アウディ、世界初を含む8モデルを本邦初公開

2011.11.14 輸入車

アウディ、世界初を含む8モデルを本邦初公開

アウディジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーの出展車を発表した。同ブランドからは世界初公開モデル1台と、日本初公開モデル7車種が登場する。

アウディは東京モーターショーに、ワールドプレミアを含む計8車種の本邦初公開モデルを出展することを明らかにした。
ワールドプレミアカーの情報公開は、11月30日のプレスデイまでお預けとされたが、日本初公開モデルについてはその車名が明かされた。出展されるのは「A6ハイブリッド」「Q5ハイブリッド クワトロ」「R8 GTスパイダー」「Q3」「A5シリーズ」「S7スポーツバック」など。残りの1台はショー開幕まで“秘密”となっている。各モデルの概要は以下のとおり。

■A6ハイブリッド

「A6ハイブリッド」は、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmの直列4気筒ターボ「2.0TFSI」に、最高出力54ps、21.5kgmの電気モーターが組み合わされた、A6のハイブリッド車。モーター駆動で100km/hの最高速度と、60km/h定速走行で約3kmの航続距離を実現するEV走行のほか、エンジンのみを使った走行と、エンジン+モーターによるハイブリッド走行が可能。V6ガソリン車並みのパワーと4気筒車並みの経済性の両立が図られている。同モデルは、2012年中に生産が開始される予定だ。

■Q5ハイブリッド クワトロ

「Q5ハイブリッド クワトロ」は、ミッドサイズSUV「Q5」のトップモデルとなるハイブリッド車だ。パワーユニットはA6ハイブリッド同様、2.0TFSI(211ps)にモーター(54ps)を組み合わせたパラレルハイブリッドシステムで、システム全体で245psを発生する。0-100km/h加速は7.1秒、最高速度は225km/hのパフォーマンスを持つ一方、燃費は6.9リッター/100km(=14.5km/リッター)、CO2排出量は159g/km(数値は欧州仕様車のもの)と、クラストップレベルの環境性能が追求されている。

■R8 GTスパイダー

「R8 GTスパイダー」は、2011年7月に日本で発表された「R8 GT」のオープンカーバージョン。カーボンパーツの採用をはじめとする徹底した軽量化により、車重は「R8スパイダー」より約85kg軽い1640kgを実現。最高出力560ps、最大トルク55.1kgmの5.2リッター直噴V10エンジンをミドに搭載する。パワー・ウエイト・レシオ2.93kg/psを誇る同モデルの性能は、0-100km/h加速が3.8秒、最高速度は317km/hと、まさにスーパーカーである。

■Q3

アウディの最新SUV「Q3」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4385×1831×1608mmと、Qシリーズのなかで最もコンパクト。特徴的なヘッドライトとリアコンビネーションランプ、クーペ風のルーフライン、エッジを強調したボディーサイドなどをデザイン上の特徴とする。本国仕様のエンジンは、2リッター直4ガソリンターボの「2.0TSI(170ps/211ps)」と2リッター直4ディーゼルの「2.0TDI(140ps/177ps)」で、ディーゼルの140ps仕様以外のモデルにはフルタイム4WDのクワトロシステムが搭載される(関連記事)。

■A5シリーズ

「A5クーペ」「A5スポーツバック」「A5カブリオレ」のマイナーチェンジモデルが東京モーターショーでお披露目される。新意匠のシングルフレームグリルやLEDドライビングランプを備えたヘッドライト、リアコンビネーションランプなど、アウディの新世代デザインを採用。機能面では、スタート&ストップ(アイドリングストップ)機能が全車に標準装備とされるほか、「A5スポーツバック」ではこれまで2座仕様のみだったリアシートに3座仕様が用意されるなどの改良が施される(関連記事)。

■S7スポーツバック

「S7スポーツバック」は、2011年5月に日本で発売された「A7スポーツバック」の高性能バージョン。新開発の4リッターV8直噴ツインターボエンジンは、最高出力420ps、最大トルク56.1kgmを発生。停止状態から4.9秒で100km/hに達する加速性能を持つ一方、「シリンダーオンデマンドシステム」などの低燃費化技術により、9.7リッター/100km(=10.3km/リッター)の燃費性能を実現するという。

(webCG 曽宮)

「Q5ハイブリッド クワトロ」
「Q5ハイブリッド クワトロ」 拡大
「A6ハイブリッド」
「A6ハイブリッド」 拡大
「Q5ハイブリッド クワトロ」
「Q5ハイブリッド クワトロ」 拡大
「R8 GTスパイダー」
「R8 GTスパイダー」 拡大
「Q3」
「Q3」 拡大
「A5シリーズ」
「A5シリーズ」 拡大
「S7スポーツバック」
「S7スポーツバック」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る