“金太郎あめ”か『おそ松くん』か
クルマのフロントマスクを統一するメリットは?

2019.02.27 デイリーコラム

判別ポイントは大きさの違いだけ!?

近年、世界中の自動車メーカーが、自社のクルマのフロントマスクを統一しつつある。

中でもメルセデス・ベンツは、セダン系、クーペ系、SUV系の中では、大きさにかかわらず、顔やフォルムの超相似形化を進めていて、大きさ以外に判別ポイントがないような状況になってしまった。

もちろんメルセデスは、もともとフロントフェイスが統一されていた“本家”。つっても昔は「大」と「中」、あとはスポーツモデルくらいしかなく、ものすごくモデル数が少なかったわけだが、それでも間違いなくデザインには統一感があった。

そんな元祖統一デザインのメルセデスに、いまさら文句をつける筋合いではないが、モデル数を年々増やしていることもあって、あまりの“金太郎あめ”ぶりに、われわれカーマニアも「ついていけないよ~」と悲鳴を上げている。

逆に、フロントマスクの統一が最も遅れているのは、トヨタだろう。「パッソ」と「カローラ スポーツ」の間には、ほとんど血縁関係すら感じない。しかしそれでも、徐々に「キーンルック」を取り入れつつあり、グローバルモデルに関しては、ゆっくり穏やかに統一デザイン化を進めている。

またレクサスに関しては、スピンドルグリルの導入以来、はっきりとフロントマスクを統一した。モデル数が少なく輸出比率の高いマツダやスバルも、完全にフロントマスクのイメージを統一している。

いったいなぜ各メーカーは、フロントマスクを統一するのか。そのメリットはどこにあるのか。

メルセデス・ベンツCLS
メルセデス・ベンツCLS拡大
メルセデス・ベンツAクラス
メルセデス・ベンツAクラス拡大
レクサスLS
レクサスLS拡大
レクサスES
レクサスES拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事