第66回:道を照らす デザインを変える
燃焼式からLEDに至るヘッドライトの進化

2020.01.16 自動車ヒストリー 夜間のドライブに欠かせない安全装備のヘッドライト。燃焼式のランプから始まったこの装置は、どのような進化を経て今日に至っているのか? クルマの安全性やデザインを変えたエポックメイキングな技術とともに、その歴史を振り返る。

初期は灯油やアセチレンのランプ

2015年のフランクフルトモーターショーでアウディがアピールした技術のひとつに、新しい照明装置がある。出展したコンセプトカーに、オーガニックLEDを採用したのである。1000分の1mm以下の層を積み重ねてつくるため、デザインの自由度が高い。消費電力が小さく、ほとんど発熱しないという特性を持つ。

モーターショーで大々的に発表したのは、自動車にとって照明技術が重要な意義を持っていることの表れだ。アウディはマトリクスLEDヘッドライトやレーザーハイビームなどを立て続けに採用し、技術的な優位性を主張している。エンジンやトランスミッション、サスペンションといった中核技術に比べると地味に見えるが、実は照明技術は、自動車の走行性能や安全性、さらにはデザインにも大きな影響を与えている。

初期の自動車には照明は付属していなかったが、夜間に走行するうえで道を照らす装置が必要となるのは自明だった。最初に採用されたのは、灯油を用いたランプである。より明るいアセチレンランプが取って代わったが、火を使うことには変わりがない。カーバイドと水を反応させてアセチレンを発生させて燃焼させるわけで、安全性の面では不安が残る。点火作業のわずらわしさもあり、電気式ヘッドライトが登場すると、燃焼式のランプは姿を消した。

ただ、電灯をヘッドライトに使用するのは簡単なことではなかった。白熱電球は1879年にトーマス・エジソンによって実用化されていたが、耐久性に乏しかったからだ。当時はダイナモの性能が低く、安定した電流の供給も課題となっていた。電気自動車には比較的早く装着されていたが、ガソリンエンジン車に電気式ヘッドライトが付けられるようになったのは1910年頃である。

2015年のフランクフルトモーターショーに出展された「アウディe-tronクワトロコンセプト」。
2015年のフランクフルトモーターショーに出展された「アウディe-tronクワトロコンセプト」。拡大
「アウディe-tronクワトロコンセプト」に採用される「OLEDテクノロジー」(オーガニックLED)の図解。発光層と電子輸送層を重ねた構造となっている。
「アウディe-tronクワトロコンセプト」に採用される「OLEDテクノロジー」(オーガニックLED)の図解。発光層と電子輸送層を重ねた構造となっている。拡大
トヨタ博物館に収蔵される「キャデラック・モデルA」(1902年型)のランプ。シンプルな燃焼式で、点灯の際にはフタを開けて点火する必要があった。
トヨタ博物館に収蔵される「キャデラック・モデルA」(1902年型)のランプ。シンプルな燃焼式で、点灯の際にはフタを開けて点火する必要があった。拡大
最初期のころの電気式ヘッドライト。写真は1914年式「シボレー・シリーズH」のもの。
最初期のころの電気式ヘッドライト。写真は1914年式「シボレー・シリーズH」のもの。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事