クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第3回:話題のモデルが続々登場!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~

2017.02.28 JAIA輸入車試乗会2017
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大

ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。

ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション
ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大

洗練よりも刺激でしょう
ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション……459万円

エンジンをスタートさせると、メーターパネルの液晶が赤と黄色のアクセントで彩られていた。表示されているのはシフトポジションとか0km/hの速度計なのに、どこかエマージェンシーな雰囲気を漂わせる。アルミニウム製のセンターパネルには、格子状の目が刻まれていて、こちらはレーシーな雰囲気を高める。運転席というより、コックピットという言葉が似合う場所だ。

このクルマはまず“R-DESIGN”というところが特別で、先に書いたアルミ製のセンターパネルや、少し引き締められたサスペンションを装備する。さらに“ポールスターエディション”ということで、ロムチューンが施されており、ベースの「V40 D4」よりも10psと4.1kgm強力な、最高出力200ps、最大トルク44.9kgmを発生する。専用のエキゾーストセットなども装備している。書くだけ書いたものの、ベースモデルに乗ったことがないので、比較はできなかった。

44.9kgmのトルクはだてではなく、ブレーキを少し緩めただけで、グイグイと前に出ようとする。試乗コースに入って、かなり“いい領域”までスピードを上げても、エンジンの回転数は2000回転くらい。1750-2250rpmで最大トルクを発生するので、8段のATが賢く走らせている。ディーゼルサウンドはそれなりに聞こえてくる。

僕はボルボというとまず洗練という言葉を思い浮かべるけど、洗練をレスオプションで少し薄めたような、こういう選択肢があるのはうれしい。

(文=webCG 藤沢/写真=峰 昌宏)

向こう側に「ゴルフ」が見えた
フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン……463万2000円

先代の「ティグアン」には、どこか「ゴルフ」から派生したクロスオーバーモデル的な風情が漂っていた。でもこの新型は、ちょっと様子が違っている。全幅がグッと広がり、見るからに立派になって、ゴルフとの関係を断ち切ったかのようである。今回試乗した「Rライン」ともなると、LEDヘッドランプのシャープな目つきに、キッとつぐんだ口元が作る表情がやけに立派で、格上の「パサート」に迫る雰囲気すら醸し出している。

現在、ティグアンにはこのRラインに加え、「ハイライン」と「コンフォートライン」が設定されているが、どれもエンジンは150psの1.4リッター直4ターボであり、駆動方式もFFのみ。見ようによっては、至ってシンプルな布陣である。

Rラインとハイラインという上位2グレードにはドライビングプロファイル機能が備わり、エコ/ノーマル/スポーツ/カスタムというドライビングモードが切り替えられるほか、オプションでアダプティブサスペンションのDCCも選べ、さらにはタイヤサイズが異なるが、違いといえばそれくらいのもの。19インチの立派なタイヤを履くRラインとて、乗員をスポーティーに揺さぶることはない。18インチのハイラインと、それほど変わらぬ印象だ。路面の不整をマイルドに飲み込み、室内の誰もが穏やかな気持ちでいられる、快適な乗り心地である。

それにしてもこのクルマ、エンジンが静かだ。道の流れに乗ってごくおとなしく一般道を流しているかぎり、1.4リッター直4ターボエンジンはその存在を一向に主張してこない。もちろん1540kgの車重に対して、実用トルクは十分にあるのだが、終始、脇役に徹しているかのようなのだ。

語弊を恐れずに言うなら、ティグアンはエンジンを楽しむクルマではない。ひとまわり広くなった室内を含めた、車両パッケージ全体の巧みさを体感すべきクルマである。……ってそれは、すなわちゴルフのことである。早く“ゴルフ7.5”に乗りたいな、と思った。

(文=webCG 竹下/写真=田村 弥)

フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン
フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大

駆けぬけない歓びもある
BMW 318iラグジュアリー……489万円

3気筒の「3シリーズ」って、どうよ? と、乗らずにはいられなかったのが「318iラグジュアリー」である。

BMW 3シリーズに対する一般のイメージは“スポーティーセダン”だと思うが、パワーユニットを問わず、そう感じることができるのか? おおいに興味があった。

318iが搭載する1.5リッター直3ターボの最高出力は136ps/4400rpmで最大トルクは22.4kgm/1250-4300rpm。「1シリーズ」や「2シリーズ」、MINIの「クーパー」などで実績を上げているエンジンだ。

この318i、想像通り決して速くはない。でも予想に反して(?)とても気持ちのいいクルマだった。エンジンはわずかな振動こそ伝えるものの、アクセルペダルを踏み込むと、静かに、滑らかに加速させる。乗り心地もいい。ドライビングモードで「コンフォート」を選ぶと、文字通り快適なドライブが楽しめる。FR車ならではの上質さも魅力だ。前輪に駆動力がかからないので、ステアリングフィールが繊細で洗練されている。

走っていてあらためて感じたのは、エンジンの存在感が薄いことだった。その存在をしっかり認識させるのは、アイドリングストップから目覚めるときだったというのは、なんだか皮肉である。

エンジンのキャラが立っていれば「これぞスポーティーセダン」と思わせ、そうじゃなくても、「選ぶ理由はある」と納得させる。それがBMWブランドの強さなのかもしれない。

(文=webCG こんどー/写真=峰 昌宏)

BMW 318iラグジュアリー
BMW 318iラグジュアリー拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大

スペックを超えた速さがある
アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ……589万円

僕が普段乗っているのは、2008年式の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」で、「ゴルフV」と呼ばれる世代のモデルである。2リッターターボエンジンは最高出力200ps、最大トルク28.6kgmを生み出し、高速道路の右車線で、流れを先導することも余裕でこなしてくれる。編集部でデスクを並べる先輩の「ダッジ・バイパー」ほどではないが、こと動力性能において不満を感じたことはない。

同じ2リッターターボの「アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ」に乗るにあたり、「きっとこんなもんかなー」と高をくくっていたら、比べ物にならないほど速くて驚いた。あとで調べたら、TTはウチのゴルフよりも最高出力で30ps、最大トルクで9.1kgm優っていて、車両重量は70kg軽い。さらに駆動方式が4WDとなる。(さらにウチのクルマは8年ほどの経年劣化が少々……)そりゃ速いわけだと思う一方で、数字以上の違いがあるという思いも隠せない。

まず感じたのはエンジンの吹け上がりの速さで、ピストンがとても軽く感じる(ような気がする)。あとは4つのタイヤが常にアスファルトにはりついていて、軽く踏み増しただけでも、タイムラグなく加速する。胸のすく走りとは、きっとこういうことなのだと思う。ただ、試乗コースの西湘バイパスでは、すぐに制限速度に達してしまい、その先の世界は試すことができなかった。

ウチは3人家族なので、万が一買える日が来たときのために、後部座席も試した。大人が乗る場合、“人間を詰め込む”という表現しか浮かばなかった。

(文=webCG 藤沢/写真=田村 弥)

アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ
アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第3回:話題のモデルが続々登場!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ TTクーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。