カーガイの魂よ永遠なれ
アメリカの巨星 アイアコッカの偉業を振り返る

2019.07.15 デイリーコラム

2大メーカーで要職を歴任した傑物

2019年7月2日、アメリカ自動車業界に多大なる功績を残した巨星が、またひとり世を去った。リド・アンソニー・アイアコッカという本名よりも、リー・アイアコッカという愛称のほうが広く知られているだろう。かつて「ビッグスリー」と呼ばれたアメリカの自動車メーカーのうち、フォードとクライスラーで要職を務め、いずれも会社を隆盛に導いた実績を持つ。同時にフォード、クライスラーのいずれにおいても袂(たもと)を分かつように会社を去っており、その経営方針には豪腕ゆえに独善主義的な部分もあったことがうかがえる。

アイアコッカ(IACOCCA)というアメリカでは非常に珍しい名前が示すように、彼のルーツはイタリアにある。1924年にイタリアからの移民である父のもとに生まれ、比較的裕福な家庭であったために大学だけでなく大学院まで進み工学を学んだ。そして第2次世界大戦後の1946年、当時世界第2位の規模を誇っていたフォード・モーター・カンパニーへ入社する。

氏のユニークなところは、後年に自動車殿堂入りするほどの功労者でありながら、レーシングドライバーでも、エンジニアリングを極めた開発者でもなかった点だ。大学院で修士号を獲得するほど理系で学びながら、フォード入社後は自らセールス分野を志望して好成績をおさめ、セールス部門の出世街道をまい進。1960年にはフォード部門の総支配人兼副社長となる。

フォードとクライスラーという、2つの自動車メーカーで要職を歴任したリド・アンソニー・アイアコッカ氏(写真は1978年当時のもの)。
フォードとクライスラーという、2つの自動車メーカーで要職を歴任したリド・アンソニー・アイアコッカ氏(写真は1978年当時のもの)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事