第559回:目指すは“世界3大タイヤメーカー”の仲間入り
大志を抱くコンチネンタルタイヤは日本でも受け入れられるか?

2019.03.06 エディターから一言
コンチネンタルタイヤの新商品「エココンタクト6」。
コンチネンタルタイヤの新商品「エココンタクト6」。拡大

自動車大国ドイツのタイヤブランドであるコンチネンタルタイヤ。世界に冠たるジャーマンクオリティーと、“タイヤ専門”ではない総合自動車部品メーカーならではの強みを武器に、コンチネンタルが目指す目標とは? 今年発表の新製品とともに紹介する。

会場に設けられていたタイヤの展示スペース。「エココンタクト6」は省燃費性能だけでなく、ハンドリングや乗り心地のよさ、グリップ性能の高さなども追求された商品となっている。
会場に設けられていたタイヤの展示スペース。「エココンタクト6」は省燃費性能だけでなく、ハンドリングや乗り心地のよさ、グリップ性能の高さなども追求された商品となっている。拡大
「グリーン・チリ2.0」と呼ばれる新しいコンパウンド配合技術が用いられた「エココンタクト6」。トレッドパターンについてもリブのエッジの形状をタイヤの内側向き、外側向きで変更するなど、工夫が凝らされている。
「グリーン・チリ2.0」と呼ばれる新しいコンパウンド配合技術が用いられた「エココンタクト6」。トレッドパターンについてもリブのエッジの形状をタイヤの内側向き、外側向きで変更するなど、工夫が凝らされている。拡大
会場の片隅にはこんな展示も。コンチネンタルは、アディダス製シューズのソールのラバーも開発しているのだ。
会場の片隅にはこんな展示も。コンチネンタルは、アディダス製シューズのソールのラバーも開発しているのだ。拡大
コンチネンタルタイヤ・ジャパンのグレゴリー・メイ社長(左)と、技術サービス&トレーニング・マネジャーの小川直人氏。
コンチネンタルタイヤ・ジャパンのグレゴリー・メイ社長(左)と、技術サービス&トレーニング・マネジャーの小川直人氏。拡大

走りが自慢のエコタイヤ?

2019年2月21日、都内某所でコンチネンタルタイヤの新製品発表会が催された。案内状には、商品名はもとよりどんなタイヤなのかも一切触れられていなかったので、会場に入るまで何が出てくるのか興味津々だったのだが、果たして今回の主役は……コンチネンタルタイヤが「ハイパフォーマンス・エコタイヤ」とうたう「エココンタクト6」だ。

“エココンタクト”といえば、ヨーロッパのコンパクトカーなどに新車装着されているのをよく見かけるベーシック系タイヤで、実際、2003年に登場した「コンチエココンタクト3」はメーカーの新車装着承認が66件、2011年登場の「コンチエココンタクト5」では135件を数える。

そんな、ヨーロッパ車を支えるエココンタクトがフルモデルチェンジして、エココンタクト6に進化。その特徴は、転がり抵抗、ウエットブレーキ、耐摩耗性能という、相反する性能を満遍なく向上させたことだ。実際、従来のコンチエココンタクト5に比べて、転がり抵抗を15%、ウエットブレーキ性能を6%、耐摩耗性能を20%向上させたという。

興味深いのが、エコタイヤでありながら“ハイパフォーマンス”を強調している点だ。説明によれば、ハンドリング性能を17%向上させながら、静粛性はコンチエココンタクト5と同レベルを維持しているとのこと。そしてタイヤサイズも、コンチエココンタクト5が13~20インチだったのに対し、エココンタクト6は13~22インチに拡大。これによって、よりプレミアムなモデルへの新車装着が増える見込みで、実際、アウディの「A7スポーツバック」や「A6」への新車装着も決まっているというし、22インチについても、あるメーカーのSUVに装着されるということである。

あなたにおすすめの記事
新着記事