第615回:外国人(ほぼ)お断り!?
これがイタリア国内の最新EV事情

2019.08.02 マッキナ あらモーダ!

EVユーザーの観光客増加中

いよいよ8月。イタリアは観光シーズンが最高潮に達する。イタリアにやってくる観光客の1位はドイツの14.1%で、以下フランス、イギリス、米国と続く(イタリア中央統計局2018年11月発表)。

近年はロシアからの来訪者も多く、2017年には前年比で26%も増加している。商店ではロシア語の表示を頻繁に見るようになった。飲食施設には、ロシア人またはロシア語を解するウクライナ人従業員が増えた。知人のイタリア人観光ガイド、パオロ氏は70代だが、少し前からロシア語の習得に励んでいる。

筆者の周囲でもロシアナンバーのクルマを見かけるようになった。ユーロ圏のナンバーのデザインや書体ではないので、即座に判別できる。

仮に出発地をモスクワとして計算すると、筆者が住むシエナまでは2800km。よくドライブしてくるものだ、と感心してしまう。ロシアナンバーの多くが「トヨタ・ランドクルーザー」であるのも面白い。

外国からのクルマといえば、近年は国境を越えて電気自動車(EV)で訪れる外国人も、以前より見かけるようになった。

ただし、「イタリアでは外国人観光客はもちろん、イタリア人でもEVに乗るのは、つらいよ」というのが今回のお話である。

イタリアへ観光のために来たと思われる、ロシアナンバーの「トヨタ・ランドクルーザー プラド」。
イタリアへ観光のために来たと思われる、ロシアナンバーの「トヨタ・ランドクルーザー プラド」。拡大
シエナのコープに設置されたエネルX社の急速充電器。「日産リーフ」は一般ユーザーかと思いきや、同社を傘下に置くエネル社の営業車だった。“自家消費”である。
シエナのコープに設置されたエネルX社の急速充電器。「日産リーフ」は一般ユーザーかと思いきや、同社を傘下に置くエネル社の営業車だった。“自家消費”である。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

ジャガー Iペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFペースR-Dynamic SE D200(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.28 試乗記 2021年モデルの「ジャガーFペース」には、新たにマイルドハイブリッド付きの2リッターディーゼルターボモデルが設定されている。乗ってみるとこれがなかなか……というよりも、予想を大きく上回る出来栄えに、思わず笑みがこぼれた。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
ホームへ戻る