第564回:期待値の高さを“あのクルマ”との比較で検証
webCG執筆陣が語る「マツダ3」VS「トヨタ・カローラ スポーツ」

2019.03.26 エディターから一言
新型「マツダ3」(左上)と「トヨタ・カローラ スポーツ」(右下)。
新型「マツダ3」(左上)と「トヨタ・カローラ スポーツ」(右下)。拡大

2018年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されて以来、ギョーカイの話題を奪いっぱなしの新型「マツダ3」。その期待値はどれほど高いのか? 『webCG』で筆をふるう3人のライターに、走りのよさから好評価を得ている「トヨタ・カローラ スポーツ」との比較を語ってもらった。

富士スピードウェイのショートサーキットで行われた「トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ」の試乗会の様子。このクルマが、後に「カローラ スポーツ」としてデビューすることとなった。(写真=田村 弥)
富士スピードウェイのショートサーキットで行われた「トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ」の試乗会の様子。このクルマが、後に「カローラ スポーツ」としてデビューすることとなった。(写真=田村 弥)拡大
SPCCI(火花点火制御圧縮着火)と呼ばれる技術が採用されたマツダの新エンジン「SKYACTIV-X」。
SPCCI(火花点火制御圧縮着火)と呼ばれる技術が採用されたマツダの新エンジン「SKYACTIV-X」。拡大

技術的なインパクトはマツダに軍配

『「罪と罰」を読まない』という本がある。岸本佐知子、三浦しおんといった面々が、ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことがないのに作品について語り合うという奇妙な読書会をまとめたものだ。乗ったことのないクルマを比較しろというのは無謀ではあるが、先例があるのだから不可能ではない。

マツダ3は実物を見たことすらない。カローラ スポーツに関しては微妙で、厳密に言えば乗っていない。試乗会に参加しているが、その時の車名は「カローラハッチバック(仮)」だった。プロトタイプだったのである。

クローズドサーキットで試乗し、とてもいい印象を持った。フォルムは“斬新さ”ばかりを追っていたきらいのある最近のトヨタデザインから脱却し、素直なカッコよさを目指しているように感じられたのを覚えている。「GA-Cプラットフォーム」を使ったモデルは「プリウス」「C-HR」にも乗って素性のよさは知っていたが、カローラは前の2台を超える仕上がりだった。思ったとおりに鼻先が向きを変えるので、安心してコーナーに進入できる。TNGA以前と以後では、トヨタのクルマは別モノになった。

テクノロジーでは、マツダのSKYACTIVはさらに大きなインパクトを持つ。ディーゼルエンジンは圧縮比を低めてガソリンエンジンは圧縮比を高めるという、逆張りで効率を高める自由な発想が素晴らしい。初めて「SKYACTIV-D」の2.2リッターエンジンを搭載する「CX-5」に乗った時は、過剰なほどのトルク感に思わず笑ってしまった。マツダ3に搭載されるという「SKYACTIV-X」は集大成のような技術だから、期待せずにはいられない。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る