アウディ、世界初を含む8モデルを本邦初公開

2011.11.14 輸入車

アウディ、世界初を含む8モデルを本邦初公開

アウディジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーの出展車を発表した。同ブランドからは世界初公開モデル1台と、日本初公開モデル7車種が登場する。

アウディは東京モーターショーに、ワールドプレミアを含む計8車種の本邦初公開モデルを出展することを明らかにした。
ワールドプレミアカーの情報公開は、11月30日のプレスデイまでお預けとされたが、日本初公開モデルについてはその車名が明かされた。出展されるのは「A6ハイブリッド」「Q5ハイブリッド クワトロ」「R8 GTスパイダー」「Q3」「A5シリーズ」「S7スポーツバック」など。残りの1台はショー開幕まで“秘密”となっている。各モデルの概要は以下のとおり。

■A6ハイブリッド

「A6ハイブリッド」は、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmの直列4気筒ターボ「2.0TFSI」に、最高出力54ps、21.5kgmの電気モーターが組み合わされた、A6のハイブリッド車。モーター駆動で100km/hの最高速度と、60km/h定速走行で約3kmの航続距離を実現するEV走行のほか、エンジンのみを使った走行と、エンジン+モーターによるハイブリッド走行が可能。V6ガソリン車並みのパワーと4気筒車並みの経済性の両立が図られている。同モデルは、2012年中に生産が開始される予定だ。

■Q5ハイブリッド クワトロ

「Q5ハイブリッド クワトロ」は、ミッドサイズSUV「Q5」のトップモデルとなるハイブリッド車だ。パワーユニットはA6ハイブリッド同様、2.0TFSI(211ps)にモーター(54ps)を組み合わせたパラレルハイブリッドシステムで、システム全体で245psを発生する。0-100km/h加速は7.1秒、最高速度は225km/hのパフォーマンスを持つ一方、燃費は6.9リッター/100km(=14.5km/リッター)、CO2排出量は159g/km(数値は欧州仕様車のもの)と、クラストップレベルの環境性能が追求されている。

■R8 GTスパイダー

「R8 GTスパイダー」は、2011年7月に日本で発表された「R8 GT」のオープンカーバージョン。カーボンパーツの採用をはじめとする徹底した軽量化により、車重は「R8スパイダー」より約85kg軽い1640kgを実現。最高出力560ps、最大トルク55.1kgmの5.2リッター直噴V10エンジンをミドに搭載する。パワー・ウエイト・レシオ2.93kg/psを誇る同モデルの性能は、0-100km/h加速が3.8秒、最高速度は317km/hと、まさにスーパーカーである。

■Q3

アウディの最新SUV「Q3」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4385×1831×1608mmと、Qシリーズのなかで最もコンパクト。特徴的なヘッドライトとリアコンビネーションランプ、クーペ風のルーフライン、エッジを強調したボディーサイドなどをデザイン上の特徴とする。本国仕様のエンジンは、2リッター直4ガソリンターボの「2.0TSI(170ps/211ps)」と2リッター直4ディーゼルの「2.0TDI(140ps/177ps)」で、ディーゼルの140ps仕様以外のモデルにはフルタイム4WDのクワトロシステムが搭載される(関連記事)。

■A5シリーズ

「A5クーペ」「A5スポーツバック」「A5カブリオレ」のマイナーチェンジモデルが東京モーターショーでお披露目される。新意匠のシングルフレームグリルやLEDドライビングランプを備えたヘッドライト、リアコンビネーションランプなど、アウディの新世代デザインを採用。機能面では、スタート&ストップ(アイドリングストップ)機能が全車に標準装備とされるほか、「A5スポーツバック」ではこれまで2座仕様のみだったリアシートに3座仕様が用意されるなどの改良が施される(関連記事)。

■S7スポーツバック

「S7スポーツバック」は、2011年5月に日本で発売された「A7スポーツバック」の高性能バージョン。新開発の4リッターV8直噴ツインターボエンジンは、最高出力420ps、最大トルク56.1kgmを発生。停止状態から4.9秒で100km/hに達する加速性能を持つ一方、「シリンダーオンデマンドシステム」などの低燃費化技術により、9.7リッター/100km(=10.3km/リッター)の燃費性能を実現するという。

(webCG 曽宮)

「Q5ハイブリッド クワトロ」
「Q5ハイブリッド クワトロ」 拡大
「A6ハイブリッド」
「A6ハイブリッド」 拡大
「Q5ハイブリッド クワトロ」
「Q5ハイブリッド クワトロ」 拡大
「R8 GTスパイダー」
「R8 GTスパイダー」 拡大
「Q3」
「Q3」 拡大
「A5シリーズ」
「A5シリーズ」 拡大
「S7スポーツバック」
「S7スポーツバック」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • 「アウディA6」と「A7スポーツバック」に2リッターディーゼル搭載の新グレード登場 2020.4.2 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年4月2日、「A6」「A6アバント」および「A7スポーツバック」にマイルドハイブリッド機構を組み込んだ2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車を追加設定し、同日、販売を開始した。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
ホームへ戻る