第94回:フェラーリ458スペチアーレ(後編)

2015.04.03 水野和敏的視点

このエンジンは素晴らしい!

前回に続き、フェラーリ458スペチアーレをテストします。ノーマル458の4.5リッターV8を徹底的にチューンし、最高出力を570psから605psに引き上げた、その名の通りスペシャルな458です

スペチアーレをドライブすると、すぐに「あ、これはいいな!」と思いました。新しい世代の“燃やし方”だと感じたのです。リッター当たり134psを絞り出すスペチアーレの8気筒は、圧縮比を12.5から14.1に上げています。パワーはもちろん、燃費も意識したのでしょう。キレイに燃えて、レスポンスもいい。

ひと昔前のフェラーリのエンジンは、燃料をたくさん吹いて、ちょっと“湿って”いて、反応もダランとしているけれど、「大排気量の音」でドライバーを楽しませているところがありました。

ところが、458スペチアーレは違いますね。リーンでキレイに燃えて、“乾いて”います。薄い混合気を高い比率で圧縮して、点火時期も早めに設定している。だから、レスポンスがすごくよくなっています。高回転域の伸びがいい。これはクレバーな進化ですね。燃費のいいF1エンジンの技術が生かされている、そう言っていいんじゃないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
ホームへ戻る