第556回:スバルは「リアル」な雪国を走る
日本有数の豪雪地帯で4WDの伝統と実力を再確認

2019.02.23 エディターから一言
今回「スバルテックツアー」と銘打たれた雪上試乗イベントで、山形市内から乗り換え地点(昼食会場)までの試乗車となった「フォレスター アドバンス」。
今回「スバルテックツアー」と銘打たれた雪上試乗イベントで、山形市内から乗り換え地点(昼食会場)までの試乗車となった「フォレスター アドバンス」。拡大

降雪地帯の日常を知るために、訪れたのは山形県だった。実は月山の北東麓に位置する肘折温泉は、昨2018年2月に445cmという観測史上4位の積雪を記録した、日本でも有数の豪雪地帯である。クルマにも人間にも厳しい環境下におけるロングドライブで、スバルが長年培ってきた4WDの実力を試してみた。

中継地点となる肘折温泉に行く途中、スバルテックツアー参加者一行が立ち寄った銀山温泉。昭和の古き良き温泉街のイメージが、そこには残されていた。
中継地点となる肘折温泉に行く途中、スバルテックツアー参加者一行が立ち寄った銀山温泉。昭和の古き良き温泉街のイメージが、そこには残されていた。拡大
「スバルff-1 1300G 4WD」(プロトタイプ)の雪上テスト映像。テストは昭和46年に、今回のルート近くとなる月山で行われたという。今に続くスバルAWDの原点である。
「スバルff-1 1300G 4WD」(プロトタイプ)の雪上テスト映像。テストは昭和46年に、今回のルート近くとなる月山で行われたという。今に続くスバルAWDの原点である。拡大
先代から継承したSUVスタイルを持つ「フォレスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4625×1815×1730mm(ルーフレール装着車)、ホイールベースは2670mmとなっている。試乗車はモーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」だった。
先代から継承したSUVスタイルを持つ「フォレスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4625×1815×1730mm(ルーフレール装着車)、ホイールベースは2670mmとなっている。試乗車はモーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」だった。拡大
数m先も見えないような吹雪に見舞われ、視界が奪われると、スバル自慢のアイサイトも“認識不能”との警告が表示される。
数m先も見えないような吹雪に見舞われ、視界が奪われると、スバル自慢のアイサイトも“認識不能”との警告が表示される。拡大

一般道でこそわかる真実

スバルの雪上試乗会は、他の同様のものとは違う。世界販売の98%を占める自慢のAWD(4WD)モデルの実力を体験してもらうのが狙いであることは言うまでもないが、テストコースなどのクローズドコースではなく、現実の一般公道を走り「リアルワールド」を体験できるのがユニークだ。

この時期、凍結した湖上や北海道の特設コースなどで行う“雪上試乗会”は珍しくはないが、ついでにちょこっと一般道をひとまわり、ぐらいが関の山で、変化する天候の中でさまざまな路面コンディションが現れる本当の雪道をおなか一杯走ることはまず難しい。ずっと前からどこかが企画してくれないかと期待していたのだが、スバルが昨年から乗り出してくれた。さすがは4WDを“家業”とするスバルである。

もちろん、特設コースでの雪上試乗会にもメリットはある。ほとんど雪道の経験がないドライバーでも安心して試せるのが一番大きな利点だ。安全に“限界”を経験できることも挙げられるが、いっぽうで箱庭的なコースではウインタードライブのごく一面しか経験できず、そこを何周かしただけで「やっぱり4WDはすごい!」と手放しで喜ぶのは、まあ経験ある人には無理な話だ。

そもそも、せっかく安全に試すことができるクローズドの特設コースを設営するなら、4WDではなくても簡単に乗り越えられるモーグル路などではなく、限界を体感できる難コースも作るべきではないかと思う。自分たちの製品の長所をアピールしたいのは当然ではあるけれど、できることとできないことを知らしめることが大切なはずである。

だったら両方やればいいじゃないか、というのはもちろん正論だが、厄介なのは一般道をある程度の距離を走る試乗会は何より主催者側の負担が大きいことだ。準備と実際のオペレーション、万一のアクシデントの場合の対応などを考えれば、特定の場所で行うものと、一般車が行き交う公道を丸一日走るものとでは手間暇もリスクも大違いである。だからこそスバルの英断が際立つ。何より冬の山間部は天候が急変するリスクもある。

実際に今回も肘折温泉に登る山道では、一時数m先も見えないような吹雪に見舞われた。視界が真っ白くなると、スバル自慢のアイサイトもたちまち音を上げ、“認識不能”との警告が表示された。カメラのみの検知方式はこういう状況ではお手上げだから仕方がないが、それも合わせて体験できることが、繰り返すが重要なのである。雪国に暮らす人は日常的にそんな場面に遭遇している。AWDもADASもスタッドレスタイヤも大変ありがたい装備ではあるが万能ではないということを忘れてはいけない。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
  • 【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビュー 2019.4.18 自動車ニュース スバルは2019年4月17日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、6代目「アウトバック」を世界初公開した。新型には、タフなイメージを強調した新グレードも設定される。
ホームへ戻る