第150回:1割減れば渋滞は半減!

2019.11.12 カーマニア人間国宝への道

交通流図で読み解く“渋滞”

カーマニアの皆さまなら、渋滞の多くが、いわゆる“サグ“を先頭に発生していることをご存じでしょう。

サグとは、下り坂から上り坂にさしかかる凹部のこと。ここでは勾配の変化に気づかずに速度が低下してしまうクルマが必ずあり、おっとっととなった後続車がブレーキを踏んで減速波が発生、ついには渋滞に成長してしまうというメカニズムだ。世の中の多くの自然渋滞は、サグを先頭に発生しています。(NEXCO東日本管内の場合、交通集中渋滞の66%)。

同じようなサグ効果を発揮する場所としては、トンネルやカーブがある。どちらも無意識に速度が落ちてしまうポイントです。

ところで、首都高湾岸線の東京港トンネルなのですが、これは海底トンネルなので、トンネル内は当然、下り坂から上り坂になっている。ズバリ、サグです!

しかも人間は、暗くて狭いところに入る際、無意識のうちにアクセルを戻してしまう。つまりダブルのサグ効果を持っているので、長年、湾岸線最大の渋滞ポイントの座に君臨しております。

東京港トンネルの場合、実はこれだけではありません。トンネルの手前に合流があるのです!

東行きの場合、まず大井JCTからの合流がある。首都高の交通量を区間ごとに書き入れた「交通流図」を見ると、本線(5万3290台/日)に、8040台/日が合流している。

そのすぐ先には、大井入口からの合流(6930台/日)もある。

ただでさえサグ効果を発揮する東京港トンネルは、その手前で、減速波を発生させる合流がダブルで襲い掛かってくるのです!

反対側の西行きもほぼ同じ。まず有明JCTからの合流(9700台/日)があり、続いて臨海副都心入口からの合流(5220台/日)がある。これじゃ渋滞しないほうがおかしいだろ!!

ただ、西行きの渋滞は、現在かなり緩和されている。理由は、首都高湾岸線に並行して、国道357号線のトンネルが開通したからです。

西行きの国道海底トンネルが開通したのは、約3年前の2016年3月。以来、こっちを約1万台/日のクルマが走るようになりました。

それで首都高湾岸線の交通量が1万台/日減ったわけじゃなく、どちらかというと、同じ一般道の臨海トンネルや東京ゲートブリッジの交通量が減ったんだけど、とにもかくにも首都高にもいい影響が及んだ。

そして2019年6月3日、同じく国道357号東京港トンネルの、今度は東行きがめでたく開通となりました!

2018年の1年間で、NEXCO東日本管内で発生した交通集中による渋滞の原因は、上り坂およびサグによるものが66%を占めた。(NEXCO東日本のHPより)
2018年の1年間で、NEXCO東日本管内で発生した交通集中による渋滞の原因は、上り坂およびサグによるものが66%を占めた。(NEXCO東日本のHPより)拡大
首都高湾岸線の東京港トンネルは大井出入口-臨海副都心出入口を結ぶ海底トンネル。写真は東行きのトンネル内部で、下り坂から上り坂になっている。
首都高湾岸線の東京港トンネルは大井出入口-臨海副都心出入口を結ぶ海底トンネル。写真は東行きのトンネル内部で、下り坂から上り坂になっている。拡大
2018年度の「補正区間交通流図」。数値は平日平均のもの。(首都高速道路株式会社のHPより)
2018年度の「補正区間交通流図」。数値は平日平均のもの。(首都高速道路株式会社のHPより)拡大
2018年度の「補正区間交通流図」(平日平均)を一部拡大した図。(原図は首都高速道路株式会社のHPより)
2018年度の「補正区間交通流図」(平日平均)を一部拡大した図。(原図は首都高速道路株式会社のHPより)拡大
西行きに遅れること約3年、国道357号東京港トンネル東行きは2019年6月3日の23時に開通した。(国土交通省関東地方整備局のHPより)
西行きに遅れること約3年、国道357号東京港トンネル東行きは2019年6月3日の23時に開通した。(国土交通省関東地方整備局のHPより)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事