【ジュネーブショー2018】イタリア勢のここに注目

2018.03.12 自動車ニュース
「フェラーリ488ピスタ」
「フェラーリ488ピスタ」拡大

エキゾチックなスーパーカーが数多く出品されるのがジュネーブモーターショーの大きな魅力。その代表格であるイタリアのフェラーリとランボルギーニは、それぞれ今回が初公開となるスーパースポーツを持ち込んだ。

「フェラーリ488ピスタ」
「フェラーリ488ピスタ」拡大
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」(写真=ランボルギーニ)
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」(写真=ランボルギーニ)拡大
「マセラティ・ギブリ ネリッシモエディション」
「マセラティ・ギブリ ネリッシモエディション」拡大
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオNRING」
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオNRING」拡大
「アバルト124GT」
「アバルト124GT」拡大
「フィアット500コレツィオーネ」
「フィアット500コレツィオーネ」拡大

華やかさでは一番!

フェラーリのニューモデルは「488ピスタ」。サーキットで培われた技術を詰め込んだスペシャルモデルで、「360チャレンジストラダーレ」や「458スペチアーレ」の後継モデルとなる。搭載される3.9リッターV8ターボエンジンの最高出力は720psに達し、フェラーリ史上最強のV8ユニットとなる。ベースとなる「488GTB」よりも90kgも軽量化されるだけでなく、大胆なエアロボディーによってダウンフォースが20%も増強されている。ステージに飾られた488ピスタにはプレスデーの最中は常に取材陣が張り付いており、注目度の高さを感じることができた。

ランボルギーニは、「ウラカン ペルフォルマンテ」のオープンモデルとなる「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」と、ブランド初となるSUVの「ウルス」をショーデビューさせた。ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーは最高出力640psの5.2リッターV10エンジン、ウルスは650psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。ハイパフォーマンスなうえに華やかでゴージャスな2台は、ジュネーブショーを彩る大きな華であった。

マセラティは、「ギブリ」と「クアトロポルテ」、そして「レヴァンテ」に、それぞれ特別仕様車である「ネリッシモエディション」を出品した。ネリッシモとはイタリア語の「黒」から生まれた造語で、「漆黒」を意味する。その名の通りのブラックアウトされた精悍(せいかん)なルックスが特徴だ。

アルファ・ロメオも同じく「ジュリア クアドリフォリオ」と「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の特別仕様車「NRING」を出品。NRINGとはニュルブルクリンクのこと。SUVクラス最速記録を記念するバッジが誇らしげに備え付けられている。

アバルトの注目は「124GT」。特徴はカーボンファイバーのトップを装着していること。わずか16kgのハードトップはボディー剛性アップにも貢献しているという。

フィアットの目玉は、新しい「500」のシリーズとなる「500コレツィオーネ」。タイムレスなデザインが特徴で、ハッチバックとコンバーチブルで展開される。欧州市場ではショー開幕直後の3月8日に発売されている。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ギブリ, ジュリア, 124スパイダー, 500, 488ピスタ, ランボルギーニ, マセラティ, アルファ・ロメオ, アバルト, フィアット, フェラーリ, モーターショー, 488GTB, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る