クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第332回:運転にまつわる“ちょっと特別な体験”を提供
「アウディドライビングエクスペリエンス」体験記

2016.01.20 エディターから一言
「アウディRS 7」ダブルレーンチェンジの講習を受ける。
「アウディRS 7」ダブルレーンチェンジの講習を受ける。 拡大

アウディが、本国ドイツでは1983年から実施しているユーザー向けのドライビングセミナー「アウディドライビングエクスペリエンス」を体験取材。低ミュー路での急ハンドル&急ブレーキと、スポーツ走行の“基本のき”の講習を通して、記者が感じたものとは?

取材会の舞台となった、富士スピードウェイのジムカーナコースの様子。
取材会の舞台となった、富士スピードウェイのジムカーナコースの様子。 拡大
AUDI AG公認インストラクターの田部雅彦(たなべ まさひこ)さん。
AUDI AG公認インストラクターの田部雅彦(たなべ まさひこ)さん。 拡大
まずは正しい運転姿勢の講習から。シートのスライド位置はペダルを奥まで踏んでもひざにある程度のゆとりがある辺り、ステアリングホイールは、いわゆる“12時”の場所を手でつかんでみて、ひじが伸びきらない位置がいい。
まずは正しい運転姿勢の講習から。シートのスライド位置はペダルを奥まで踏んでもひざにある程度のゆとりがある辺り、ステアリングホイールは、いわゆる“12時”の場所を手でつかんでみて、ひじが伸びきらない位置がいい。 拡大
アウディ車の場合、ステアリングホイールの握る位置は“9時15分”が推奨されている。特に「Sライン」などに装備されるDシェイプのステアリングホイールは、それに合わせた設計となっているので要注意。
アウディ車の場合、ステアリングホイールの握る位置は“9時15分”が推奨されている。特に「Sライン」などに装備されるDシェイプのステアリングホイールは、それに合わせた設計となっているので要注意。 拡大

雪道の走り方からサーキット走行まで

スタートの合図と同時にウエット路面にアクセル全開で進入。白いパイロンを通り過ぎたらスロットルオフと同時に右にハンドルを切って車線変更し、即座に左にハンドルを切ってもとの車線に戻る。とっちらかりかけたクルマの姿勢をESPの手を借りつつ(どちらかというとESPが主役?)必死になだめ、ゴールを示す緑のパイロンをどうにか通過。「これでよかったのかな?」と思っていると、助手席に座るインストラクターの田部雅彦さんが「グッドです」と声をかけてくれた。

これは、2015年12月に催されたアウディドライビングエクスペリエンス体験取材会でのひとコマ、ダブルレーンチェンジの講習の様子だ。アウディドライビングエクスペリエンスとはその名の通り、クルマの運転にまつわる“普段できないような経験”を提供してくれる、アウディ主催のドライビングセミナー、およびアクティビティープログラムである。

その内容は、例えば北海道のテストコースで氷雪路でのクルマの挙動を学んだり、はたまた低ミュー路でのドライビングや電子制御の効果を体験したり、サーキットでのクルマの走らせ方を学んだり……と多岐にわたる。果てはフィンランドの結氷した湖畔地帯で“極限のウインタードライビング”を学んだり、ミドシップのスポーツカー「R8」でアルプス地方をロングツーリングしたりといった、旅行代理店も真っ青な海外プログラムまで用意。今回取材したのはもちろん、最後に紹介したR8による魅惑のヨーロッパツアー……ではなく、低ミュー路での運転を学ぶ「“アクティブセーフティー”コース」と、レースへの参戦も視野に入れた「アウディレースエクスペリエンス」のプログラムである。

最初はフルスロットルが踏めない人もいる

最初に参加したのは“アクティブセーフティー”コースの2つの講習。低ミュー路におけるフルブレーキを踏みながらのレーンチェンジと、ダブルレーンチェンジである。

実を言うと、事前の説明で「今日体験するのは、セミナーの中でも初歩的な内容のものですから」と言われていたこともあり、記者はその内容を「自動車教習所で受けた急ブレーキの講習みたいなものかな?」と考えていた。しかし、実際に体験すると、それはもう少し、いや結構踏み込んだ内容だった。どちらの講習でも四方八方からかかる強烈なGに体を持っていかれそうになるし、フルブレーキを踏めばABSの「ガガガガ!」という音と振動に、「こんなことして、クルマ壊れちゃうんじゃないの!?」と違う意味で冷や汗をかく。
クルマに慣れている人はともかく、そうでない参加者はビックリするのではないかと思って田部さんに尋ねてみたところ、「パイロンのずっと手前でアクセルから足を離してしまう方もいるし、そもそもはじめはフル加速ができない方も珍しくありません」とのことだった。さもありなん。

