第604回:3億円級のスーパーカーを日本でお披露目 香港発のモビリティー企業に見る自動車産業の未来

2019.11.17 エディターから一言
「アポロ・インテンサエモツィオーネ」と、来日したWe Solutionsとグループ会社の関係者。
「アポロ・インテンサエモツィオーネ」と、来日したWe Solutionsとグループ会社の関係者。拡大

V12エンジンのハイパーカーを東京で初披露。香港のモビリティーカンパニーWe Solutions(ウィ・ソリューションズ)が、今後の事業戦略と新たなグループ体制を発表した。ハイパーカービジネスから要素技術の開発まで手がける、業界を横断する新たな企業グループの形から、自動車産業の未来を考える。

記者会見の会場でお披露目されたハイパーカー「アポロ・インテンサエモツィオーネ」。プロトタイプは2018年に発表済みだが、市販モデルの公開はこれが初となる。
記者会見の会場でお披露目されたハイパーカー「アポロ・インテンサエモツィオーネ」。プロトタイプは2018年に発表済みだが、市販モデルの公開はこれが初となる。拡大
ゲームの世界から飛び出してきたかのような、アグレッシブなスタイリングが目を引く。開発にはドイツのHWAが深く関わっている。
ゲームの世界から飛び出してきたかのような、アグレッシブなスタイリングが目を引く。開発にはドイツのHWAが深く関わっている。拡大
展示されていた「インテンサエモツィオーネ」のオーナー。今回の発表会は、オーナーへの納車セレモニーも兼ねたものだった。
展示されていた「インテンサエモツィオーネ」のオーナー。今回の発表会は、オーナーへの納車セレモニーも兼ねたものだった。拡大

東京の秋空にV12サウンドがとどろく

11月にしてはポカポカ陽気の東京。閑静な住宅地の一角にある老舗宴会場に、自然吸気V型12気筒のエキゾーストノートが響き渡った。

クルマの名称は「アポロ・インテンサエモツィオーネ」。昨年(2018年)プロトタイプが公開されているが、今回お披露目されたのは世界限定10台の市販モデル。マレーシア人のオーナーへの納車式を兼ねた新車発表会となった。オーナー氏は「ベース価格は230万ユーロ(1ユーロ120円換算で2億7600万円)。オプションパーツを多く注文したので、最終的な金額がかなり上がった」と満面の笑みで話す。

このクルマ、外観はまるでゲームソフト『グランツーリスモ』シリーズに登場する架空のモデルのように、巨大な空力デバイスが目立つ。一方その中身は、開発担当者によると「車体構造はHWAとの共同開発の過程でプロトタイプから大幅に変更した」という。HWAといえば、ドイツの老舗チューニングブランドAMGの創業者ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト氏が、ダイムラーがAMGを買収した1999年に設立した企業である。現在はDTMやフォーミュラEのプロジェクトで、ダイムラーに技術協力していることで知られる。

記者会見の中で紹介された動画では、ダイムラーが1997年にFIA GT選手権のために生産したホモロゲーションモデル「CLK-GTR」が登場。サーキットでインテンサエモツィオーネがそれを一気に抜きさるシーンが描かれていた。動画を見る限り、これら2台は本物だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事