クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第15回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その3)

2016.11.01 カーマニア人間国宝への道

BMWは美女ウケ抜群!

(その2)からのつづき
私にとって初めてのBMW、コミコミ279万円で購入したE90系「335iカブリオレ」は、イタフラ車マニアにとって未知のエリート感と未知のひ弱さ(納車当日にトランスミッションブチ壊れ)を発揮する異星人であったが、周囲の評判はすこぶるよく、特に美女の皆さまの評価が大変に高かったので、心の底から大満足だった。

やはりBMWのブランド力は凄(すさ)まじい。思えば、日本人が最も好む自動車ブランドはBMWだろう。

適度なステータス感と適度にスポーティーなイメージ、加えて適度に遊んでる感。中でも3シリーズのカブリオレはそのど真ん中であり、ひょっとして本邦で最もモテる可能性のあるクルマかもしれない。

まぁ、この場合の「モテる」は、美女が「キャー、ステキ~!」と抱きついてチューしてくれるとかそういうのではなく、「うわー、カッコ良すぎですネ~!」とか、「こんなのでいきなりオープンにされたら、やられた~って思います」とか、「BMWはやっぱり乗り心地がいいですね~(実はレグノのおかげ。元のランフラットだとドシンバタン)」とか、クルマについてプラス評価をしてくれるだけ。本人とはほぼ無関係だが、なんにせよ自分のクルマが美女に評価されるというのは、カーマニアにとって最高のヨロコビである。
その点においてBMW 335iカブリオレは、フェラーリよりもはるかに上手だった。美女の立場に立てば、フェラーリはいくらなんでもやり過ぎで、BMWくらいがちょうどいいのは想像に難くない。

「335iカブリオレ」での夜の首都高クルージングは最高だった。
「335iカブリオレ」での夜の首都高クルージングは最高だった。 拡大
オヤジふたり後席に陣取ってビヤホール気分。
オヤジふたり後席に陣取ってビヤホール気分。 拡大
モデル嬢の評価も大変に高かった。
モデル嬢の評価も大変に高かった。 拡大

恐るべしBMW

で、その335iカブリオレの収支は、フェラーリよりも上(安上がり)だったのか?

実は購入1年後あたりで、現行「320dツーリング」(中古)への買い替えを検討し、二つのBMWディーラーに下取り価格を見積もってもらったが、結果は「140万円」と「130万円」という悲惨なものだった。

購入時に支払った金額は279万円。それがわずか1年で半額になってしまうとは! いや、半額よりマイナス140万円というその絶対額が問題だ。フェラーリなら平均80万円/年で済んでいるのに、BMWは140万円! 冗談じゃねぇ!

あまりの下取り査定の低さに、320dツーリングへの買い替えはあきらめざるを得なかった。やはり恐るべしBMWである。

それから約半年後。私は「なんかいい中古車ないかな~」と、何の気なしにパソコンを開き、イタフラ車専門店「コレツィオーネ」の在庫リストを眺めてみた。

リストをスクロールしたところ、背筋に電気が走った。
「うおおおお! こ、これはあぁぁぁっ!」

そこには、私が探し求めていた理想の牛丼の姿があった。すなわち300万円以下のオシャレさんな欧州製小排気量ディーゼル乗用車である。

その名は、「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」! デルタといっても「インテグラーレ」じゃないよ、マルチジェットだよん。

「335iカブリオレ」の後席の風の巻き込みを低減すべく、ウインドディフレクターを自作。まずは通販で激安アクリル板を入手。
「335iカブリオレ」の後席の風の巻き込みを低減すべく、ウインドディフレクターを自作。まずは通販で激安アクリル板を入手。 拡大
ノコで切って両面テープでリアヘッドレストに固定。
ノコで切って両面テープでリアヘッドレストに固定。 拡大
後席の快適性が大幅に増した。
後席の快適性が大幅に増した。 拡大

理想の“牛丼”、ランチア・デルタ

最終デルタのディーゼル車については、以前から注目はしていた。あの超絶すぎる芸術的フォルムに、節約の1600ccディーゼルが搭載されているのだ。このステキ過ぎるミスマッチ感! ウルトラ激高いレア感もカーマニア心をくすぐる。

が、レアゆえか、デルタ ディーゼルの相場はなかなかに高かった。これまで何度か発見した個体はどれも300万円台中盤程度で、我が家訓を超えていた。

が、その日見つけたそのクルマは、たったの208万円だったのだ!

理由は5万2000kmという走行距離にあると推測されたが、こちとら多走行車は大好物だ。かつて11万kmのマセラティ(88万円)を買い、あるいは12万kmのプジョー(45万円)を買って大勝利を収めている。5万kmなんざ多走行にも入らない。ど真ん中のストライクだ。

これは今すぐ見に行くしかない。いや、本音を言えば今すぐ買いに行くしかない。だって今すぐ買わないと誰かに買われちゃうかもしれないから! オマエはすでにオレのものだぜ208万円のデルタ ディーゼルよ!

矢も盾もたまらず、BMWで「コレツィオーネ」に急いだ私だった。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信)

第13回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その1)
第14回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その2)
第16回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その4)

「デルタ」といっても「インテグラーレ」ではない。(写真=池之平昌信)
「デルタ」といっても「インテグラーレ」ではない。(写真=池之平昌信) 拡大
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」
 
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」
	  拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。