第200回:3人乗りのマクラーレンはオートバイよりすばしっこい
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

2019.08.01 読んでますカー、観てますカー

あの悪役が敏腕エージェントに

いきなり派手なアクションシーンで開幕する。MI6の部隊がテロ組織のアジトを襲撃し、新型ウイルス兵器を奪還。作戦行動が成功したように思えたが、そこに登場したのがブリクストン(イドリス・エルバ)だった。肉体改造されていて驚異的な強さ。弾丸さえはね返してしまう超人である。追い詰められたMI6エージェントのハッティ(ヴァネッサ・カービー)は、ウイルスを自分の体に注入して逃走するしかない。

一方、LAとロンドンでは2人の男が重要な司令を受け取っていた。ここからは左右2画面でふたつの場面が同時に進んでいく。LAではルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が、ロンドンではデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が悪者のボスのもとへ。ホブスはタトゥーマシンで痛めつけ、ショウは窓からロープでつるして脅迫し、情報を聞き出した。

ホブスはあらためてCIAエージェントからミッションを依頼される。ハッティを探し出して保護せよというものだ。満員のダイナーで機密情報の打ち合わせをしているのは不用意だが、そんなことを気にしているようではこの映画を楽しむことはできない。

ホブスは第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』から、ショウは第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』から登場したキャラクターである。ショウは国際犯罪組織の頭目オーウェンの兄で、渋谷のスクランブル交差点でハン(サン・カン)を殺した犯人だったはずだ。今回は元MI6の敏腕エージェントである。これも、ささいな変更だ。一度死んだレティ(ミシェル・ロドリゲス)が生き返ったこともあった。変幻自在なのがワイルド・スピードである。

©UNIVERSAL PICTURES
©UNIVERSAL PICTURES拡大
 
第200回:3人乗りのマクラーレンはオートバイよりすばしっこい『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の画像拡大
 
第200回:3人乗りのマクラーレンはオートバイよりすばしっこい『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事