クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第115回:トヨタさまの猛省を促したいでちゅ

2018.12.11 カーマニア人間国宝への道

カーマニアだけが知らない世界

近所の東京トヨペットで、「アクア クロスオーバー」の試乗車に乗り、「やっぱり『アクア』だ~い好き♡」と思った私だったが、担当者から「アクアからアクアに乗り換えるお客さま、多いんですよ」という話を聞いて、驚倒したところまで書いた。

いったいナゼ、多くの国民の皆さま(そんなに多くはないと思うけど)は、わざわざアクアからアクアに乗り換えるのか!?

いや、考えてみれば自分も、「フェラーリ328GTB」から「328GTS」に乗り換えたことはある。確かにあるが、あの時は日本仕様と欧州仕様のエンジンフィールのあまりの違いに驚倒し、買い換えないわけにはいかなかったのだ。

さらに言えば、現在乗ってるのも328GTS(通算3台目)。さらにさらに言えば、「512TR」も都合3台乗り換えている。

「TR」の場合、最初は赤で、半年後に白の出物があったのでそれに乗り換えたのでした。んで10年くらいしてもう一度買いました。今度はワインレッドでした。

しかしそれとこれとは違う! フェラーリは人生を賭ける対象だからして、色違いとかエンジンフィール違いだけで十分に買い換える理由になるが、アクアからアクアじゃマニアックすぎませんか!? 

担当者(以下 担):ひとつには、残価設定ローンのお客さまのケースがありますね。

清水(以下 清):えっ?

近所の東京トヨペット店にて。
近所の東京トヨペット店にて。拡大
トヨタ・アクア クロスオーバー
トヨタ・アクア クロスオーバー拡大
筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ328」となる「328GTB」。
筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ328」となる「328GTB」。拡大
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ328」となる「328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ328」となる「328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
トヨタ アクア の中古車

クルマは慣れているものが一番

担:残価設定ローンの期間が終わった場合、残金をお支払いいただくか、おクルマをお返しいただくか、お乗り換えいただくことになるじゃないですか。で、お乗り換えいただく場合、「やっぱりアクアはよかったから」ということで、再度アクアをお買いになるお客さまが結構多いんです。

にゃ、にゃるほど~~~~~!

言われれば確かに、それはいかにもありそうだ。しかもそういうお乗り換えの場合、「月々のお支払額は、以前とまったく同じで大丈夫です!」というような感じになるのだろう。

となれば、3~5年間乗った愛車への愛着もあるだろうけど、それに乗り続けるために残額を一括払いするより、新しいアクアに乗り換えるほうを選んで当然だ。やっぱ女とクルマは新しいほうがええのうウッヒヒヒ~! みたいな感じで。別にアクアに限らず、「プリウス」でも「アルファード」でも「エスクァイア」でも!

担:あと、アクアの場合、今年から歩行者も検知できる自動ブレーキが付いたんですよ。それで、自動ブレーキがまた付いていなかったアクアから、新しいアクアへのお乗り換えが多いんです。

それもわかる~~~~~! 私も齢(よわい)五十六。いざという時は、藁(わら)にも自動ブレーキにもすがりたいでちゅから!

もちろんですね、カーマニアの場合、自動ブレーキの有無も大事だけど、どーせ買い換えるなら次は違うクルマにしようと思いますよね。同じフェラーリを3台×2組買ってる自分が言うのもなんですけど。

でも、でもでも、もしも自分がカーマニアじゃなかったら、「次も慣れてるクルマがいい」みたいなことを思うことは十分考えられる。私だって、仮に冷蔵庫が壊れた場合、置き場所の大きさとか考えて、「できればまったく同じ冷蔵庫が欲しいんだけど」ってことはありそうだから!

筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ512TR」。
筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ512TR」。拡大
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ512TR」。
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ512TR」。拡大
筆者がかつて所有していた3台目の「フェラーリ512TR」。
筆者がかつて所有していた3台目の「フェラーリ512TR」。拡大

大トヨタにモノ申す

担:アクアからアクアにお乗り換えの場合、ボディーカラーも希望ナンバーも同じにされる方がいらっしゃいますよ。

清:えええええーーーーーーーっ!?

担:たぶん、買い換えたことをご近所さんに気づかれたくないんだと思います。

そこまでひっそりとしたクルマの買い換えがこの世に存在するとは……。世間は広い! トヨタワールドは広大だ! わしもまだまだ甘ちゃんよのう。

ただ、アクアの自動ブレーキは、まだ全車標準装備ではない。ようやく今年になって歩行者検知機能付きになったというのもメチャメチャ遅れてる。トヨタは自動ブレーキに関して、相変わらず後進メーカーなのである。

未曽有の高齢化に襲われているわが国の量販車として、アクアも早急に「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備にしてほしいものでちゅ! 

それに、つい半年ちょっと前までは、アクアの自動ブレーキは歩行者検知機能のついていない「トヨタセーフティセンスC」で、やっぱ上級グレード以外はオプションだった。

新型「N-BOX」は、軽なのに全車「ホンダセンシング」標準装備(歩行者検知機能付き)で登場したわけなので、これは負けて当然じゃのう。

いや、トヨタのお客さまの多くは、自動ブレーキは自動ブレーキで全部いっしょ、みたいな感じではなかっただろうか。大トヨタが自動ブレーキの後進メーカーだなんて、夢にも思ってないんじゃないか。

ということで、トヨタさまの猛省を促したいでちゅ。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

筆者の自宅ガレージ。「アクア」所有時は「フェラーリ512TR」との2台体制だった。
筆者の自宅ガレージ。「アクア」所有時は「フェラーリ512TR」との2台体制だった。拡大
「トヨタ・アクア」に搭載される「トヨタセーフティセンス」は単眼カメラとレーザーレーダーによるシステム。2018年4月の改良によって歩行者検知機能が搭載されたが、夜間での検知はできない。
「トヨタ・アクア」に搭載される「トヨタセーフティセンス」は単眼カメラとレーザーレーダーによるシステム。2018年4月の改良によって歩行者検知機能が搭載されたが、夜間での検知はできない。拡大
「ホンダN-BOX」には単眼カメラとミリ波レーダーで歩行者検知まで行う「ホンダセンシング」が標準で装備される。
「ホンダN-BOX」には単眼カメラとミリ波レーダーで歩行者検知まで行う「ホンダセンシング」が標準で装備される。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ アクア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。