第65回:ノックダウン生産に学べ
欧州を範とした戦後日本の自動車産業

2019.12.26 自動車ヒストリー 戦災によりゼロからの再出発を余儀なくされた、戦後日本の自動車産業。再起のために日本のメーカーが範としたのは、欧州の自動車メーカーだった。部品を輸入してのノックダウン生産から、自社開発モデルの製造に至るまでの道のりを振り返る。

フォードとGMが日本市場を席巻

日本で自動車のノックダウン生産が始まったのは、1925年のことである。1905年に日本への輸出を開始したフォードが、アジア最大の経済大国の市場を重視し、横浜に「T型フォード」の工場を建てて現地生産に乗り出したのだ。部品はすべて本国アメリカから運び、横浜では組み立てのみを行った。当時の日本の技術水準では、精度の高い部品を製造することはできなかったからだ。1927年にはゼネラルモーターズ(GM)もシボレーのノックダウン生産を開始する。

日本の自動車市場は、またたく間にフォードとGMに席巻された。道を走る自動車は増えてきたものの、そのほとんどはこの2社の製品だった。フォードの横浜工場は年産1万台の規模に達し、輸出も行うようになる。それでも日本は組立工場として利用されているだけであり、自動車の製造技術を学ぶことはできなかった。

この状況に危機感を持ったのが、トヨタの創業者・豊田喜一郎をはじめとした、黎明(れいめい)期の自動車開発者だった。彼らは国産乗用車の実現を目指して研究に没頭する。商品が完成し、ようやく国産車の生産が軌道に乗りかけた頃、日本におけるフォードとGMのノックダウン生産は終了した。日米関係の悪化を受け、両社の工場は操業停止を余儀なくされたのだ。

戦争が終わると、日本ではGHQの指令で自動車の生産が禁止される。それどころか、戦時中に自動車会社が軍用車を生産していたこともあり、工場が接収されるおそれさえあった。それでも自動車産業の再興を模索する動きはやまず、やがてトヨタが「SA型」を、日産が「ダットサンDB型」を発表し、乗用車生産に乗り出した。しかし欧米との技術レベルの差は歴然としていた。戦争中には民生用自動車の開発がストップしていたので、またゼロから始めなければならない。

1920年代の愛知県・挙母町の様子。挙母町は1951年に挙母市となり、1958年に豊田市に改称される。今日におけるトヨタの城下町でさえ、戦前は街を行くクルマのほとんどが輸入車か、ノックダウン生産車だった。(写真:豊田市)
1920年代の愛知県・挙母町の様子。挙母町は1951年に挙母市となり、1958年に豊田市に改称される。今日におけるトヨタの城下町でさえ、戦前は街を行くクルマのほとんどが輸入車か、ノックダウン生産車だった。(写真:豊田市)拡大
安価で丈夫なフォードやGMのクルマは、自動車産業が発達する前の日本市場を席巻した。写真は大阪の幼稚園児を送迎するシボレーのバス。
安価で丈夫なフォードやGMのクルマは、自動車産業が発達する前の日本市場を席巻した。写真は大阪の幼稚園児を送迎するシボレーのバス。拡大
トヨタ博物館に収蔵される、1951年製「トヨペットSA型」。他の日本メーカーとは異なり、トヨタはノックダウン生産からではなく、独自に自動車開発を学ぶ道を選んだ。
トヨタ博物館に収蔵される、1951年製「トヨペットSA型」。他の日本メーカーとは異なり、トヨタはノックダウン生産からではなく、独自に自動車開発を学ぶ道を選んだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事