人気の「マツダ3」はなぜ受賞を逃したか? 2019-2020の日本カー・オブ・ザ・イヤーを振り返る

2019.12.13 デイリーコラム

マツダもトヨタも評価は高い

「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」はトヨタの「RAV4」が受賞した。しかし『webCG』の読者を対象とした独自の投票では、「マツダ3」に対する支持が半数近くと圧倒的に多かったという。マツダ3は日本カー・オブ・ザ・イヤーでも健闘したが、順位としては2位であった。なぜこのような違いが生じたのか? 理由を考えてみたい。

両車の得点は、RAV4が436点、マツダ3は328点だから、比率で言うとRAV4はマツダ3の1.3倍だ。そして60人の選考委員のうち、RAV4に最高点数となる10点を投じた人は28人、マツダ3は16人であった(持ち点は合計25点で、必ず1車種に10点を与える決まりがある)。この「10点を投じた選考委員の人数」も比率に換算すると、RAV4はマツダ3の1.8倍。先に挙げた得点比率の1.3倍を大幅に上回る。

一方、この2車種に点数をまったく投じなかった選考委員は、RAV4については3人、マツダ3は4人であった。つまりマツダ3にも、RAV4と同様、多くの選考委員が点数を与えている。マツダ3も評価に値する新型車であった。ただし10点を投じた人数には1.8倍の差があり、RAV4の合計得点は、マツダ3の1.3倍に達したわけだ。

日本カー・オブ・ザ・イヤーのホームページに掲載されるRAV4の選考理由を見ると、「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を筆頭に、3種類の4WDシステムをそろえ、悪路を含め優れた走行性能を発揮できる点を評価する意見が多かった。また「トヨタC-HR」など都会的なSUVが増えている中で、RAV4は前輪駆動をベースにしたプラットフォームを使いながら、外観や4WDが悪路の走破を重視している。選考委員からは、SUVの本質に迫る商品開発を評価する声も聞かれた。

RAV4はグローバルカーの代表で、SUVのカテゴリーでは大量に売られるクルマだ。デザイン、4WDシステム、優れた悪路走破力がSUVの本質を突いており、なおかつ世界的な評価も受けている。こうした実績も、RAV4の高得点につながったようだ。

従来の「アクセラ」ではなく、国内でもグローバルなモデル名で扱われることになった新型「マツダ3」。2019年5月に発売されるや、特にその美しいデザインでクルマ好きの注目を集めた。
従来の「アクセラ」ではなく、国内でもグローバルなモデル名で扱われることになった新型「マツダ3」。2019年5月に発売されるや、特にその美しいデザインでクルマ好きの注目を集めた。拡大
久々に日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」。オフロード走破性を磨いた新型は、タフなイメージが前面に打ち出されている。
久々に日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」。オフロード走破性を磨いた新型は、タフなイメージが前面に打ち出されている。拡大
ごつごつとしたデザインが印象的な「RAV4」のインテリア。写真は「アドベンチャー」グレードのもので、オレンジの差し色でドレスアップされている。
ごつごつとしたデザインが印象的な「RAV4」のインテリア。写真は「アドベンチャー」グレードのもので、オレンジの差し色でドレスアップされている。拡大
新型「マツダ3」には「ファストバック」と呼ばれる写真のハッチバックのほか、セダンもラインナップされる。
新型「マツダ3」には「ファストバック」と呼ばれる写真のハッチバックのほか、セダンもラインナップされる。拡大
マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • 「YOKOHAMA ADVAN dB V552」の“極”静粛性を体感する 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> ヨコハマタイヤのフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」において、最高のコンフォート性能を誇るプレミアムタイヤ「dB V552」。その静粛性と走りの安定性には、誰もが大いに感銘を受けることだろう。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
ホームへ戻る