第539回:燃費もウエット性能もハンドリングも
横浜ゴム「BluEarth-GT AE51」なら走りも楽しい?

2018.12.11 エディターから一言
「BluEarth-GT AE51」では、名称に“グランドツーリング”を意味する“GT”を取り入れている。つまり「走りに自信あり」ということである。
「BluEarth-GT AE51」では、名称に“グランドツーリング”を意味する“GT”を取り入れている。つまり「走りに自信あり」ということである。拡大

横浜ゴムは2018年11月27日、「BluEarth-GT(ブルーアース・ジーティー)AE51」を発表した。これは2012年に登場した省燃費タイヤ「BluEarth-A(ブルーアース・エース)」の後継となるモデル。およそ6年分となる進化の度合いを確かめるために、箱根ターンパイクに向かった。

横浜ゴムが2018年11月27日にリリースした「BluEarth-GT(ブルーアース・ジーティー)AE51」。販売開始は2019年2月1日で、245/35R19 93Wから155/65R14 75Hの全57サイズをラインナップ。さらに2019年中に4サイズを追加する予定だという。価格はオープンプライス。
横浜ゴムが2018年11月27日にリリースした「BluEarth-GT(ブルーアース・ジーティー)AE51」。販売開始は2019年2月1日で、245/35R19 93Wから155/65R14 75Hの全57サイズをラインナップ。さらに2019年中に4サイズを追加する予定だという。価格はオープンプライス。拡大
「メルセデス・ベンツ」の「Cクラス」(写真)や「Eクラス」のほか、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」など輸入車のC~Dセグメントも「BluEarth-GT AE51」の装着ターゲットとなる。
「メルセデス・ベンツ」の「Cクラス」(写真)や「Eクラス」のほか、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」など輸入車のC~Dセグメントも「BluEarth-GT AE51」の装着ターゲットとなる。拡大
「BluEarth-GT AE51」では非対称パターンを専用開発。快適な乗り心地と優れた操縦安定性を持ち、トレッドパターンの新機軸となる「ライトニンググルーブ」や「ブレードカットサイプ」がウエット性能を向上させたという。
「BluEarth-GT AE51」では非対称パターンを専用開発。快適な乗り心地と優れた操縦安定性を持ち、トレッドパターンの新機軸となる「ライトニンググルーブ」や「ブレードカットサイプ」がウエット性能を向上させたという。拡大
「BluEarth-GT AE51」でも「BluEarth」シリーズに採用されている、特徴的なディンプルショルダーを受け継ぐ。このディンプルが放熱効果をもたらすという。
「BluEarth-GT AE51」でも「BluEarth」シリーズに採用されている、特徴的なディンプルショルダーを受け継ぐ。このディンプルが放熱効果をもたらすという。拡大

省燃費性能と操安性の両立が目標

クルマ関連の性能評価のなかでも難しいのはタイヤの評価だ。クローズドのコースで、制動距離やラップタイムを数値として比較するならまだしも、一般道でのフィーリングをチェックする官能評価はかなり難易度が高い。

というわけで、横浜ゴムの新製品、BluEarth-GT AE51を箱根ターンパイクで試乗すると聞いて、ちょこっと不安になった。果たして、従来型との違いをどこまで確認できるのか。

試乗をスタートする前に、BluEarth-GT AE51について説明しておきたい。ご存じの方も多いと思うけれど、BluEarthは横浜ゴムにおける省燃費タイヤという位置付けの銘柄だ。

現在のBluEarthはハイブリッド用やミニバン用などいくつかのモデルをラインナップするけれど、省燃費をもたらす低転がり抵抗性能だけでなく、ドライビングプレジャーや高いウエット性能を備えたタイヤとして、2012年にBluEarth-Aが生まれた。

今回発表されたBluEarth-GT AE51は、BluEarth-Aの後継モデルとなる。ハイブリッド車やミニバン、さらには「トヨタ・クラウン」や「メルセデス・ベンツEクラス」といったアッパーミドルクラスのセダンまで視野に入れたタイヤである。

そしてBluEarth-GT AE51を試してみるのだが……。

試乗前の不安は、現実となった。まずは「メルセデス・ベンツC180」のセダンからスタート。はっきり言って、現行のCクラスは傑作です。かっちりしたボディーと、正確かつしなやかに動くアシ。これだけの乗り心地の良さとアジリティー(敏しょう性)の高さを両立していて、しかも箱根のターンパイクの登りでも動力性能に不足は感じない。

ただし、快適性とファン・トゥ・ドライブがハイレベルで両立しているのは間違いないけれど、どこまでがタイヤの“手柄”なのかはイマイチわからない。

続いて「トヨタ・アルファード」。Cクラスのように、腹の底から感動することはなかったけれど、大柄なボディーで高速コーナーをクリアしても不安を感じないし、ロードノイズも静かだ。ただしこちらも、どこまでがタイヤの“手柄”なのか……。

クルマの出来のよさと、タイヤの貢献度を分けて評価することは実に難しい。

あなたにおすすめの記事
新着記事