第544回:「Nシリーズ」の生産拠点を取材
ホンダの生産技術の最前線に迫る

2018.12.29 エディターから一言
ホンダの軽自動車・小型車の生産を担う鈴鹿製作所。
ホンダの軽自動車・小型車の生産を担う鈴鹿製作所。拡大

好調な販売を記録するホンダの軽自動車「Nシリーズ」。その生産を担うのが、三重県の鈴鹿製作所だ。1960年に誕生したホンダ3番目の国内工場は、「軽自動車とコンパクトカーの生産拠点」というだけにとどまらない、世界的にも重要な役割を担っていた。

鈴鹿製作所の設立は1960年。当初は「スーパーカブ」の生産工場として誕生した。(写真は2008年当時)
鈴鹿製作所の設立は1960年。当初は「スーパーカブ」の生産工場として誕生した。(写真は2008年当時)拡大
鈴鹿製作所が四輪車の生産を始めたのは1967年のことで、当時は「TN360」を手がけていた。なお、現在軽トラックの「アクティ トラック」は、スポーツカーの「S660」ともどもホンダオートボディー(旧八千代工業)が生産を担っている。
鈴鹿製作所が四輪車の生産を始めたのは1967年のことで、当時は「TN360」を手がけていた。なお、現在軽トラックの「アクティ トラック」は、スポーツカーの「S660」ともどもホンダオートボディー(旧八千代工業)が生産を担っている。拡大
2011年に登場した初代「N-BOX」。鈴鹿を軽自動車事業の一括拠点とする「SKIプロジェクト」は、このクルマから段階的に進められていった。
2011年に登場した初代「N-BOX」。鈴鹿を軽自動車事業の一括拠点とする「SKIプロジェクト」は、このクルマから段階的に進められていった。拡大

きっかけはリーマンショック

ホンダの大ヒット軽自動車、Nシリーズの生まれ故郷である鈴鹿製作所の見学会が実施された。鈴鹿サーキットで有名な三重県鈴鹿市にあるホンダ車の生産拠点である。その歴史は1960年に始まり、ホンダ国内3番目の工場として設立。当初はスーパーカブの量産工場であったが、1967年より四輪車の生産も開始。「TN360」や初代「シビック」など、さまざまなホンダ車を世に送り出してきた。2004年から生産終了まで、初代「NSX」と「S2000」の製造を担当した工場でもある。現在は、「フィット」と「シャトル」の小型登録車、軽自動車のNシリーズの生産を担っており、ホンダスモールカーの故郷といえる場所となっている。

鈴鹿製作所が小型車に特化したクルマづくりを行うようになったのは、2011年に立ち上げられた「SKIプロジェクト」に始まる。これは鈴鹿・軽・イノベーション(革新)の頭文字を取ったもので、ひと言で言えば「鈴鹿製作所をホンダの軽自動車会社にしよう」という取り組みである。設計、購買、生産、営業というクルマづくりに必要な設備と人材を鈴鹿製作所に集約することで、迅速な開発と低コストのクルマづくりを目指したのである。この取り組みで生まれたのが、ホンダの新世代軽自動車、Nシリーズというわけだ。

取り組みのきっかけは、2008年のリーマンショック。当時、日本のメーカーは長引く不況で製品の消費地を海外に依存するようになっていた。しかし、リーマンショックは震源地の米国のみならず、世界的な大不況へと発展。物が売れない時代が到来した。このままでは国内生産を維持することが難しくなると考えたホンダは、鈴鹿製作所を軽自動車に特化させる道を選んだのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事