もちろん、そうした人でもインストラクターがきちんとクルマの動かし方を教えてくれるので心配は無用。冒頭で触れた、ダブルレーンチェンジで記者がクルマの挙動を乱してしまったことについても、「タイヤのグリップを無視してパキパキとハンドルを切ってしまったから」とアドバイスをいただいた。
「ハンドルだけに頼った操作では、フロントタイヤの向きが変わるだけでクルマは曲がりません。ハンドルはスムーズに、フロントタイヤのグリップが回復するのを感じながら操作しましょう」

取材会にて、「アウディドライビングエクスペリエンス」の歴史を説明する田部さん。日本では2001年6月にローンチされ、翌2002年に、女神湖にて氷結路の走行プログラムが開催された。
取材会にて、「アウディドライビングエクスペリエンス」の歴史を説明する田部さん。日本では2001年6月にローンチされ、翌2002年に、女神湖にて氷結路の走行プログラムが開催された。 拡大
「ハンドル操作はスムーズに」というアドバイスを受けて2本目の走行にのぞむ筆者。しかし今度は、ハンドル操作が足りずに車線変更しきれなかった。田部さんいわく「『スムーズに』と言うとみなさん操作が小さくなるんですよ。スムーズに、でも必要な分だけきちんとハンドルを切らないといけません」とのこと。
「ハンドル操作はスムーズに」というアドバイスを受けて2本目の走行にのぞむ筆者。しかし今度は、ハンドル操作が足りずに車線変更しきれなかった。田部さんいわく「『スムーズに』と言うとみなさん操作が小さくなるんですよ。スムーズに、でも必要な分だけきちんとハンドルを切らないといけません」とのこと。 拡大
ダブルレーンチェンジのコースをクリアする「RS Q3」。フルブレーキングからの車線変更もダブルレーンチェンジも、車重の軽いクルマのほうがはるかに操作が楽だった。
ダブルレーンチェンジのコースをクリアする「RS Q3」。フルブレーキングからの車線変更もダブルレーンチェンジも、車重の軽いクルマのほうがはるかに操作が楽だった。 拡大
 
第332回:運転にまつわる“ちょっと特別な体験”を提供 「アウディドライビングエクスペリエンス」体験記の画像 拡大

座学と実技で、クルマの走らせ方を学ぶ

続いて体験したのは、アウディレースエクスペリエンスの「トレーニングセッション」に含まれる、ステアリングワークの講習である。ちなみにアウディレースエクスペリエンスには、スポーツ走行を基礎から学ぶトレーニングセッションとサーキット走行を楽しむ「サーキットトライアル」の2つのプログラムが用意されており、モータースポーツ未経験者はトレーニングセッションを受けてからでないとサーキットトライアルには参加できない仕組みとなっている。

ステアリングワークの講習では、荷重の変化にともなうタイヤのグリップ力の増減と、そのグリップ力をいかに加減速や旋回に振り分けるかを、座学と、実際にクルマを動かして学ぶ。

実技については、仮想のレコードラインを想定して並べられたパイロンにそって、最短距離をできるだけ速く走る練習が行われる。ありていに言えば、小さなオーバルコースをぐるぐる回るだけなのだが、これが結構奥が深い。……などと偉そうに書いているが、恥をしのいで白状すると、最初に行われた反時計回りの走行では運転席からパイロンの位置が見えにくく、レコードラインにクルマを寄せるのさえ難しかった。自分の“車幅感覚オンチ”ぶりに落胆しつつ、逆回り(つまり時計回り)で行われる2本目に挑戦。ようやく、多少はレコードラインにそってクルマを走らせられるようになり、どうすればハイスピードで、かつアンダーステアを抑えて走れるか四苦八苦しているうちにタイムアップとなった。

ここで学ぶステアリングのまわし方やアクセルとブレーキの操作、荷重移動、スローイン・ファーストアウトのやり方、そしてそれらを総合した「コーナーで曲がりやすいクルマの姿勢を作る方法」などは、基本的には速度域やクルマの駆動方式などによって変わるものではないという。「2速ホールド、60km/h以下でもモータースポーツの練習はできる」とのことだった。

ステアリングワークの練習は、Rの異なる2つのコーナーを組み合わせた、小さなオーバルコースで行う。写真はコースについて説明するインストラクターの井尻 薫(いじりかおる)さん。
ステアリングワークの練習は、Rの異なる2つのコーナーを組み合わせた、小さなオーバルコースで行う。写真はコースについて説明するインストラクターの井尻 薫(いじりかおる)さん。 拡大

