ダイハツが新型「タント」の情報を先行公開

2019.06.06 自動車ニュース
新型「ダイハツ・タントX」(右)と「タントカスタムRS」(左)。
新型「ダイハツ・タントX」(右)と「タントカスタムRS」(左)。拡大

ダイハツ工業は2019年6月6日、同年7月に発売する新型「タント」の一部情報を先行公開した。

「タントX」のインテリア。
「タントX」のインテリア。拡大
「タントRS」のインテリア。
「タントRS」のインテリア。拡大
大開口の「ミラクルオープンドア」や助手席のロングスライド機構などといった従来モデルの特徴は受け継がれている。
大開口の「ミラクルオープンドア」や助手席のロングスライド機構などといった従来モデルの特徴は受け継がれている。拡大

ダイハツ・タントは、高い全高と広い車内空間、フレキシブルなシートアレンジなどを特徴とする軽トールワゴンである。初代モデルは2003年にデビュー。既存のハイトワゴンを上回る車高と車内空間で人気を集め、数多くのフォロワーを生んだ。

4代目となる今回の新型は、ダイハツの新しいクルマづくりのコンセプト「DNGA」の技術が注ぎ込まれた次世代商品群の第1弾モデルとなる。プラットフォームとパワーユニットを同時に刷新しており、車両全体で従来比80kg軽量化しながら上下曲げ剛性を30%向上させ、衝突安全性も高めた新開発のボディーや、燃焼効率を高めるとともにクリーンな排ガスも実現したエンジン、遊星ギアを組み合わせることで変速比を高めた「D-CVT」などを採用している。

さらにこの新開発プラットフォームは、将来のCASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)対応を見据えた設計思想を持ち、電動化やコネクトサービスの提供なども織り込んでいるという。

運転支援システムも充実しており、完全停車まで対応した全車速対応型アダプティブクルーズコントロールや、自動操舵によって縦列駐車時、並列駐車時の運転をサポートする「スマートパノラマパーキングアシスト」を採用。ハイビームアシスト機能の「アダプティブドライビングビーム」も用意している。

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る