第531回:“商品改良”によって最新技術を惜しみなく投入
改良型「マツダCX-5/CX-8」にチョイ乗りリポート

2018.10.26 エディターから一言
マツダの「CX-5」と「CX-8」の試乗会は栃木県栃木市のGKNドライブライン プルービンググラウンドで行われた。外周路やハンドリングコースを使って、短時間ながら改良モデルの出来栄えを確かめることができた。
マツダの「CX-5」と「CX-8」の試乗会は栃木県栃木市のGKNドライブライン プルービンググラウンドで行われた。外周路やハンドリングコースを使って、短時間ながら改良モデルの出来栄えを確かめることができた。拡大

2018年10月に相次いで改良を受けたマツダのSUV「CX-5」と「CX-8」。国内のマツダ車としては久しぶりにラインナップされたガソリンターボエンジンや、進化した車両運動統合制御技術の仕上がりを、クローズドコースでテストした。

2.5リッターガソリンターボエンジンを搭載した「CX-8」で外周路を周回する。ターボラグが小さいことや、自然吸気エンジンよりもトルクが豊かであることを体感できた。
2.5リッターガソリンターボエンジンを搭載した「CX-8」で外周路を周回する。ターボラグが小さいことや、自然吸気エンジンよりもトルクが豊かであることを体感できた。拡大
細かな改良も加えられており、「CX-5」「CX-8」とも車載インフォテインメントシステムが「Apple CarPlay」に対応した。
細かな改良も加えられており、「CX-5」「CX-8」とも車載インフォテインメントシステムが「Apple CarPlay」に対応した。拡大
上級グレードには、センターを液晶スクリーンとしたメーターパネルを採用している。
上級グレードには、センターを液晶スクリーンとしたメーターパネルを採用している。拡大

進化が止まらない

マツダの「商品改良」がすごい! フルモデルチェンジやマイナーチェンジと違って、見た目はほとんど変わっていないのに、パワートレインを大きく変えてきたり、話題の新技術を投入したりといった変更を毎年のように行っている。輸入車では「イヤーモデル制」としておなじみだが、マツダの商品改良は輸入車のそれをさらに上回る手の入れようである。

実際、今回用意されたCX-5とCX-8も改良点がてんこ盛り。主なポイントに触れるだけでこのエッセイの文字数をオーバーしてしまうので、内容についてはそれぞれのニュースをご覧いただくとして、早速テストコースで、最新のCX-5とCX-8の見どころをチェックするとしよう。
◆関連ニュース:マツダが「CX-5」を一部改良 2.5リッターターボモデルを追加設定
◆関連ニュース:マツダ、「CX-8」にガソリンモデルを追加設定

最初に試乗したのはCX-8。2017年9月に発表、同年12月に発売のCX-8にとって、今回が初の商品改良である。その一番のハイライトがエンジンの追加で、発売当初は2.2リッター直噴ディーゼルターボの「スカイアクティブ-D 2.2」だけだったラインナップに、2つの2.5リッター直噴ガソリンエンジンが加わったのだ。

ひとつは、すでにCX-5にも搭載される自然吸気の「スカイアクティブ-G 2.5」。そして、もうひとつが日本初導入となるターボの「スカイアクティブ-G 2.5T」だ。

2.5Tはすでに北米市場に導入されているもので、ノンターボの2.5が最高出力190ps/6000rpm、最大トルク252Nm/4000rpmであるのに対し、2.5Tは同230ps/4250rpm、同420Nm/2000rpmと大幅なパワーアップが図られている。今回はこの2台を乗り比べることができたのだが、最初に乗ったノンターボ仕様でも、2.5リッターという大排気量のおかげで低回転からトルクに余裕があるし、回せば自然吸気エンジンらしい気持ちよさがあって、これで十分という印象だ。

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ2/マツダ6/CX-5/CX-8ブラックトーンエディション 2020.12.3 画像・写真 マツダが「マツダ2」と「マツダ6セダン/ワゴン」「CX-5」「CX-8」に、ブラックとレッドのアクセントが目を引く「ブラックトーンエディション」を設定した。最近のマツダ車には見られなかった、スポーティーないでたちの特別仕様車を写真で紹介する。
  • 「マツダ2」が高効率な新ガソリンエンジン搭載 特別仕様車「サンリット シトラス」も登場 2021.6.24 自動車ニュース マツダは2021年6月24日、圧縮比を高めた新ガソリンエンジンを搭載するなど一部仕様変更したコンパクトカー「マツダ2」と、その特別仕様車「サンリット シトラス」を発表。同日、販売を開始した。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
ホームへ戻る