第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して

2017.02.11 エディターから一言

2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪も氷もお手のものといった4WDモデルから、いま話題の“新しいカタチの電気自動車”やスーパースポーツカーなどが勢ぞろい。氷上のスキッドパッド(旋回走行コース)やハンドリングコース、雪の積もった一般道でのテストドライブで、滑る路面に強かったのはどんなクルマ?

凍った湖の上でクルマを走らせる

長野県から山梨県へと連なる八ヶ岳連峰の、北端に位置する標高2531mの火山が蓼科山。それが別名“女の神山”と呼ばれるということから名付けられたのが、そこから4kmほど離れた、標高約1500mの高原に位置する女神湖だ。

そもそも「下流に広がる農地に水を供給するために開発された」というこの湖は、春から秋にかけては各種のボートやカヌー/カヤックなどが楽しめるリゾート地である。その一方で、冬になると厳しい寒さのために全面が結氷する。氷の厚さは40cm以上にもなり、クルマが乗っても十分な強度を備えるようになる。

そんな凍った湖上と、雪が積もる周辺の一般道を舞台に開催されたのが、今回の日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会だ。

極端に滑りやすい環境下で、「リーフ」や「ノートe-POWER」といった、日産ならではの“電動車両”を含めたさまざまなパワーユニットや駆動レイアウトを持つクルマが、どのような走りの特性を披露するのかを実際に乗って見極めてもらおう……。そんな趣旨に基づいたイベントと理解すればよさそうである。

氷上のハンドリングコース走行用に用意された4台。写真手前から「GT-Rプレミアムエディション」「ノートe-POWER X」「ジュークNISMO RS」「フェアレディZバージョンST」。
氷上のハンドリングコース走行用に用意された4台。写真手前から「GT-Rプレミアムエディション」「ノートe-POWER X」「ジュークNISMO RS」「フェアレディZバージョンST」。拡大
スキッドパッド走行用に用意された3台。手前から「スカイライン200GT-tタイプP」「エクストレイル20Xt」「リーフ30G」。
スキッドパッド走行用に用意された3台。手前から「スカイライン200GT-tタイプP」「エクストレイル20Xt」「リーフ30G」。拡大
女神湖周辺からは、日本アルプスを一望することができる。晴天にも恵まれ、試乗会は絶好の環境の下で開催された。
女神湖周辺からは、日本アルプスを一望することができる。晴天にも恵まれ、試乗会は絶好の環境の下で開催された。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート オーラ 2021.6.15 画像・写真 日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。同年秋の発売を前に、専用ワイドボディーやこだわりの内装を採用した新型プレミアムコンパクトの姿を写真で紹介する。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産が新型車「ノート オーラ」を発表 3ナンバーサイズのワイドボディーで高級路線を目指す 2021.6.15 自動車ニュース 日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。FWD車と4WD車をラインナップし、発売は同年秋を予定している。
  • 三菱自動車が「RVR」を一部改良 予防安全装備を強化 2021.7.15 自動車ニュース 三菱自動車は2021年7月15日、「RVR」を一部改良し、販売を開始した。安全装備の充実を図っており、「G」および「ブラックエディション」に、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付き)および後退時車両検知警報システムを標準装備としている。
ホームへ戻る