第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~

2017.03.22 JAIA輸入車試乗会2017
ベントレー・フライングスパーV8 S
ベントレー・フライングスパーV8 S拡大

ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。

 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大
 
第8回:夢の世界をちょこっと拝見!輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像拡大

“全能感”たっぷり
ベントレー・フライングスパーV8 S……2100万円

輸入車の世界には「1000万円のクルマ」がごろごろしているけれど、現実的にはどれも、多くの人が所有することのないぜいたく品だ。「ベントレー・フライングスパーV8 S」の価格は、その2台分+100万円。一体どんな人が選ぶのか? インポーターに問うてみれば、「法人として買われる方」がかなり多く、個人オーナーの平均年齢は(フライングスパーのV8モデル全体で)49歳だという。

2016年は、SUV「ベンテイガ」の国内セールスが85台と好調で、フライングスパーの需要が食われたのは確かなものの、その影響はさほど大きくなかったらしい。この4ドアサルーンの販売実績115台は、日本におけるベントレー車全体の3割近くを占めている。

実際に接してみると、「どうしてもコレがいい!」という人の気持ちが理解できる。大柄なボディーは横から見ると凸型のシルエットで、昨今はやりの4ドアクーペとは対照的。いかにも中でくつろげそうで、安心感がわいてくる。実際後席は、平均的な日本人なら足を組んで過ごせるほどの広さ。でも、「それならミニバンでもいいや」なんて考えは、50歳前後のパワーエリートにはないだろう。天井までレザーで覆われたぜいたくな室内空間は格別なムードだし……何より、運転席での気持ちよさが違う。

「V8 S」は、ノーマルのフライングスパーよりもシャープなステアリングや硬めのサスペンションが特徴だけれど、それでも乗り心地は快適そのもの。V8エンジンのハミングも心地いい。最大トルクの69.3kgmは1700rpmで発生。2.5tの車重を感じさせないほど軽やかに走る。この、圧倒的な余裕がもたらす“全能感”といったら……。2100万円の価格に値するかって? そんなお金を使ったことのない自分には、なんとも言えません。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • ベントレー初のプラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」 欧州でデリバリーを開始 2019.10.2 自動車ニュース 英ベントレーは2019年10月1日(現地時間)、同社初となる市販プラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」のデリバリー開始を発表した。システム最高出力449PSを誇り、一充電あたりの純EV走行距離は39km、同航続可能距離は747kmに及ぶ。
  • 旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ 2020.1.22 デイリーコラム ベントレーの最上級サルーン「ミュルザンヌ」が、ついに生産終了に。名門の看板を担い続けたフラッグシップモデルの魅力と、その心臓部を担う特別なエンジン“ベントレーV8”の歴史を振り返るとともに、ベントレーのプレステージカーの今後に思いをはせる。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.6.20 試乗記 2015年のデビュー以来、超高級SUVとして存在感を示してきた「ベントレー・ベンテイガ」。その高性能版となるニューモデル「ベンテイガ スピード」が得たものとは? 母国イギリスのサーキットでチェックしてみた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
ホームへ戻る