第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~

2017.03.22 JAIA輸入車試乗会2017
ベントレー・フライングスパーV8 S
ベントレー・フライングスパーV8 S拡大

ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。

 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大

“全能感”たっぷり
ベントレー・フライングスパーV8 S……2100万円

輸入車の世界には「1000万円のクルマ」がごろごろしているけれど、現実的にはどれも、多くの人が所有することのないぜいたく品だ。「ベントレー・フライングスパーV8 S」の価格は、その2台分+100万円。一体どんな人が選ぶのか? インポーターに問うてみれば、「法人として買われる方」がかなり多く、個人オーナーの平均年齢は(フライングスパーのV8モデル全体で)49歳だという。

2016年は、SUV「ベンテイガ」の国内セールスが85台と好調で、フライングスパーの需要が食われたのは確かなものの、その影響はさほど大きくなかったらしい。この4ドアサルーンの販売実績115台は、日本におけるベントレー車全体の3割近くを占めている。

実際に接してみると、「どうしてもコレがいい!」という人の気持ちが理解できる。大柄なボディーは横から見ると凸型のシルエットで、昨今はやりの4ドアクーペとは対照的。いかにも中でくつろげそうで、安心感がわいてくる。実際後席は、平均的な日本人なら足を組んで過ごせるほどの広さ。でも、「それならミニバンでもいいや」なんて考えは、50歳前後のパワーエリートにはないだろう。天井までレザーで覆われたぜいたくな室内空間は格別なムードだし……何より、運転席での気持ちよさが違う。

「V8 S」は、ノーマルのフライングスパーよりもシャープなステアリングや硬めのサスペンションが特徴だけれど、それでも乗り心地は快適そのもの。V8エンジンのハミングも心地いい。最大トルクの69.3kgmは1700rpmで発生。2.5tの車重を感じさせないほど軽やかに走る。この、圧倒的な余裕がもたらす“全能感”といったら……。2100万円の価格に値するかって? そんなお金を使ったことのない自分には、なんとも言えません。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
ホームへ戻る