クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

人気の「マツダ3」はなぜ受賞を逃したか? 2019-2020の日本カー・オブ・ザ・イヤーを振り返る

2019.12.13 デイリーコラム

マツダもトヨタも評価は高い

「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」はトヨタの「RAV4」が受賞した。しかし『webCG』の読者を対象とした独自の投票では、「マツダ3」に対する支持が半数近くと圧倒的に多かったという。マツダ3は日本カー・オブ・ザ・イヤーでも健闘したが、順位としては2位であった。なぜこのような違いが生じたのか? 理由を考えてみたい。

両車の得点は、RAV4が436点、マツダ3は328点だから、比率で言うとRAV4はマツダ3の1.3倍だ。そして60人の選考委員のうち、RAV4に最高点数となる10点を投じた人は28人、マツダ3は16人であった(持ち点は合計25点で、必ず1車種に10点を与える決まりがある)。この「10点を投じた選考委員の人数」も比率に換算すると、RAV4はマツダ3の1.8倍。先に挙げた得点比率の1.3倍を大幅に上回る。

一方、この2車種に点数をまったく投じなかった選考委員は、RAV4については3人、マツダ3は4人であった。つまりマツダ3にも、RAV4と同様、多くの選考委員が点数を与えている。マツダ3も評価に値する新型車であった。ただし10点を投じた人数には1.8倍の差があり、RAV4の合計得点は、マツダ3の1.3倍に達したわけだ。

日本カー・オブ・ザ・イヤーのホームページに掲載されるRAV4の選考理由を見ると、「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を筆頭に、3種類の4WDシステムをそろえ、悪路を含め優れた走行性能を発揮できる点を評価する意見が多かった。また「トヨタC-HR」など都会的なSUVが増えている中で、RAV4は前輪駆動をベースにしたプラットフォームを使いながら、外観や4WDが悪路の走破を重視している。選考委員からは、SUVの本質に迫る商品開発を評価する声も聞かれた。

RAV4はグローバルカーの代表で、SUVのカテゴリーでは大量に売られるクルマだ。デザイン、4WDシステム、優れた悪路走破力がSUVの本質を突いており、なおかつ世界的な評価も受けている。こうした実績も、RAV4の高得点につながったようだ。

従来の「アクセラ」ではなく、国内でもグローバルなモデル名で扱われることになった新型「マツダ3」。2019年5月に発売されるや、特にその美しいデザインでクルマ好きの注目を集めた。
従来の「アクセラ」ではなく、国内でもグローバルなモデル名で扱われることになった新型「マツダ3」。2019年5月に発売されるや、特にその美しいデザインでクルマ好きの注目を集めた。拡大
久々に日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」。オフロード走破性を磨いた新型は、タフなイメージが前面に打ち出されている。
久々に日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」。オフロード走破性を磨いた新型は、タフなイメージが前面に打ち出されている。拡大
ごつごつとしたデザインが印象的な「RAV4」のインテリア。写真は「アドベンチャー」グレードのもので、オレンジの差し色でドレスアップされている。
ごつごつとしたデザインが印象的な「RAV4」のインテリア。写真は「アドベンチャー」グレードのもので、オレンジの差し色でドレスアップされている。拡大
新型「マツダ3」には「ファストバック」と呼ばれる写真のハッチバックのほか、セダンもラインナップされる。
新型「マツダ3」には「ファストバック」と呼ばれる写真のハッチバックのほか、セダンもラインナップされる。拡大

決め手は「分かりやすさ」と「親切さ」

一方、マツダ3では、新しいプラットフォームに基づく優れた走行安定性と楽しい運転感覚、カッコよくて美しいボディースタイル、火花点火制御圧縮着火方式を使う新型エンジンの「スカイアクティブX」などを評価する意見が多い。

日本カー・オブ・ザ・イヤーの場合、一年間に登場した新型車から1車種を選ぶため、直接比較が困難なことも多い。SUVのRAV4とハッチバック&セダンのマツダ3も同様で、カテゴリーが異なるから一概には比べにくい。

その上でRAV4が受賞したのは、特徴の分かりやすい商品であるからだ。先に述べた通り、SUVが都会的に発展する中でRAV4には野性味があり、バリエーションも大半は4WDシステムを搭載する。悪路と舗装路の両方で優れた走行性能が発揮され、車内を見れば後席と荷室が広い。

もともとSUVが人気を高めた背景には、悪路走破も視野に入れたカッコいい外観と、ボディーの上側をワゴン風につくったことによる優れた実用性の両立があった。新型RAV4の機能はまさにSUVの典型であり、原点回帰とも受け取られ共感を得やすいクルマとなった。

対するマツダ3は、デビューの仕方が分かりにくかった。2019年5月に発売されたのは1.5リッターのガソリンと1.8リッターのクリーンディーゼルターボで、後に2リッターガソリンが追加された。スカイアクティブXの発売は11月にズレ込んでいる。マツダ3で最も関心の高い機能はスカイアクティブXだから、期待値も高く、その試乗チェックが行えないと選考委員の評価も棚上げになってしまう。スカイアクティブXに試乗できたのは、11月下旬だから、1.5リッターガソリンやディーゼルの発売から半年を経過していた。投票時点では市場の反響も分からず、実際にマツダ3の売れ行きも、RAV4と違って伸び悩む。

商品力は両車ともに高いが、例えば納車期間を適正に保つユーザーに向けた配慮など、広義の市場性はRAV4が優れている。正確に言えばRAV4も一度日本を見限って海外専用車になり、その後にSUVがブームになると、国内販売を再開した経緯がある。日本向けの商品ではなく、RAV4も日本のユーザーに優しいとはいえないが、マツダ3に比べれば親切であった。この違いは両車の売れゆきにも表れている。

以上のようにRAV4の受賞は、スポーツカー的なクルマ好きの視点というより、楽しくて実用的なクルマを求める多くのユーザーの気持ちに基づくものとなった。

(文=渡辺陽一郎/写真=田村 弥、webCG/編集=関 顕也)

滑らかな曲面が目を引く「マツダ3ファストバック」。そのボディーパネルにはキャラクターラインの類いは見られない。
滑らかな曲面が目を引く「マツダ3ファストバック」。そのボディーパネルにはキャラクターラインの類いは見られない。拡大
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つとされる、マツダの次世代型エンジン「スカイアクティブX」。新型「マツダ3」のデビューから半年を経て、ようやくその搭載グレードがラインナップに加えられた。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つとされる、マツダの次世代型エンジン「スカイアクティブX」。新型「マツダ3」のデビューから半年を経て、ようやくその搭載グレードがラインナップに加えられた。拡大
後席の背もたれを倒し、積載容量を最大化した状態の「RAV4」の荷室。2m近い長尺物も積み込むことができる。ハイブリッドモデルでは、荷室からの給電機能もセリングポイントとなっている。
後席の背もたれを倒し、積載容量を最大化した状態の「RAV4」の荷室。2m近い長尺物も積み込むことができる。ハイブリッドモデルでは、荷室からの給電機能もセリングポイントとなっている。拡大
2015年の「ロードスター」以来となる、マツダの日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得はならず。なおトヨタの前回の受賞は、2009年の「プリウス」だった。
2015年の「ロードスター」以来となる、マツダの日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得はならず。なおトヨタの前回の受賞は、2009年の「プリウス」だった。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。