第530回:スバル車の船積み現場に密着!
クルマはかくして運ばれる

2018.10.18 エディターから一言
ふ頭に接岸する自動車運搬船と、船積みを待つスバルの輸出車両。
ふ頭に接岸する自動車運搬船と、船積みを待つスバルの輸出車両。拡大

世界有数の自動車大国である日本。今日では世界各地で現地生産を進めているものの、依然として日本国内からは、膨大な数の車両が輸出されている。工場で生産されたクルマはどのようにして海外へと運ばれていくのか? その最前線となる、船積みの現場に密着した。

日本国内で生産される800万台超の自動車のうち、約半数は海外へと輸出される。
日本国内で生産される800万台超の自動車のうち、約半数は海外へと輸出される。拡大
船内へと運び込まれる「スバル・クロストレック(日本名『XV』)」。スバルでは国内生産の約77%が海外向けと、他の日系メーカーと比べても輸出の比率が高い。
船内へと運び込まれる「スバル・クロストレック(日本名『XV』)」。スバルでは国内生産の約77%が海外向けと、他の日系メーカーと比べても輸出の比率が高い。拡大
輸出車両がずらりと並べられたふ頭と東扇島物流センターの様子。川崎港は、5港あるスバルの輸出拠点の中でも最大の規模を誇る。
輸出車両がずらりと並べられたふ頭と東扇島物流センターの様子。川崎港は、5港あるスバルの輸出拠点の中でも最大の規模を誇る。拡大

国内生産の約半数が輸出用

日本自動車工業会のデータによれば、昨年(2017年)日本で生産された四輪乗用車の総数は834万7836台で、そのうち約半分となる421万8429台が輸出されている。島国である日本からの輸送手段には、当然船舶が使われる。読者の方も、港へと陸送される左ハンドルの国産車を見かけたことがあるはずだ。ただ、工場から出荷されたクルマがどのような過程を経て海外へ運ばれるのか、具体的にイメージできる人はそう多くないだろう。今回、輸出されるスバル車の船積みの様子を見学する機会を得た。

スバルの2017年の国内総生産台数は、70万9643台。そのうちの54万8839台が輸出された。スバルの場合、国内生産の約77%が海外向けとなるわけだ。輸出先の中心となるのはやはり米国で、輸出全体の62%(2017年度実績)にも上る。特に最近は「クロストレック(日本名『XV』)」が好調だという。ニーズの多い米国での現地生産も強化しているが、それでも依然として輸出は多い。

群馬で生まれたスバル車は、輸出に向け、まずは関東近郊の港に運ばれる。仕向け地によって行き先は異なり、川崎、横浜、横須賀、千葉、常陸那珂(ひたちなか)の5拠点のいずれかとなる。ちなみに国内輸送では陸送と海上輸送の両方が使われている。今回見学に訪れたのは、最大の輸出拠点である神奈川・川崎港。すべての北米向け車両がここで荷役されている。

あなたにおすすめの記事
新着記事