスポーツモデルの実力をチェックした。
  • 新型メルセデス・ベンツCクラス クーペ、発売 2016.3.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年3月14日、フルモデルチェンジした「Cクラス クーペ」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツCクラスクーペ 2015.8.14 画像・写真 独ダイムラーは2015年8月14日、同年12月の市場導入を予定している新型「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の概要を発表した。従来モデルより全長とホイールベースが拡大され、より流麗なスタイリングとなった新型の詳しい姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る