反時計回りで行う1本目は、運転席からパイロンが見えない怖さから、レコードラインにクルマを寄せられなかった。


	反時計回りで行う1本目は、運転席からパイロンが見えない怖さから、レコードラインにクルマを寄せられなかった。
	拡大
ようやく、多少はレコードラインにそって走れるようになった2本目の様子。前輪に荷重をかけようとしてブレーキを踏むあまり、タイヤのグリップを制動で使い切ってしまい、アンダーステアにおちいるということがしばしばあった。必要以上にブレーキを踏みすぎるという課題を認識できた。
ようやく、多少はレコードラインにそって走れるようになった2本目の様子。前輪に荷重をかけようとしてブレーキを踏むあまり、タイヤのグリップを制動で使い切ってしまい、アンダーステアにおちいるということがしばしばあった。必要以上にブレーキを踏みすぎるという課題を認識できた。 拡大
講習の最後に行われた余興のジムカーナ大会では、気合いが空回りしてスラローム用のマーカーを踏んづけて+3秒のペナルティーをもらってしまった。「タイムアタックなどでいつも以上にがんばろうとすると、みんな失敗するんですよ」という井尻さんの言葉が耳に痛い。
講習の最後に行われた余興のジムカーナ大会では、気合いが空回りしてスラローム用のマーカーを踏んづけて+3秒のペナルティーをもらってしまった。「タイムアタックなどでいつも以上にがんばろうとすると、みんな失敗するんですよ」という井尻さんの言葉が耳に痛い。 拡大

クルマ初心者を疎外しない雰囲気がいい

そもそもアウディドライビングエクスペリエンスは、ドイツでアウトバーンにおける事故が社会問題化したのを受けて始められたものだ。ついついスピードを出しがちなドライバーに対し、パイロンを倒すことで自分の運転を過信していたこと、クルマは怖い、思ったとおりに動かないということを知ってもらうというのがひとつの目的だった。

ただ、日本のプログラムで重視される点はそれとは少々異なるという。先ほどの田部さんによると、「日本では自分の運転に対して自信過剰な人はほとんどいません。だから日本のプログラムは、『スピードは控えめに』ではなく、『危機が迫っても最後まで操作をあきらめないこと』の大切さを知ってもらう内容としています」とのこと。そして「やったことのないことは、いざという時に出てきません。いざという時に動けるよう、あらかじめこうした場所で(クルマの動きを)経験しておくこと、そこで『なるほど』と分かっておけば、いざという時にパニックにならずにすみます」と、アウディドライビングエクスペリエンスの意義について教えてくれた。

一方のアウディレースエクスペリエンスは、日本ではまだ多いとはいえない、アウディのクルマでサーキット走行を楽しむ人、モータースポーツに参加する人を増やすために、この2016年からスタートする。今回の体験の感想としては、ポルシェやフェラーリのディーラーなどが主催するものと比べて、もう少しハードルが低く、気軽に参加できるものに思われた。特に今回体験したトレーニングセッションについては、「これからサーキット走行を学びたい」という初心者の人や、「自分が運転するクルマというものについて、もうちょっと知りたい」という姿勢の人も受け入れてくれそうな雰囲気を持ち合わせている。
富士スピードウェイまでのドライブがおっくうでない程度にはクルマ好きな人なアナタ、ぜひもう半歩、クルマ趣味に足を突っ込んでみてはいかがだろう。

(文=webCG 堀田/写真=荒川正幸)
 

会場に並べられたセミナー用の車両。なお実際のセミナーは、「アウディドライビングエクスペリエンス」についてはアウディが用意した車両で、「アウディレースエクスペリエンス」については参加者のマイカーで行われる。
会場に並べられたセミナー用の車両。なお実際のセミナーは、「アウディドライビングエクスペリエンス」についてはアウディが用意した車両で、「アウディレースエクスペリエンス」については参加者のマイカーで行われる。 拡大
“アクティブセーフティー”コースにて、ダブルレーンチェンジを行う田部さん。たとえ急ハンドルを切るような場合でも、操作はあくまでスムーズに。そうでなければ「RS 7」のようなハイテク満載のクルマでも、タイヤのグリップを失ってしまうのだ。
“アクティブセーフティー”コースにて、ダブルレーンチェンジを行う田部さん。たとえ急ハンドルを切るような場合でも、操作はあくまでスムーズに。そうでなければ「RS 7」のようなハイテク満載のクルマでも、タイヤのグリップを失ってしまうのだ。 拡大
「アウディレースエクスペリエンス」の「トレーニングセッション」について、「2速、60km/h以下でもクルマは滑るし挙動は変わる。まずは低速で練習して、そこからステップアップしていくことが大事」と語る井尻さん。
「アウディレースエクスペリエンス」の「トレーニングセッション」について、「2速、60km/h以下でもクルマは滑るし挙動は変わる。まずは低速で練習して、そこからステップアップしていくことが大事」と語る井尻さん。 拡大
 
第332回:運転にまつわる“ちょっと特別な体験”を提供 「アウディドライビングエクスペリエンス」体験記の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。