第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~

2015.03.10 JAIA輸入車試乗会2015

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に「フォード・マスタング」と、この価格帯なら「憧れだったあの一台」も夢ではない。インポートカー濃度がぐっと高まる400万~500万円のモデルの中で、webCG編集部が注目したのがこちらだ。

性能と効率
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION……446万1000円

「ライストゥン」いうグレード名、どこかの米どころにある自治体が作ったゆるキャラみたいな名前だが、「性能」「効率」を意味するドイツ語だ。
ただでさえ性能・効率に背広を着せたみたいなフォルクスワーゲンが、わざわざライストゥンと名付けたのだから期待も高まる。

「ティグアン」の4WDモデルはこの2年間ほど、派手めなルックスの「2.0 TSI R-Line 4MOTION」しかラインナップされておらず、「普通の4WD」は久しぶりの復活なのである。
つまりシンプルで実直な4WDのティグアンを欲していた人にとっては「待ってました!」に違いない。そういった事情もあってのライストゥンというネーミングなのだろう。

以前試乗した1.4リッターターボ+FF(前輪駆動)の「TSIブルーモーションテクノロジー」がとても好印象で、「これで十分だ」と思ったのだが、やはり2リッターターボの余裕ある走りは魅力的。4MOTIONの実力については、春のような日差しがそそいでいたこの日に確かめることはできなかったが、言うまでもなく積雪地域で暮らす人にとって走破性は基本性能だ。
いかにもフォルクスワーゲン然とした内装も、「遊びグルマ」としてのSUVと考えれば物足りないとも言えるが、純粋に道具としてSUVを使いたい人には、好意的に受け取られるのではないだろうか。
「ちゃんとした人のためのちゃんとしたクルマ」だなというのが乗り終えての印象だった。

(文=工藤考浩/写真=峰 昌宏)

フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
ホームへ戻る